北岳バットレスピラミッドフェイス〜第四尾根

山頂  
分類 南アルプス / アルパイン
日程 2016/08/11-13
同行 ハマちゃん
概要 初日は広河原から白根御池に着き、幕営。翌日、二俣から大樺沢沿いの登山道を上がってD沢を詰め、ピラミッドフェイスを登って第四尾根に合流。そのまま第四尾根終了点に達し、八本歯経由帰幕。三日目に下山。
click
ピラミッドフェイスの全容。上の画像をクリックすると、ピラミッドフェイスの登攀の概要が見られます。(2016/08/12撮影)
下部の核心部をリードする私。ファイト一発、気合が入りました。(2016/08/12撮影)
上部の核心部をリードするハマちゃん。シビアなピッチでした。(2016/08/12撮影)

昨年の10月に第四尾根を登って北岳バットレスの概念をつかんだハマちゃんと、今年はいよいよピラミッドフェイス。ハマちゃんにとっては本チャンルートのグレードアップですし、私にとっては北岳バットレスの主要ルートの残された最後の一本ということになります。海の日の三連休は雨予報のために見送り(実際、中日の北岳は雨だったそう)、今年から祝日となった山の日を使った四連休で宿願に決着をつけることにしました。

2016/08/11

■10:55 広河原 ■13:15 白根御池

朝一番で都内を出発し、芦安へ。さすがに好天予想の連休とあって駐車場は大賑わいで、車を駐められたのは第8駐車場でしたが、そこに待っていた乗合タクシーが間髪入れずに広河原まで運んでくれました。

見慣れた北岳の姿に向かって「明日までそこで待ってろよ」とガンを飛ばしてから、登山道を登ります。

今回は大樺沢沿いの道ではなく直接白根御池に上がる急坂の道を登りましたが、短時間でぐいぐい高度を上げられるので、気分的にはこちらの方が楽かも知れません。花を愛でながら歩きを続けて、広河原から2時間20分で白根御池に着きました。

何はともあれビールで乾杯。テントを設営し、しばし昼寝の後に夕食をとったら、さっさとシュラフにもぐりこみました。夜は暑くなったり寒くなったりと目まぐるしい気温の変化に見舞われましたが、シュラフを掛け布団のように使うだけでおおむね過ごしやすく眠ることができました。

2016/08/12

■03:15 白根御池 ■03:40 二俣 ■05:25-50 ピラミッドフェイス取付

2時起床。小屋の前のテーブルで朝食をとり、いよいよスタートです。我々の前に数人のパーティーがギアを鳴らしながら出て行くのを見かけましたが、思いの外にクライマーはいない様子。

二俣から大樺沢左岸の登山道をゆっくり登る内に、徐々に空が明るくなってきました。途中で、先に出ていた5人パーテイーが休憩しているところを挨拶を交わして抜かしましたが、この5人とは後ほど第四尾根の途中で再会することになります。

バットレス沢、C沢を過ぎて、C沢のすぐ隣に入る涸れたD沢に入る頃、背後の鳳凰三山の向こうに日が昇りました。そしてD沢を詰めて草付の斜面に出ると、お花畑の向こうに下部岩壁がモルゲンロートに染まって広がりました。中央に鋭く聳えるのはもちろんピラミッドフェイスの頭で、その逆層のフェイスに刻まれた小ハングの積み重なりは確かにピラミッドのような外観をしています。

CD沢中間尾根の踏み跡を詰めてDガリー大滝の下に達し、シューズを履き替えてから一段上がったところでロープを結んで、準備完了。我々と前後して3人組も上がってきましたが、彼らは第五尾根支稜から下部フランケを目指すようです。いつの間にか集まった数十?数百?匹の羽虫にたかられて辟易しながらも、大滝から右に離れた位置にある浅い凹角からスタートしました。

1ピッチ目(30m / III+)。朝一番で調子が出ない(おまけに何やら体調不良)ながらに私のリード。見た目とは裏腹にそこそこ傾斜があり、ところどころ「これIII+?」と思う場面もありましたが、ルートファインディングに時間を使いながらひたすら凹角の中を登って、傾斜が緩んだところの右壁に残置ピンを見つけてピッチを切りました。後続のハマちゃんも「ここ、難しいですね」と言いながら涼しい顔で登ってきましたが、頭上のオリジナルラインの凹角は剣呑な表情をしています。

2ピッチ目(40m / IV)。ハマちゃんのリード。左へバンドを渡ってカンテに達すると、そこの樹木にスリングが巻かれていたので、1ピッチ目はそこで切るのが良かったようです。ともあれ、カンテの向こう側にさらに伸びるバンドを左へ少し辿った後、ハマちゃんはフェイスを左上に斜めに登ってDガリー大滝の落ち口と同じ高さのバンドまで上がっていました。このバンドはおそらく、私が初めて第四尾根を登ったときに横断したバンドでしょう。

3ピッチ目(20m / III)。私のリード。バンドを左(Dガリー方向)に進んでルートを探るものの、上部へ抜けるラインがなかなか見えてきません。それでもふと見ると残置ピンが目に止まり、そこから右上へ折り返すようにフェイスから小凹角を登ると先ほどのバンドの一段上のバンドが右に伸びていたので、そちらに乗り移りました。そしてバンドを右へ少し進んだところに残置ピンが3本固めて打たれていたので、ロープの流れも考慮に入れてそこでピッチを切りましたが、そこは要するに、先ほどハマちゃんがピッチを切った場所の上にかぶさるハングを左から迂回したかたちになりました。このあたりになると、手元のトポは完全に用をなさなくなり、自分の目と勘を信じるしかなくなってきます。

4ピッチ目(40m / IV)。ハマちゃんのリード。上に見えているハングに向かってフェイスを左上したところ、ハングの下がトポに書かれている「横断バンド」でした。しかし、この浮石だらけの外傾したバンドはロープが触っただけで次々に落石を起こします。私のビレイ位置はやや右に寄っているので安全でしたが、下に人がいたらただではすまなかったでしょう。しかしこの日、Dガリー大滝側からルートに取り付いているのは我々と既に下部フランケの取付に達している3人組の2パーティーだけだったので、事なきを得ました。ともあれ、横断バンドに達したらハング下を左に回り込み、そこから切り返すようにして脆い階段状のバンドを右上へ上がると、逆層のフェイスが頭上に広がりました。

ここまで、次々に現れるハングを左から迂回してバンドからバンドへ乗り移ることの繰り返しという性格のラインになりましたが、横断バンドに真下から乗り上がるのは上述の通りの危険を伴うので、下部岩壁の登り方にこだわりがなければ、Dガリー大滝側から大きく迂回して下部フランケ取付側から横断バンドに入る方が他のクライマーに対して安全でしょう。

なお、最新刊の『新版 日本の岩場』のルート図では上記の2ピッチ目から4ピッチ目の途中までが非常にアバウトに書かれていて参考にならないのですが、帰宅後に2001年発行の『アルパインクライミング』(遠藤晴行さん編)のルート図を見ると、我々はほぼそのルート図通りに登っていたことがわかりました。

5ピッチ目(25m / V)。私のリード。下部の核心ピッチです。逆層のフェイスは出だしから頭を使うものでしたが、それでも丹念にルートを探りながら高さを上げて下から見えていたコーナーの手前まで進むと、確かにほとんど垂直に感じられはするもののクラックには指先がしっかりかかり、足の置き場もどうにか見出せそうです。一息ついて腕力を回復させてから意を決してコーナークラックに取り付きましたが、残置ピンは意外に少なく、少々際どいステミングで身体を安定させてキャメロット#2をねじ込みました。さらに数歩上がったところで、右足がスリップ!左手の指3本がクラックにがっちり効いていたのでフォールを免れましたが、足を置き直してふと見ると、先ほど決めたはずのキャメロットが外れかけていて冷や汗をかきました。後は気合を声に出しながらパワー全開で残りの数メートルを登りきり、安定したバンドに達して残置ピンにセルフビレイをとったときは、喉がからからになっていました。

6ピッチ目(45m / V)。ハマちゃんのリード。出だしのつるっとした凹角がまずもって意味不明で、ハマちゃんも相当に悩みながらムーヴを組み立てていましたが、凹角左端のクラックに指先を入れ、出だしは左右の壁に思い切り開脚してのステミング、その後はかすかな突起を拾ってここを抜けて行きました。さらに頭上の逆層フェイスを左に回り込むと、そちらにも悪絶な逆層のコーナーが待っており、12クライマーのハマちゃんもここは慎重に時間を使って突破していましたが、後続の私は時間短縮のため(という大義名分のもと)A0で抜けました。ここはトポではIV+となっていますが、体感的には先ほどの下部核心よりも難しかったように思います。また、ハマちゃんはここでロープを45メートル出していますが、トポ通りなら30メートルでいったん切り、悪絶な逆層コーナーは7ピッチ目になるはず。つまり、2ピッチ分の難所をハマちゃんは一気に登ってくれたことになります。ありがたし。

7ピッチ目(15m / III+)。私のリード。左寄りのフェイスを上がると右から左へ斜めに下る草付のバンドがあり、右上には樹木が密集していてそちらへ逃げたくなる誘惑に駆られますが、その方角から人の声が聞こえてくるところを見ると、どうやらそこは第四尾根の取付であるようです。そしてバンドの左側を見ると、太い木に青いテープスリングが回してあり、その奥にはつるっとしたスラブが見えていました。これが上部核心に違いありません。

8ピッチ目(30m / V)。ハマちゃんのリード。つるりと灰色に光る強傾斜のスラブには斜めに細いクラックが走っており、これがカチホールドを提供してくれています。フットホールドは壁の凹凸にフリクションで乗ることになりますが、手がしっかりしている上に岩も乾いているのでそれほど不安はありません。しかし、左上した先の垂直のクラックは手強く、残置ピンも乏しいので、手際よくカムをセットしながら登る必要があります。垂直部の手前が比較的安定した態勢を作れるポイントになっているので、ハマちゃんはそこで十分にルートを探り、ついで一歩ずつ足を上げながらカムをセットしていきましたが、途中で足を滑らせる場面もあってビレイしているこちらもひやっとしました。ハマちゃんが抜けた後に私も続いてみると、垂直部は本当に垂直というわけではないものの、土が入った細いクラックに足を無理やり押し付けながらのクライミングとなって難しく、ロープをびんびんに張ってもらった状態で登ることになってしまいました。テンションこそかけませんでしたが、これはフリーで登ったとは言えないな。

9ピッチ目(20m / III)。私のリード。つるりとしたランペをだましだまし登る出だしの感覚はどこかで覚えがあるような……と思ったら、ここは2008年に下部フランケを登ったときにルートミスして入り込んでしまったランペでした。このランぺをどん詰まりまで登り、脆い岩に気を使いながら右上の人声がする方向に軌道修正すると、そこは第四尾根の1ピッチ目の終了点。頭上にはピラミッドフェイスの頭が間近に聳えていました。

これで、ピラミッドフェイスの登攀は終了。後は勝手知ったる第四尾根を終了点まで登るだけです。ちょうど、大樺沢沿いの登山道の途中で追い越させていただいた5人パーティーがそこにおり、我々はその後ろにつく形になりました。

■11:15 第四尾根合流 ■12:40 マッチ箱のピーク ■13:30 枯れ木テラス ■14:05-35 靴脱ぎ場

ここから先は、昨秋の第四尾根登攀の繰り返しになりますから、詳しく記述する必要はないでしょう。

各ピッチの担当も昨年と同じになってしまいましたが、さすがに10ヶ月前の登攀の様子は身体がよく覚えていて、V級の小垂壁の直登もマッチ箱を懸垂下降した後の小さいおむすび岩の乗越しも、我ながら別人のようにスムーズになっていることを実感しました。

振り返れば、先ほど小垂壁の手前で先を譲って下さった5人パーティーがマッチ箱から懸垂下降する定番の構図。この写真は、写っているクライマーの一人に下山後にお送りすることができました。

左を見ると、下部フランケからDガリー奥壁へ継続してきた3人パーティーがチムニーに入ろうと軌道修正中。枯れ木テラスが崩壊しても、あのチムニーはまだ健在であることが何となく嬉しくなってきます。しかし、間違いなくいつの日かマッチ箱はCガリー側に崩落してしまうはず。そうなったとき、第四尾根はおろか上部フランケも登れなくなってしまうに違いありません。

最後は我々と3人パーティー、5人パーティーが競い合うように城塞ハングの下に集結しました。

最後のチムニーを抜けたところで足を締め付けるクライミングシューズを脱ぎ、アプローチシューズに履き替えました。当初の計画では、この後に靴脱ぎ場から懸垂下降して中央稜へ継続する予定だったのですが、時間が押していること、ガスに覆われていては下降先が見えないために危険であること、そして何よりピラミッドフェイスの登攀が想像以上の消耗を我々に強いたことを考え、ここでこの日の登攀を終了することにしました。そうと決まれば今さら山頂を踏む必要もないので、さっさと帰幕あるのみ。八本歯のコルに向かって一目散に下りました。

■15:35 八本歯のコル ■16:50 二俣 ■17:15 白根御池

八本歯のコルから大樺沢に向かって下る途中、バットレスの全景が見える場所で我々が登ったルートを目で追っていると、5人パーティーがようやく靴脱ぎ場に上がるのが見えました。5人の内でほぼ常に先頭に立っていたしゃがれ声の男性は自分で「75歳」だとおっしゃっていましたが、すごいことです。お疲れ様でした。

こうして見ると、第四尾根と合流するまでにノーマルな第四尾根ルートなら1ピッチなのにピラミッドフェイスを登った我々は9ピッチを費やしていたのですから、確かに消耗するのも無理はないかも知れません。とは言うものの、やはりスタミナ不足・スピード不足の感は否めません。要修行です。

白根御池に戻り、生ビールで乾杯。疲労困憊した身体にはインスタントラーメンも重荷でしたが、なかば無理やり流し込むとすぐにテントに入り、泥のように寝込みました。

2016/08/13

■04:20 白根御池 ■04:40-50 二俣 ■05:25 バットレス沢 ■05:50-06:00 二俣 ■06:15-07:50 白根御池 ■09:35 広河原

今日は、昨日の3人パーティーと同様に下部フランケからDガリー奥壁への継続の予定。どうやら競争相手は皆無であるらしいことから、前日より1時間遅い3時起床としました。

しかし、私ははっきり体調不良です。昨日も気分の悪さを覚えながらの登攀でしたが、同時に下痢の症状が出ていて、下痢止めを持参しなかったことを深く悔やんだものの後の祭り。

バットレス沢に達したところでお腹がぐるぐると鳴ったときについに心が折れ、ハマちゃんにギブアップを宣言しました。快晴かつ貸切の絶好のクライミング日和だというのに本当に申し訳ないことですが、ハマちゃんは快く撤収を了承してくれました。

白根御池に戻ってしばし寛ぎの時間を持った後に、テントを片付けて下山を開始しました。振り返れば、青空の下に特徴的なマッチ箱の姿。ハマちゃん、この借りは来年必ず返します。

こうしてこの連休の山行は一日短縮して終了することになってしまいましたが、スタイルはともあれ、北岳バットレスのメジャールートの中で最後まで残っていたピラミッドフェイスを片付けることができたのは、自分にとっては収穫でした。次に北岳に来るときは、もっとスピーディーなクライミングで継続登攀を実現したいものです(もちろん下痢止め持参で)

ところで、この飛び石四連休はほぼ全日好天に恵まれたのですが、北岳バットレスに取り付くクライマーの数の少なさには驚きました。上記の通り、二日目は我々を含めて3パーティー。三日目もおそらく我々だけ(5人パーティーも3人パーティーもこの日に下山)で、その我々が下山時に白根御池小屋のすぐ近くで行き合った男女ペアがザックからロープをはみ出させていたので「今日登れば貸切ですよ」と教えたぐらいです。北アルプスがどうだったかわかりませんが、こと北岳バットレスに関しては、アルパインクライミングは斜陽産業と化したように見えてしまいました。