富士山

山頂 富士山3,776m
分類 関東周辺
日程 2016/06/04-05
同行  
概要 恒例のトレーニング山行として富士山へ。初日は富士スバルライン五合目から吉田口山頂に達し、すぐに下山して吉田口五合目の佐藤小屋泊。二日目は雨のため午前中停滞し、富士スバルライン五合目へ。
6月上旬とは思えない雪の少なさ。それでもお鉢の中には、それなりに雪が残っていました。(2016/06/04撮影)

2016/06/04

■11:20 富士スバルライン五合目 ■16:20-30 吉田口山頂 ■18:40 佐藤小屋

4月にできたばかりの新宿高速バスターミナル=バスタ新宿に初見参。ロビーは広く、綺麗になっていい感じです。

しかし、あいにく中央道の途中で渋滞に捕まり、スバルライン五合目に着いたのは11時頃になりました。

見るからに黒々とした富士山山頂部には、申し訳程度の雪と雲。小御嶽神社で御守りをいただきましたが、こちらは承平7年(937)創建と由緒ある神社なのだそうです。その神社に隣接した食堂の山菜うどんで腹ごしらえをしましたが、食堂のおばさんから今夜は雨が降り翌朝まで残るという情報を仕入れて、ちょっとがっかり。

遅いスタートとなりましたが、とにかく今日の内に山頂に達しておかねば。泉ヶ滝から斜めに登る道は閉鎖されていたので、いったん佐藤小屋まで進み、そちらから登ることにしました。

ところが、こちらの登山道の途中で樹木が妙に荒れている箇所に遭遇しました。これはどうしたこと?と思いながら歩き続けて、六合目から上を眺めると、どうやら今日の富士山はご機嫌斜めの様子です。

それでも高さを上げるにつれ、視界がきくようになってきました。それにしても今年は雪の少なさが際立っています。例年ならスキーを担いだ人たちがこの道を登っているはずですが、もうこれではスキーは無理でしょう。とは言うものの徐々に寒風が強くなってヤッケなしでは厳しい気象条件になってきましたが、そうした中を背後からひたひたと登ってきた半袖Tシャツ1枚姿の西洋人が白雲荘で私に追いついて、「ここは九合目か?」「あとどれくらいかかる?」と聞いてきました。いやいやここはまだ八合目、あと(彼の足なら)30分位かなあと答えたところへ、上から夫婦らしい西洋人が下りてきたので、彼がやはり「あとどれくらい?」と聞くと、「depends on you」としごくもっともな答。なるほど、これが西洋合理主義というやつか。

九合目の鳥居が見えるあたりからそれなりの雪が出始めましたが、このあたりですっかり失速してしまいました。今回は高度順化が目的なので意識して時間をかけて登ることにしていましたが、高度の影響で息が上がったために足が上がらなかったのも事実です。

吉田口山頂に着いてみると、誰もいません。おかしいな、Tシャツ男はどこへ行ったのだろう?と思いながらお鉢を見下ろせる場所に足を運んでみると、対岸の剣ヶ峰の左下に動く人影が見えました。たぶん、あれがTシャツ男でしょう。怖ろしいヤツ……。

こちらは、佐藤小屋での夕食が18時からだと言われていたのでさっさと下山を開始しましたが、どう頑張っても間に合いそうにありません。17時50分に東洋館に下り着いたところで電話を入れて遅刻を詫びると、佐藤小屋のおかみさんは快く「待っている」と言ってくれました。

ようやく佐藤小屋に到着。ビールを1本買い求めてようやく人心地がつきました。夕食はお肉たっぷりのすき焼きに新鮮なサラダ、カツとコロッケ、ご飯で大満足でした。お客は他にガイドとクライアント、単独行の計3人で、さらに21時頃にクライアント2名が合流する予定とのことでしたが、いずれも天気の悪い翌日に登頂を目指すとのことでした。今日の内に登っておいて良かった、と思いながら20時には就寝。

2016/06/05

■11:30 佐藤小屋 ■11:50 富士スバルライン五合目

3時半に起床しましたが、やはり外は雨。ガイドパーティー4人は2時頃に登っていったそうですが、これは辛い登山になることでしょう。こちらはこの日の登頂は早々に諦め、おかみさんの勧めもあってもう一眠りすることにしました。

9時頃に再び起き出して、あとはコーヒーを飲んだりインコのピーちゃんをからかったり持参した文庫本(シェークスピアの『夏の夜の夢』の秀逸な新訳)を読んだり。その合間に小屋番の息子さんと会話を交わしたところ、私が見た登山道の荒れた様子は、2月の豪雨(雪ではなく)の際に起きた土砂崩れの爪痕だったことがわかりました。そのときには佐藤小屋も震度5並みに揺れたのだそうですが、怪我人が出なかったのは何よりでした。そうこうしている内にも雨は時折本降りになりましたが、トレイルランナーたちが次々に馬返しからの道を駆け上ってくるのには驚きました。彼らの一人から聞いたところでは、この雨は高いところでは雪になっているとのこと。そういえば昨日、下山の際にすれ違った大荷物の単独行は山頂でテント泊をすると言っていましたが、大丈夫なんでしょうか?一方、この雨は悪いことばかりではなく、小屋番ジュニアの話によれば、七合目以上の山小屋の管理人たちは天水を集めるために今朝そそくさと登山道を登って行ったのだそうです。

11時半に小屋を辞し、富士スバルライン五合目へ。さすがにこの天気では人出も少なく、バス停近くのレストランも正午だというのにがら空きでした。

こんな具合で土日二本のトレーニングというわけにはいきませんでしたが、まずは山頂の薄い空気の中に身体を置くことができたことで目的の一部は果たしました。次の土曜日も富士山に登ることにしていますが、次回はタイムを意識して登るつもりです。