小川山廻り目平

山頂  
分類 関東周辺
日程 2016/05/08
同行 yokkoさん / トモミさん / セキネくん
概要 小川山でのボルダリング。入り口岩、分岐岩、奥の石、スパイヤー。
小川山の一日。yokko・セキネ組とハタ・juqcho組とで行動するかたちになりました。(2016/05/08撮影)

廻り目平には5/1にも来たばかりですが、そのときは紐、今回はyokkoさんの希望でボルダーです。

2016/05/08

■09:15-19:00 廻り目平

yokkoさんの運転する「赤い彗星」に乗って、廻り目平入り。現地でセキネくんとも合流し、軽く協議の上でまずは「ラブリー・トラヴァース」のある入口岩を目指すことにしました。

入口岩

カンテ 8級
朝一番のアップ課題として。なんとも言えないこのザラザラ感は、花崗岩のボルダーならでは。トモミさんは最初苦戦していましたが、シューズを変えたら「全然違った」とのことで軽く撃破していました。
マントル 7級
いいのかな?というくらい高いところからスタートし、よいしょと上のガバをとったら足を上げるだけ。本当はもっと下からスタートするのだと思いますが、「7級ですからどこからでも」との声に従いました。これら二つは既登課題です。
マントル 5級
左寄りのガバカチから直上するラインですが、身体を引き上げられず。yokkoさんは奮闘の末にトップアウトし、セキネくんは解決できずでした。

yokkoさんとセキネくんは「ラブリー・トラヴァース」(右→左:1級)のパート解析にも挑んでいましたが、この日は本気トライはなし。

分岐岩

マントル 10級
分岐岩の高さに慣れるために、まずは軽く一本。
トラヴァース 6級
今回のメイン課題。久しぶりなのですっかり手順・足順を忘れていましたが、2便目に細かく足をつないで渡りきり、そのままトップアウトすることができました。やれやれ、長い道のりだった。

yokkoさんとセキネくんは「MNP」(1級)に手をつけていましたが、これまた手探り段階。なお、後でこの岩を去る際に恐るべきフリーソロを敢行中のクライマーを発見しました。

体長約5cmということは、通常の男性の身長が170cmとすれば縮尺34分の1。それが地面から160cmのところにいるわけですから、34倍すれば地上約54mでのランジです!

奥の石

10級
ほとんど自然に還っている課題。出だしのバランスが悪いものの、そこを耐えればガバだらけ。
クラック 10級
単に取り組んだのではガバをつなぐだけになりますが、SD課題とすると途端に難しくなり、私は解決できませんでした。

yokkoさんとセキネくんは「テンペル・タットル」(初段)に着手しましたが、ちょっとあり得ない悪さだったようです。

スパイヤー

スラブ 6級
ここも長らく宿題になっている課題。途中の外傾した横長ホールドに手を届かせるところまでは回復しましたが、そこから身体を引き上げられず。トモミさんはこの課題に挑んだ際に足がマットと岩の隙間に落ちてしまい、負傷退場となってしまいました。

yokkoさんとセキネくんは反対側の「エイハブ船長」(1級)をしばらく打ってから、こちらの「ライト・スパイヤー」(3級)と「スラブ」(4級)に手をつけたものの、いずれもトップアウトならず。

トモミさんがリタイアすることになったのを受けて、私もあとはビールを飲みながら焚き火でまったりすることにしました。トモミさんと四方山話をしながらのんびり過ごすこと1時間半の後、yokkoさんとセキネくんが哲学岩、漆岩などの岩場巡りを終えて帰ってきましたが、セキネくん曰く「ボコボコにされました」とのこと。お疲れ様でした。

最後は「ふじもと」の焼肉定食で〆。宿題をひとつ片付けられたし、焚き火ビールもできたしで、私にとってはよい休日でしたが、負傷したトモミさんが心配。おそらくは軽い捻挫だと思うのですが、どうか早期に回復しますように。