ジョウゴ沢

山頂  
分類 八ヶ岳 / アルパイン
日程 2016/03/21
同行 かっきー
概要 美濃戸から赤岳鉱泉経由ジョウゴ沢。ナイアガラの滝を登っただけでそのまま稜線に抜け、硫黄岳山頂から赤岳鉱泉に下り、美濃戸へ戻るワンデイアイスハイキング。
ナイアガラの滝全景。これで「ナイアガラ」は、看板に偽りありだと思います。(2016/03/21撮影)
リードする私。手がかり足がかりが豊富で簡単でした。(2016/03/21撮影)
硫黄岳の南の稜線から赤岳方面。右下にジョウゴ沢が見えています。(2016/03/21撮影)

この連休はかっきーと少し大きなアルパインアイスに行こうという計画だったのですが、お天気はあいにくの土曜日雨模様。気温も高いしこれは自重しようということに意見が一致し、ワンデイでジョウゴ沢を遡行することにしました。

2016/03/21

■09:00 美濃戸 ■10:25-11:00 赤岳鉱泉 ■11:05 ジョウゴ沢出合 ■11:50-12:15 ナイアガラの滝

朝の6時に高尾駅で合流し、中央道を八ヶ岳方面へ。途中の双葉SAで朝食をとるのも我々のパターンと化してきました。

美濃戸からは道が少々凍っており、私は早々にチェーンアイゼンを装着しましたが、そうした文明の利器に背を向けているかっきーは本ちゃんアイゼンの爪が減るのを嫌がってノーアイゼンで頑張ります。途中、クマ?という場面もありましたが、よくよく見れば木の芽を食べることに余念のないカモシカでした。

今日は晴れの予報でしたが、西からの天気の回復がまだ追いついていないらしく、赤岳鉱泉に着いたときにはあたりはガスの中。時折は小雪もぱらついていました。話が違うやんけ……。

優雅にアイスキャンディーを登るブルジョワジーな人々を眺めながらギアを装着し、ジョウゴ沢へ向かいます。大同心沢には踏み跡あり、裏同心ルンゼは出合が新雪に覆われて踏み跡なし、そしてジョウゴ沢ははっきりとトレースが上流に向かっていました。ありがたく踏み跡を辿ってゆくと、初心者の練習によく使われる(私もかつて使った)F1はちゃんと凍ってはいるものの、左側から雪の上を踏んで越えることができました。

しばらく進んでF2。こちらはそこそこ高さがある滝ですが、左半分は水が流れており、右半分からワンポイントだけアックスを使う箇所がある他は雪の上の階段状を歩いて通過しました。そしてこの頃になってようやく雲が切れ始め、青空が覗くようになりました。

ジョウゴ沢にはずいぶん昔にガイド講習で来たことがあるのですが、まったくと言っていいほど記憶がありません。すっかり埋まったF3をチラ見し、さらに右俣の奥に大きな滝がかかっているのをやり過ごして本流を詰めましたが、目の前に展開するダイナミックなゴルジュ地形には軽く感動を覚えました。

狭いゴルジュを抜けると目の前に立派な氷瀑があり、先行パーティーがトップロープを張っているところでした。左奥にも滝が見えているのを確認してから、先行パーティーのビレイヤーがこちらを振り向いたタイミングをとらえて声をかけました。

私「そこは何という滝ですか?」
ビ「乙女の滝です。あっち(と左奥の滝を示して)がナイアガラの滝です」
私「(あちらの滝に行けということだな……) ありがとうございます!」

見るからに乙女の滝の方が立派そうでしたが、ここは彼女の希望(?)を尊重することにしました。本流に対して乙女の滝は右の支流、ナイアガラの滝は左の支流です。本流の奥に大滝が見えていて、そこも今日のターゲットですが、ナイアガラの滝を越えて草付きをトラバースすれば本流の大滝に着くことができるという情報を仕入れていたので、まずはナイアガラの滝へ向かいました。

こちらでは先行二人組が休憩中。ご多分に漏れず滝の下部は雪に埋もれてスケールがなくなっており、これで「ナイアガラ」の名前を使うのは御本家様に対して失礼に当たるのではないか?という疑問を拭うことができません。ともあれ、左寄りの弱点と思われる浅い凹角を登ることにしました。

リードはスクリューをぶら下げている私となりましたが、取り付いて見ると登り込まれているせいか穴や段差が多く、アックスは引っ掛けでいける上に、足も今回履いてきたデュアルポイントで何ら問題なく決まります。快適というか、楽勝というか、微妙な感じ。

落ち口の上、右岸側にボルトが打たれており、そこに支点を作って後続のかっきーを迎えました。なお、そのまま本流の大滝へ向かうため、二人ともザックを担いだままのクライミングです。

■13:40-50 稜線 ■14:05 硫黄岳山頂 ■14:50-15:10 赤岳鉱泉 ■16:00 美濃戸

この時間になればはっきりと青空が広がり出し、南八ヶ岳の主だったピークを一望できるようになってきました。この展望に恵まれただけでも、来た甲斐があったというものです。

ナイアガラの滝を抜けたら、そのままコンテで上流に進み、適当なところで右手へのトラバースにかかりました。

後から思えばこのトラバースを開始する位置が高すぎたようで、もっと低い方向へトラバースしなければならなかったのですが、歩いているときはこれが自然なラインだと思っていました。しかし……。

本流筋と思われる地形に降り立ってみると、上流には滝らしいものは見当たらず、どうやら大滝よりも上に出てしまったようでした。ここから沢筋を下って大滝を懸垂下降する(さらに乙女の滝を登る)という選択肢もありましたが、今回はもともと稜線まで抜けようという申合せになっていたので、そのまま上を目指すことにしました。ちょうど適当なボルダーがあり、その足元の雪がえぐれて穏やかな平坦地を提供してくれていたので、ここでロープを畳むことにします。ナイアガラを登って大滝を探す、ということで大瀧詠一の歌を二人で口ずさみながら、しばし日向ぼっこをしました。

休憩後、登高再開。すでに沢形はぐっと浅くなっており、稜線部には硫黄岳への登山道の特徴である大きなケルンが見えてきました。近い!

最後に草付きの斜面を登れば、横岳から硫黄岳への登山道に飛び出しました。ちょうど横岳方面から登山者数人が歩いてきているところで、少し言葉を交わしてから、一緒に硫黄岳に向かいました。

爽やかな八ヶ岳の風景。風も八ヶ岳にしては穏やかで、時間にゆとりがあるなら、この景色の中にいつまでも浸っていたくなります。そしてジョウゴ沢は、上から見下ろすとまさしくジョウゴの形であることがよくわかります。

硫黄岳の山頂に到着したら、後はひたすら下るだけです。雪の状態もよく、下降がはかどりました。

アイスキャンディーは今日で営業終了。アイスクライミングのシーズンも徐々に終焉に向かいつつあることを実感しました。そうした中、ジョウゴ沢の遡行は易しいアイスハイキングとしては楽しいものでしたが、クライミングとしてはあっけなさ過ぎです。来冬は、あちらの滝こちらの滝と廻ってみたいものだと思いました。

アイスクライミングのシーズンが終わりということは、甲府の「美味小家」に通う機会もなくなるということを意味しています。せっかく常連の象徴である専用箸をもらえたばかりだというのに……。

そんなわけで、帰路の車の中での話題の一つは「こちら方面で沢登りの面白い課題はないものか?」でした。