河原木場沢醤油樽ノ滝

山頂  
分類 関東周辺 / アルパイン
日程 2016/03/05
同行 かっきー
概要 八ヶ岳西面の河原木場沢の醤油樽ノ滝へ、かっきーと共に。帰路に一ノ滝上流の支沢の氷壁でも遊びました。

河原木場沢醤油樽ノ滝。またしても貸切りで遊ぶことができました。(2016/03/05撮影)

こちらは一ノ滝上流の支沢の氷瀑。バーチカルアイスのリード練習をしました。(2016/03/05撮影)

春分の日の三連休に向けて軽めの日帰りアイスを行うべく、かっきーが提案した「醤油樽」へ。この奇怪な名前の滝がアイスクライミングの対象になっていることは前々から知っていたのですが、どんな滝なのか、そもそもどこにあるのかすらも知りませんでした。そこで今回改めて調べてみたところ、それは八ヶ岳の中でも天狗岳の西麓にあり、唐沢鉱泉へ向かう林道からアプローチするようです。

2016/03/05

■09:20 駐車スペース ■09:25 醤油樽入り口 ■09:50 一ノ滝 ■10:10-13:10 醤油樽ノ滝

土曜日の始発電車でJR高尾駅に6時着。これはかっきーとの待ち合わせのパターンなのですが、既に明るくなり始めていることで日の出が早くなってきたことを強く実感しました。ウインターシーズンも間もなく終わりです。

唐沢鉱泉・桜平分岐を右へ入り山の神に見送られて平坦なダートを進むと、やがて道が河原木場沢を渡る手前に数台分の駐車スペースがあり、そこにかっきー号を置くことにしました。その先、橋を渡ってひと登りした場所にも駐車スペースはあるのですが、そこまでの坂道が凍りついていたので、ここに駐めるのが正解でしょう。

桜平の先には夏沢鉱泉があり、そちらへ向かう登山者もいるのだと思いますが(夏沢鉱泉は通年営業。JR茅野駅〜桜平まで無料送迎あり)、我々が向かう先は河原木場沢の上流にある醤油樽ノ滝。歩き出して5分で出てきた立派な案内板によると、高さ35メートルの醤油樽ノ滝までは徒歩30分で、そこまでの間に一ノ滝5メートル、二ノ滝10メートルがあるそうです。この案内板はアイスクライマー向けに作られたはずがありませんから、醤油樽ノ滝は無雪期に観光名所としてそこそこの人を集めているのでしょう。

沢の中の道は雪に覆われていましたが、踏み跡と赤テープとで迷う心配はありません。左岸・右岸の間を何度か行き来し、ところどころ高巻きも交えて進みましたが、雪の下に氷が隠れていて若干微妙なものを感じたので、途中からアイゼンを装着しました。

やがて出てきたこの木の梯子の右が、釜を持った一ノ滝です。アックスを出して登ることもできそうでしたが、水が表面を流れていて柔らかすぎる感じ。梯子の左も緩やかなナメ氷となっていますが、それよりも一ノ滝の奥に見えている支流の直瀑が気になりました。ここは帰りに立ち寄ることにして、梯子を登った先から左に曲がる沢筋をさらに詰めました。

一ノ滝の先、高さのある氷瀑が右岸の斜面にへばりついていたり、左岸の高巻きの途中から両岸が狭まった中に氷柱を青く光らせている二ノ滝を見下ろしたりしながら遡行を続け、やがて右岸の一段高いところからアルミ梯子で河原に降り立つところの先に、目指す醤油樽の滝がありました。

醤油樽ノ滝は思ったより立派で、傾斜は緩いもののスケール感はなかなかのものがあります。時期が遅いだけに氷が不安定なのではないかと心配していたのですが、確かに下部に水流が見えているものの、右寄りの階段状を登っていけば、氷の薄い部分は回避できそう。そして何よりもありがたいのは、他に誰もおらず貸切状態であることです。

リードは私。プラン通りに右からアプローチし、氷のしっかりしている場所を選んで左手(水流中央側)に短い間隔でスクリュー2本を決めてから、登るにつれて徐々に左側の滝の正面に回り込むように登りました。途中で滝の角度が緩やかになる場所では安定したスタンスもあり、高度感はあるものの危険は感じません。さらに、アルミ梯子の上から観察したところでは氷が切れていそうに見えた落ち口までの間も、実際には厚みのある氷がつながっていて、どうやら良い状態の滝に遭遇できたらしいことを感じました。この落ち口のあたりは遠目には草付き風に見えるので、もし氷がつながっていなければ草付きにアックスを打ち込んで登ろうと思っていたのですが、近づいてみるとそれは草付きではなく弱点の少ない岩のスラブで、不用意に乗り移ったら危険だったでしょう。

落ち口の上にはしっかりした残置支点(カラビナつき)があり、この滝の人気が高いことを窺わせます。ありがたくこれを使わせていただくことにして、セルフビレイをとり、セカンドのかっきーを迎えました。

相変わらず右肘が不調のかっきーもここは問題なく登ってきて、ついでにと上流探検もしましたが、ゴルジュ状の地形が50メートルほど続いた先は開けた樹林帯の中になって、ぱっとしない景観に終わっていました。地図によれば、この沢は最後は西天狗岳に突き上げることになっており、そこまで登れるのなら山行としては充実しそうですが、もちろん我々にはそうした気はさらさらありません。

か「しょうゆうことで……」
私「しょうゆうことか……」

懸垂下降で河原に降りて、一休み。冬の八ヶ岳の特徴である凍った浸み出しが、この醤油樽ノ滝を受け止める岩壁のあちこちで透明な光を放っているのも、面白い光景です。

懸垂下降したときに引き抜かずに残してあったロープを使い、トップロープで二本目。先ほどは右寄りからのアプローチでしたが、今度は滝の正面に取り付くことにしました。そして、登ってみればびっくり。水流が覗いていて氷が脆いと思っていた正面でしたが、水流のやや左の厚めの氷を選んで登ってみると、見た目とは裏腹に氷は十分に厚くしっかりしている上に、適度な柔らかさでアックスとアイゼンの前爪を受け止めてくれて、実に快適に登ることができます。傾斜は多少立ってきますが、最初からこちらをリードするべきでした。こういうラインを読む目も、今後に向けた課題のひとつです。

私とかっきーが一本ずつトップロープで登ったところで、醤油樽ノ滝は終了とすることにしました。アルミ梯子を登り返したところにある展望台から滝を眺め、その威容に満足。

ところで、なぜ「醤油樽」という名前が着いたのかは最後までわかりませんでした。この滝の下から見上げた巨大なシャフトのような地形が、醤油樽の中にいるような感覚をもたらしたからなのでしょうか?それとも、落ち口から勢いよく落ちてくる水流が、醤油樽の下部の注ぎ口からほとばしる醤油のように見えるからなのでしょうか。

醤油樽ノ滝は沢登りの対象になるか?……という観点からも眺めてみたのですが、氷のベールを剥いでしまうと手がかりのない直瀑になりそう。可能性があるとしたら、右からのランペを使って滝の途中の傾斜が変わる箇所にアクセスする方法ですが、それではわざわざ登る価値がありません。

■13:25-14:15 一ノ滝上流の支沢の氷瀑 ■14:35 醤油樽入り口 ■14:40 駐車スペース

まだ時間が早いので、一ノ滝上流の支沢の氷瀑でさらに遊ぶことにしました。

5メートルほどの顕著な氷瀑は傾斜が立ち、バーチカル・クライミングの練習にうってつけ。その奥のえぐれた部分にはきれいな透明の氷柱が立っていましたが、誰かがアックスを打ち込んだらしく、途中にヒビと傷が入っていました。これもまた氷を見るとアックスを打ち込みたくなるアイスクライマーの本能のせいなのでしょうが、無粋の極みと言うほかはなく、残念なことです。

……などと偉そうなことを言うのは10年早く、このバーチカル部のリードでは、途中で腕をパンプさせ、スクリューはなかなか決まらず一本取り落としてしまうなど、なんとも格好の悪いクライミングになりました。とりあえずノーテンで抜けはしましたが、要修行です。

以上をもってこの日のプログラムは終了とし、車に戻りました。醤油樽ノ滝を訪れたのは初めてでしたが、アプローチは抜群に良い上に、滝は難しくなく、しかもスケール感があって楽しめます。さらには、一ノ滝周辺でいろいろな遊び方もできて、こじんまりとした氷のテーマパークのよう。混み合っていたら印象が変わったかも知れませんが、ここなら来年以降も練習のために訪れても良い、という点でかっきーと意見が一致しました。

「鹿の湯」で温まってから甲府に向かう途上、かっきー車載のカーオーディオは、ランダム再生の設定になっているのにひたすらEaglesの曲をかけるEagles祭り状態になってしまいました。「もしかして(今年亡くなった)Glenn Freyが後部座席に座っているんじゃないのか?」と気味悪く思いながら走り続けましたが、甲府の行きつけのとんかつ屋「美味小家」ではサプライズが待っていました。

冬の間の常連になった我々のために、「美味小家」のおかみさんが専用箸を用意してくれていたのです。常連カードに記帳すると、箸箱に名前を書いたシールを貼り付けてくれて、これで今後は「美味小家」に来るたびにこの箸を出してもらえるという次第。これは、八ヶ岳方面のアイスクライミングにますます精を出さないわけにはいかなくなったなと思いながら、満腹・ニコニコで甲府市内を走っているとき、ふと気づきました。

「実はあのおかみさん、Eaglesの熱烈なファンだったりして……」