御前山

山頂 御前山1,405m
分類 関東周辺
日程 2016/02/06
同行 yokkoさん / トモミさん
概要 yokkoさんと共に、トモミさんの初雪山をエスコート。奥多摩湖から大ブナ尾根を登って御前山の山頂に達し、山頂の東側の避難小屋でランチをしてから、境橋へ下る。
御前山山頂到着。適度な積雪で歩きやすい道のりでした。(2016/02/06撮影)
清潔な避難小屋で豪華なランチ。(2016/02/06撮影)

2016/02/06

■09:10 奥多摩湖

JR奥多摩駅でトモミさん・yokkoさんと待ち合わせ、8時35分発のバスに乗って奥多摩湖バス停下車。小河内ダムの姿を見るのはずいぶん久しぶりです。

身繕いをすませて、おもむろに出発。ダムを渡り、山道に入りました。最初から雪が出た道はやがて凍り始めたため、途中から軽アイゼンを着けました。

最初は雪山に敬意を表して重装備のレイヤリングで登っていたものの、登るにつれて暑くなってきたために一枚減らすことに。途中の展望台からは奥多摩湖の全景を見下ろすこともできましたが、雲が低いために雲取山すらも見通すことはできませんでした。

途中で出てきた熊が暴れた跡?の真偽は定かではありませんが、木の幹の新しい傷は間違いなく熊によるものでしょう。こうしたあまり麗しくないアクセントはありつつも、初雪山らしからぬコンスタントなペースでトモミさんは雪の坂道をどんどん登っていきます。

■12:00 惣岳山 ■12:20 御前山

登り始めてから3時間弱で、惣岳山に到着しました。ハセツネCUPでもここは通っているはずなのですが、暗い時刻に通過するポイントであるために印象が残っていません。

惣岳山から御前山まではほんの一投足。いったん下ってわずかな急登の後に、平坦な道を進みます。

木々の枝には氷が付着して、なんだか不思議な感じ。思わず撮影大会になりました。

御前山山頂には単独も含め何組かの登山者がベンチで寛いでいましたが、我々は大ダワ方面にしばらく下った場所にある避難小屋を目指すことにしました。

■12:30-14:10 御前山避難小屋

御前山避難小屋を訪れたのは初めてですが、こんなに立派な小屋だとは知りませんでした。

テラスとトイレが併設された小屋の中は広く清潔で、しかもガラス窓が大きくとってあって明るい雰囲気でした。

わざわざ避難小屋まで下ったのは、こうしてランチを楽しみたかったからです。最初は単に雪山を登ることを目的としていたのですが、事前の調整を重ねてゆく内に力点がランチに移っていって、最後はこういう仕儀になりました。三種のサンドウィッチとコーヒーはyokkoさん、具だくさんのミネストローネスープはトモミさん、オリーブオイルで軽く和えたごちゃまぜサラダは私の作品(?)です。

食べ過ぎて苦しくなるほど豊かなランチを堪能しましたが、気がつけば小屋の中は気温3度。寒さのせいか座っていると太腿がつりそうになってきますし、コーヒーを飲み終わって片付けをしている内にも爪先から身体が冷えてきました。

■16:20 境橋

最初は御前山の山頂に登り返して元来た道を下るつもりだったのですが、我々のランチの間に小屋を覗いた登山者たちがみなさん境橋へと下って行くのを見て、我々もそちらへ下ることにしました。トモミさんには「山頂をもう一度踏まなくてもいいのか?」と確認したのですが、「展望がないからいい」とのつれない返事。確かにその通りではあるのですが……。

御前山のこちら側は「奥多摩体験の森」としてよく整備されており、随所に指導標が立っていました。道も歩きやすく、おかげでぐんぐん高度を下げることができました。

途中から出てきた舗装路歩きの長さには少々うんざりしましたが、それでも比較的スムーズに下山できて、境橋バス停に着いたのは1時間に1〜2本しかないバスの到着予定時刻の9分前とベストのタイミングでした。何たる幸運。

よ「神さまありがとう!」
私「それはラスカル?」
よ「僕、疲れちゃったよ」
私「それはパトラッシュ……」

ともあれ、トモミさんも初めての雪山を楽しんでくれたようですし、先月中旬の負傷のせいで運動不足気味だったyokkoさんにとってもよいリハビリになったようです。私はと言えば、最高にぜいたくな山ランチをいただけて大満足。たまにはこういうほのぼのとした雪山ハイクもいいものだなと思いました。