尾白川黄蓮谷右俣

山頂 甲斐駒ヶ岳2,967m
分類 南アルプス / アルパイン
日程 2016/01/09-11
同行 かっきー
概要 初日に竹宇駒ヶ岳神社から五合目に上がり幕営。二日目に黄蓮谷に降りて右俣を遡行し、甲斐駒ヶ岳山頂を踏んでから帰幕。三日目に下山。
click
坊主ノ滝。上の画像をクリックすると、黄蓮谷右俣の遡行の概要が見られます。(2016/01/10撮影)
奥ノ滝二段目。ここが最後の滝場となり、あとは脚力任せに登るだけとなりました。(2016/01/10撮影)

初級のアルパインアイスの代表的なルートが、黒戸尾根の右側を甲斐駒ヶ岳に突き上げる黄蓮谷右俣です。ここは2003年に沢登りで遡行していますが、その頃からアイスクライミングでの遡行を意識していたものの、気がつけばそれから既に12年以上。長いブランクの後にアイスクライミングを再開した動機もここを遡行したかったからですが、周知のように黄蓮谷は、早すぎれば凍らず、遅すぎれば雪に埋もれ、遡行適期をつかまえるのが難しい沢。一昨年・昨年とタイミングをつかめず手をこまねいていたのですが、この冬は、その異常な暖かさのせいで黄蓮谷が登れるようになったのは例年より1ヶ月も遅くようやく天皇誕生日の連休の頃からでした。その後も懸念された南岸低気圧の襲来はなく、この成人の日の三連休に満を持して甲斐駒ヶ岳に向かうことになりました。相方はもちろん、源流系釣り師かっきーです。

2016/01/09

■10:20 竹宇駒ヶ岳神社 ■14:55 五合目

中央自動車道を走って甲府盆地に入り、未だに黒々とした鳳凰三山の前を通って甲斐駒ヶ岳の登山口となる竹宇駒ヶ岳神社へ。空はどこまでも青く、絶好の登山日和です。

昨年10月のワンデイ御中道渡りでもこの駐車場を起点としましたから2ヶ月半ぶりですが、まったく雪がないので冬山という感じがしません。それでも、駐まっているそこそこの数の車の半分くらいは、おそらくアイスクライミング狙いでしょう。

その印象は黒戸尾根を登り始めても変わらず、葉が落ちて見通しの良くなった尾根道の明るさはどちらかと言えば晩秋の山という趣きです。それでも刃渡りでようやくちらほらと雪が出てきましたが、これほど雪が少ないと幕営地として予定している五合目で水を作れるかどうかが不安になってきました。近頃は、七合目まで上がって宿をとり、黄蓮谷へは六丈沢右岸の尾根を下って坊主ノ滝の上に出るというプランがトレンディーなのですが、我々はトラディショナルな五丈沢ルートをとることにしているので、幕営地は五合目ということになるわけです。

五合目到着。案の定、かつて小屋があった広場は地面がむき出しの状態でしたが、それでも吹き溜まりにはそれなりに雪があって水を作ることができそう。これなら、かっきーが根性で持ち上げてくれた2.5リットルの水と合わせればどうやら困らずにすみます。一番奥まった位置の先客のすぐ隣に寝室と食堂を設営し、あとは毎度おなじみのつみれ鍋を作りながら酒を飲むばかり。満腹になったところで早々に就寝しました。

2016/01/10

■04:35 五合目 ■05:55 千丈ノ岩小屋

2時50分に起床し、朝食をとってから朝のお勤め。林間でしゃがんでいる間にも、ガチャガチャと音をさせながら黄蓮谷へ向かう道を進む人の気配がありました。

4時半を回ったところで出発。かっきーの軽量ザックには60mロープ、私のザックにはスクリュー8本とビバーク装備。まだ真っ暗な中、五合目の広場の奥に続く道を進みます。かつては登山口から尾白渓谷を通り五丈沢沿いにこの五合目に上がってくる登山道が整備されていて、この奥に進む道はその名残りなのですが、その後この道は廃道となり、今や、途中のザレを過ぎてしばらくしたところから先は、樹林の中の悪い斜面を勘を頼りに下るしかありません。先行していた日本人と外国人の二人組も道に迷って右往左往していましたが、ここを何度か下った経験を持つかっきーが先導してどうにか一緒に正しい方向へ下ることができました。

やがて暗闇の中に浮かび上がったのは、懐かしの岩小屋です。ここは2012年1月に尾白川本谷を途中まで詰めた際に快適な宿を提供してくれたところですが、この日は誰も泊まっている様子はなく、我々もそのまま下降を続けました。黄蓮谷に下り着いたのは五合目を出発してから1時間半がたった頃で、ようやく空が白み始めていました。

■06:50-08:30 坊主ノ滝 ■08:50 二俣 ■09:40 奥千丈ノ滝入口

結氷していない最初の滝を右岸の明瞭な踏み跡を使って巻き、凍った河原をしばらく進むと、やがて大きな滝が出てきました。これがこの日最初のポイントとなる坊主ノ滝(二段50m)です。既に二組がロープを伸ばしており、我々と一緒に下ってきた日外混成パーティーが右寄りで待機している状態でした。結氷は甘いものの、混成パーティーが待機している右側は階段状によく凍っていて不安なく登れそう。一方、既に取り付いている二組が採用した中央のラインは氷の下に水が流れているのが見えている状態です。なんだか嫌な感じだなと思って見ている目の前で、先行の一組のフォローの女子がそのラインを登り始めましたが、明らかにアイスクライミングの練習が不足していて、アックスは力なく目の前の氷を叩くだけ、アイゼンの前爪も決まらず、何度かずるずるとフォールしていました。見かねた我々や混成パーティーの日本人が「もっと肘を伸ばして!」「高いところを打って!」などとアドバイス(余計なお世話?)を送りましたが、その甲斐あってか、彼女はやがて急傾斜部を越えて滝の中間の段差に設けられたビレイ点まで上がっていきました。

混成パーティーの二人が上がっていったところで、ようやく我々の出番。リードの私の離陸は、ここに着いてから40分待ちの7時半頃になっていました。今季まともなアイスクライミングはこれが初めてである上に、アックス自体を軽量化していたために打込みが効かず少々もたつきましたが、他のパーティーと同じ場所でスクリューで支点を作ってかっきーを迎えました。続く2ピッチ目はかっきーのリードで、出だしがやや不安定なランペ状となるものの、あとは傾斜の緩んだ氷のスラブを丁寧に登っていけば、右岸の灌木でビレイ点を作れます。

続く15m滝も氷を登れそうでしたがスピード優先で左岸から巻き上がると、すぐに二俣。我々の後にやってきていた男女二人組は難度の高い左俣を登るということでしたが、大半のパーティーはそのまま右俣を詰めていくようです。膨らんだ氷床をガシガシと登って行くと、やがて前方に先行パーティーがロープを出しているのが見えてきました。奥千丈滝の始まりです。出だしは右のランペを登ればロープなしでも行けそうでしたが、ここは他パーティーにならってかっきーリードで正面から超えました。

出だしの狭隘部の滝を超えると氷の廊下となりますが、雪がそこそこ着いているので確保なしで安心して登ることができます。フォローの私がいったんロープを一杯に伸ばし、そこでロープを畳んでから思い思いのペースで谷の中を登りました。途中、幅広く氷床が覆ったパートは正面から見ると傾斜が緩そうですが、安全運転で右から回り込むように登りつつ横から見てみるとそこそこの傾斜。こうしたところに不用意に突っ込まないのが、長生きのコツです。

高度を上げるにつれて、背後に八ヶ岳や奥秩父の山の景観が広がりだします。美しいつららの出迎えを受け、前後するガイドパーティーとも親しく言葉を交わしながら、さらにフリーでの登高を続けました。

■12:30-45 10m滝 ■13:15-50 三段滝中段

いつの間にか奥千丈滝を過ぎ、インゼルの横を抜けた先で半ば雪に埋もれた10m滝が現れました。

右寄りから登れば滝の高さを稼ぐことができますが、中央に雪の斜面が伸びていてワンポイントの氷の凹角が弱点となっています。今度は私のリードの番。凹角の出だしにスクリューを決めてからアックスを伸ばしてみると、打ち込まなくても引っ掛けだけで不安なく登れます。これは楽チン。

10m滝の先に見えていた奥ノ滝(三段60m)は、沢登りでは右の尾根から巻き気味に越えることになりますが、アイスクライミングではルートどりが違います。下段は正面から左を回り込むように巻き上がり、中段の緩いながら長い滝はロープを出してかっきーがリード。上段は再び左から雪の急斜面を登って抜ければ、もう滝はありません。

■15:35 稜線 ■15:40-15:55 甲斐駒ヶ岳

ここから先は、純粋に体力勝負。はっきりと私が遅れ始めます。

雪の谷の中を、踏み跡を頼りにひたすら上へ。ラッセルがないのは助かりますが、それでも数十歩登っては足を止めて息をつくことの繰り返しで、かっきーとの距離はどんどん開いていきました。頭上の雲の動きは早くなり、背後を見るといつの間にか黒い雲が空を覆い始めています。我慢の登りを続けること1時間余り、最後はハイマツに覆われた小尾根を登って黒戸尾根上部の登山道に飛び出しました。そこは山頂まで10分程の場所で、もちろんかっきーは既に山頂に立ってこちらに声援を送ってくれています。

息も絶え絶えになった私が山頂に着いたときは、仙丈ヶ岳や北岳は雲に隠れていたものの、鳳凰三山とその向こうの富士山はまだ見えていました。2011年の年末に尾白川で亡くなったかっきーの友人moto.p氏に御神酒を捧げたら、あとはテントに戻るだけです。

■17:30 七丈小屋 ■18:15 五合目

どんどん雪雲が高度を下げてくる中、それでも遡行を終えた安堵感に包まれつつ、黒戸尾根への下降にかかりました。

我々の後から二組の男女パーティーが最後のハイマツの小尾根を登ってきていましたが、いずれもこの時間に稜線に出られれば安全に下れることでしょう。気になるのは坊主ノ滝でずり落ちていた女子を含むパーティーで、奥千丈滝に入ってすぐのところで氷床にスクリューを打ってセルフビレイをとった状態で休憩していた彼らの姿をその後見てはおらず、明るい内に稜線まで抜けられるとはちょっと思えません。それでも奥ノ滝さえ越えれば、そして天気がこれ以上荒れなければ、あとはヘッデン登高でもなんとかなるでしょう。

八合目御来迎場で振り返ると、甲斐駒ヶ岳山頂は雪雲の中に隠れてしまっていました。それでも、無事に目的を果たすことができたことへの御礼として、山頂の祠に向かって手を合わせました。

五合目に戻れば温かい鍋が待っています。先に帰幕していたかっきーは既に日本酒でいい気分になりながら水を作ってくれていました。一方の私はギアを外すのも億劫なほどに疲れ切っていましたが、鍋の中身が煮えていい匂いが漂い始めれば食欲が復活しました。

2016/01/11

■07:05 五合目 ■10:40 竹宇駒ヶ岳神社

今日は下山するだけですが、「美味小家」での昼食から逆算するとあまりのんびりもできません。

二晩お世話になった五合目広場を後にして、黒戸尾根を各自のペースで下ります。昨夕甲斐駒ヶ岳山頂を覆った雪雲はどこかに消え、今日もよい天気。ワンデイで篠沢七丈瀑を狙うパーティーが上がってくるのとすれ違いながら、高度を下げました。

実は昨日の登攀中に、昨夏のミディ - プラン縦走で負傷した左足親指を再び傷めてしまっており、絶え間ない激痛に耐えながらの下りとなってしまいました。おかげで五合目から登山口まで3時間半を要しましたが、どうにか竹宇駒ヶ岳神社に無事下山の参拝をすることができました。

「尾白の湯」で風呂に浸かり、「美味小家」で厚切りヒレ定食をいただいて、山行終了。思わぬ負傷はしましたが、長年の目標を達成することができて、充実した三日間となりました。同行してくれたかっきーには、感謝あるのみです。さて、この山域での次の目標は……。

沢登りで遡行したことがあるとは言うものの、緑豊かな沢と氷の回廊とでは景観が異なり、実のところ「ここはどこ?」と疑問符が常にヘルメットの周囲を回ったままの状態でのクライミングが続きました。しかし、帰宅してから過去の写真と今回撮った写真を見比べてみると、いくつかのポイントで対比可能なアングルの写真が見つかりました。

たとえばこれは、奥ノ滝の上段の直下です。奥のブロック状の岩の形が一致していることでそれとわかりますが、今回はただの雪の急斜面であったところが、沢登りのときにはそこそこの奮闘になったのですから面白いものです。こうしてみると、もう一度無雪期に遡行してみて地形を再確認したい気持ちも湧いてきますが、まだまだたくさん課題が残されている「いつか登るリスト」を見れば、もうそうした時間的なゆとりは自分には残されていそうにありません。

黄蓮谷をアイスクライミングの対象として意識したのが自分がクライミングを始めてから比較的早い時期であったことは冒頭に記した通りですが、それはこの『日本のクラシックルート』のカラーガイドの中で唯一のアルパインアイスルートとして黄蓮谷右俣が紹介されていたからです。このカラーガイドに取り上げられているルートは、次の通り。

タイプも難易度も様々ですが、いずれも「クラシックルート」として歴史の重みを備えた好ルートばかり。どこまでコレクションを増やすことができるか、今年も頑張ってみようと思います。