湯河原幕岩

山頂  
分類 関東周辺
日程 2015/12/27
同行 トモミさん / yokkoさん / オカモトくん
概要 悟空スラブ3ピッチ(5.7)。

悟空スラブを登る……というよりは、マルチピッチ講習会の趣き。(2015/12/27撮影)

2015/12/27

■09:45-16:50 幕山公園

このところ外岩づいているトモミさんの後押しをしようと、湯河原幕岩へ。とりあえず易しいルートで「岩登り」の感覚を得るには手頃な悟空スラブを登って、残った時間でショートルートを登ろうという計画です。9時半前にJR湯河原駅に集まったyokkoさん、トモミさん、オカモトくん、私の4人はタクシーで幕山公園へ。真冬の寒々しい雰囲気でしたが、桃源郷まで登ってみれば一面のクライマーでした。

ここから悟空スラブの取付への道は何度か登っていますが、出だしが一部通行止めになっているために迂回することになりました。ところがこれがさっぱりわからず、誤って大滝フェイスに出てしまって大幅に時間ロス。仕切り直して希望峰(「帰還兵」「シャックシャイン」など)の前を通ってみれば、その先で上部へ通じる迂回路がしっかりできていました。ここから息を切らせながら長い登りをひたすら頑張って、ずいぶん高度を上げたところで右手の谷に降りたところが悟空スラブの取付です。

ここまでの登りで暑くなってしまった我々でしたが、動きを止めれば少し肌寒い感じ。ともあれ装備を身につけ、男組と女組に分かれて登り始めました。

1ピッチ目は、いずれもマルチピッチに慣れている私とyokkoさんがリード。樹林の中の冴えないスロープをなかば義理のようにランナーをとりながら登って行くと、30メートル程で上部が開けた場所に出て、そこに打たれた支点でピッチを切りました。今まで悟空スラブを登るときはここから登り始めていたので2ピッチで終わっていましたが、今回は末端からのロングバージョン=3ピッチということになります。

2ピッチ目は、マルチ初めてのオカモトくんとトモミさんのリードです。それぞれにあらかじめ「支点に着いたらああしてこうして」と口伝を与えて送り出しましたが、実はこれがトモミさんの記念すべき外岩初リードでした。

二人ともビレイポイントに無事到着、Congratulations!その後の支点構築の実践はオカモトくんもトモミさんも四苦八苦していましたが、こればかりは場数あるのみ。これを機にしっかり学習し直して、ゲレンデで先生について練習して下さい。

3ピッチ目は左に出てから傾斜のきつくなった岩尾根状を登ります。yokkoさんは重くなったロープを一所懸命に引っ張り上げては登るというガテン系の登り方をしていましたが、せっかく岩登りをするならこれくらいは傾斜がないとね。

終了点から相模湾の眺めを楽しんだら、すぐに下降に入ります。出だしで道に迷ったのと途中での講義で時間をくったのとで、既に時刻は13時になろうとしています。

懸垂下降は、まず終了点から2ピッチ目終了点まで、ついでそこから取付までがぎりぎり60メートル一杯の計二回ですみました。

悟空スラブ終了。お疲れ様でした。この後、桃源郷で昼食をとっていったん下界で御手洗を使ってから、正面壁を目指しました。本当はてんとうむしロックに行きたかったのですが、てんとうむしロックは相変わらず立入禁止状態です。

正面壁では、先日yokkoさんが登ったという「ポニーテール」(5.9)を登ることにしました。オカモトくんがリードで挑んで途中テン山となりましたが、とにかくトップアウト。その後トモミさんはトップロープで中間の垂壁手前まで。時間の都合で私はパスし、yokkoさんの「No.7ルート」(5.10b)トライをビレイしたのですが……yokkoさん、いずれまた来ましょう。

夕闇迫る頃に下界に降りて、タクシーを呼べばよいものをそのまま湯河原駅前まで40分かけて歩き、適当な居酒屋で打上げとしました。トモミさん・オカモトくんには覚えることの多かったクライミングでしたが、yokkoさんがお母さんモードで上手に指導してくれて、よい勉強になったのではないでしょうか。というわけで皆さん、来年もよろしくお願いします。