盆堀川千ヶ沢石津窪

山頂 臼杵山842m
分類 関東周辺 / 沢登り
日程 2015/08/22
同行 yokkoさん
概要 秋川水系の盆堀川支流千ヶ沢石津窪を遡行。市道山と臼杵山の間に上がって、臼杵山から荷田子峠を経て下山。

click

大滝25m。上の画像をクリックすると、石津窪の遡行の概要が見られます。(2015/08/22撮影)

ハマってしまったyokkoさんを救出。どうなることかと思った……。(2015/08/22撮影)

先週末に2週間のシャモニー旅行から戻ってきたばかりではあるものの、軽い沢登りで身体を日本の山仕様に戻しておきたいと、yokkoさんに付き合っていただいて奥多摩へ。夜には飲み会があるというyokkoさんの都合と疲労が抜けきっていない私の事情とが重なり、手元のトポの中から短かいながら大滝登攀もある石津窪をチョイスしました。

2015/08/22

■07:20 採石場 ■08:00-15 石津窪入渓点

武蔵五日市駅に7時待合せ。タクシーでアプローチを省略しようとしたのですが、運転手さんとの意思疎通がうまくいかず目指す千ヶ沢林道入口のずっと手前(伝名沢手前の採石場あたり)で降ろされてしまいました。そこから千ヶ沢林道まではよく整備された車道を30分ほど歩くことになりましたが、かえって足慣らしには良かったかも知れません。

千ヶ沢林道の入口には明瞭な標識があり、ここから路面はダートになって緩やかに蛇行しながら奥へと続きます。

10分程進んだところで、道の右側の千ヶ沢に顕著な支流が入ってくるあたりにピンクのテープがいくつか下げられており、その支流が目指す石津窪であることがわかります。沢床までは明瞭な踏み跡がついており、これを下ったところで沢装備を身に着けました。

狭く暗い雰囲気の石津窪の中に入ると、すぐにちょっとした小滝を越えるようになってきました。沢登りは私は今年2回目、yokkoさんに至っては2年ぶりですから、沢靴のフリクションを確かめながら慎重に登ります。

最初のポイントは、末広がりの滝10m。これは二段になっていて、下段は簡単に水流沿いを登ることができますが、上段は見た目やや微妙。yokkoさんは水流のすぐ右を登れるのではないかと見てとりましたが、まだこのあたりの岩の強さ・脆さがわからないので、右壁に垂れているトラロープを使って巻き上がることを選択しました。

続いて現れる二段滝は、下段の顕著なスラブの左寄りに水流を走らせていますが、乾いたスラブではなく黒光りする水流の中の方がホールドが豊富です。ここはロープを使わず、まずyokkoさん、ついで私の順にフリーで登りましたが、上部の傾斜が立ったところでは左上にあるガバホールドを見つければ身体を振りながらダイナミックに登ることができます。

上段は垂直で水流沿いは絶望的ですが、右壁の端にロープが垂らしてあり、そちらが登路であることがわかります。ここは我々もロープを出し、yokkoさんのリードで挑むことにしました。壁に近づいてまず一段上がり、垂らしてあるロープにプルージックでランナーをとって、そこから浅い凹角の凸凹をつかって足のない壁を登るのですが、yokkoさんは実に巧みに足を突っ張って身体を引き上げていきました。セカンドの私も、一段上がったところでランナーを回収してからホールドを探ってみると、凹角の左側のホールドはやや甘い感じ。そのかわり右手を思い切り伸ばしたところに絶好のガバがあり、これを使って凹角の上へ強引に乗り上がりました。

■09:20-55 大滝25m

二段滝からほんのわずかで、本日のハイライトである大滝25mが見えてきました。思ったよりも大きい!そして思ったよりも立っています。この滝を登るために今日は40mロープを持参しているのですが、まずはオブザベーションから。滝の上から4分の1くらいのところに小さいテラスがあり、そこにスリングが残置されているのが下からも見えていますから、まずはそこまでどうやって登るかを考えることになります。水流は滝の左端をちょろちょろと落ちており、そのすぐ右のカンテが登れそうですが、私の見立てはカンテの右側の凹角です。ところが、yokkoさんはさらに右の白くふくらんだ岩の段々を登るラインを提案しました。言われてみればそちらも登れそうに思えるので「やってみなはれ」と送り出したのですが、これはあまりよくなかったよう。登り始めた途端にyokkoさんの表情に後悔の色が浮かびましたが、さらに右端からテラスに向かって滝の中央へトラバースするところで予想外の傾斜とホールドの甘さのために行き詰まってしまいました。ピンチ!

yokkoさんは何度か意を決して動きを起こそうとするものの、そこまでランナーがとれていないのでリスクが大きすぎるためにやはり動けず、クライムダウンも困難な状況。そういう目には私もこれまで何度か遭っているので、yokkoさんの心理状態は手に取るようにわかります。あのままではすぐに力尽きてしまうのは必定ですが、yokkoさんはピトンもハンマーも持っていないので、セルフビレイをとることもできません。そこで、yokkoさんが多少安定した立ち位置にいることを確認してからビレイ体制を解き、私が凹角から登ってyokkoさんより高い位置にあるテラスに達して、上からyokkoさんを引き上げることにしました。

凹角を登る途中でyokkoさんの立っているところを真横から見てみると、行く手をハングで塞がれ、これと言ったハンドホールドもなく、足も外傾している状態で、あれでは確かに進めるわけがありません。

テラスの手前には残置ピンが一つ。フリーソロ状態ではありますが、御守り代わりにクイックドローを掛けてからさらに数歩上がってテラスに達すると、そこには残置ピン2本にスリングがセットしてあり、安定したビレイ体制に入ることができました。これで安全を確保されたyokkoさんは悪いトラバースをどうにかこなし、無事にテラスまで。ここから滝の落ち口までは、水流の中に細かいながらもしっかりしたホールドを求めて登ることができ、難なく滝の上に立つことができました。

大滝の上には、もうこれと言った難所はありません。7m滝が大滝の上では最大のものですが、これもやや脆い左壁から簡単に抜けることができます。

緊張から解放されて穏やかになった渓相の中をゆっくり登れば、こんな風に岩を貫く木の根の生命力や、その木の梢の高さにも目が行くようになってきます。そう言えば、徐々に空が近くなってきたような気がします。これは遡行終了が間近だという印でしょう。

■10:35-11:00 遡行終了点 ■11:35-55 臼杵山 ■12:55 荷田子峠 ■13:25 瀬音の湯

二股を過ぎ、ツルツルの5m滝を難なく越えて少し進むと、行く手に植林地が見えてきました。

そして唐突に水が枯れ、そこに明瞭なケルン。ここで遡行を終了することにし、左手の小尾根に上がって沢装備を解きました。ここから市道山・臼杵山間の登山道まではピンクテープの印に導かれ、ふくらはぎの悲鳴を聞きながらの急な登りとなります。

引き続ききついアップダウンの後に臼杵山に到着。沢登りそのものよりも、この一般登山道でのアップダウンに絞られた感じです。夏の暑いさなかにこの低山をハイキングする酔狂な登山者はおらず、結局この日は山の中では我々以外の誰にも会うことがありませんでした。

臼杵山山頂の一角にある臼杵神社。ここには30年前に来たことがありますが、そのときにいた「カバみたい」な狛犬(猫?)は退役してはいたもののまだ祠の横に鎮座していました。懐かしい。

臼杵山からの下りは驚くほどの急降下で、これもまた沢登り以上に緊張しましたが、やがて道は緩やかになって荷田子峠に達し、さらに15分の下りで下界となります。その出口には電気が流れているというネットが張り巡らされており、掲示されている「通りかた」の解説が今ひとつ意味不明だったために、決死の覚悟で(?)出口を開けることになりました。

最後は十里木の「瀬音の湯」で風呂につかり、生ビールで乾杯して〆。終わってみれば石津窪は、コンパクトな中に歯応えのある滝を次々にかけて面白い沢でした。yokkoさん、お付き合いいただきありがとうございました。