富士山

山頂 富士山3,776m
分類 関東周辺
日程 2015/07/25
同行  
概要 トレーニング山行として富士山へ。富士スバルライン五合目から吉田口山頂に登り、お鉢巡りをしてから富士スバルライン五合目へ下る。

富士スバルライン五合目から見た下界の山々。左に南アルプス全山が連なり、中央から右へ八ヶ岳と奥秩父。(2015/07/25撮影)

お鉢の西北側から見た南アルプス全山。いつかまた、あの長大な山並みを縦走してみたい。(2015/07/25撮影)

2015/07/25

■10:05 富士スバルライン五合目 ■13:35-50 吉田口山頂 ■14:20-40 浅間大社 ■14:50 剣ヶ峯 ■15:20-30 吉田口山頂 ■17:35 富士スバルライン五合目

二週間前と同様、日帰りでの富士山トレーニングに向かいました。

こんなに富士山頂がクリアに見えているのは珍しい。周辺の山々もきれいに眺めることができて、これは観光客の皆さんも大喜びだったでしょう。私はと言えば、またしても協力金を支払って(お布施のようなものだと思っています)から登山道へ。

この日、東京では猛暑だったようですが、富士山の中腹は登山向きの適温。時折涼しい風も吹いていました。

たまに思い出したように下からガスが吹き上げてきていましたが、それでも最後まで好天が損なわれることはありませんでした。

大賑わいの吉田口山頂到着。山口屋でしょうゆラーメンをいただいてから、いつもとは逆に時計回りにお鉢巡りを始めました。

浅間大社奥宮で新しい御守りをいただいてから、念のため「昨年いただいた御守りはこちらへお返しすればいいんですよね?」と聞いたところ「いえ、お近くの氏神様へ」と意外な答が返ってきました。えっ、そうなの?昨年は問題なく引き取っていただいたのに。

まあそれはそれとして、どうも今回は空気の薄さが身体にこたえます。二週間前に登ったときよりもむしろ今回の方が息苦しさを感じるのは、どういうことなんでしょうか……。

それでも頑張って剣ヶ峯に達しましたが、測候所跡の階段には長蛇の列ができていたのでさっさと先に進むことにしました。

吉田口山頂に帰還。さすがにこの時刻になると登山客の数は少なくなっていましたが、それでも山口屋前は縁日のような風情で、特に外国人登山客を当て込んだ英語の説明書きが目を引きました。

あとはのんびり下るだけ。これで、来週末からのヨーロッパ山行に向けた高所トレーニングはおしまいです。明日は午前中買い出し、午後はパッキングの予定。