北秋川シンナソー

山頂  
分類 関東周辺 / 沢登り
日程 2015/05/31
同行 チオちゃん
概要 藤倉バス停からすぐにシンナソーに入渓。遡行終了後、浅間尾根から下山。
シンナソーの遡行。ピンポイントの滝を無難に越えれば、あっという間に終わってしまいます。(2015/05/31撮影)

本稿での滝の同定は、山と渓谷社『東京起点沢登りルート120』の記述を参照しています。

今年最初の沢登りは、沢友チオちゃんと奥多摩で最もお手軽な沢のひとつ、北秋川水系のシンナソーへ。昔からこの沢の名前は不思議で、今回遡行するにあたっていろいろ調べてみたのですが、やはり誰も名前の由来がわからないようです。おそらく「ソー」は「沢」のことだろうとは見当がつくものの、では「シンナ」は何?また、尾根を挟んで反対側のヒヤマゴも沢の名前としては相当にファンキーで、ガイドブックによってはシンナソーを遡行してからヒヤマゴを下れば充実すると書かれているものもありますが、実際にそうした記録を検索するとお勧めできない的な評価に終わっていたので、ここはおとなしくシンナソー終了後は南秋川側に下って風呂とビールに期待することにしました。

2015/05/31

■08:40-45 藤倉 ■08:50-09:10 北秋川入渓点 ■09:15 シンナソー出合

ホリデー快速あきがわ1号に乗って新宿から武蔵五日市まで楽々到着したのはよかったのですが、これでは次のバスまで2時間待たなければならないタイミングになってしまいました。仕方なく奮発してタクシーでのアプローチ。藤倉バス停まで6,400円(1台)の出費です。

四つ辻でタクシーを降りて、北秋川沿いに上流方向へほんの少し歩けば……。

ガイドブックに「廃屋」と書かれた家。表札もあり廃屋っぽくはありませんが、人の気配がないのをいいことに建物の上流側の階段を下りて河原に出ることができました。

狭い河原で身繕いをして、いよいよ出発。じゃぶじゃぶと北秋川を上流に進んで5分もしない内に、右岸に小さな滝が落ちてくる場所に着きました。目立たないこの小滝が、シンナソーの入口です。

■09:25 三段10m滝 ■10:05 三段15m滝

出だしから小滝の連続となりますが、しばらくは廃棄物なども目立ってあまりいい雰囲気ではありません。さらに倒木が覆いかぶさってきたりして遡行感度はイマイチですが、短い流程の中に小滝が続くのでそれなりに楽しめます。

やがて出てくるのが最初の核心部、三段10m滝(下の写真)です。まずはチオちゃんがトライしましたが、事前の情報の通り中段の一歩が難しく先に進めません。シーズン最初なのでフェルトソールのフリクションが信じられないのは無理もなく、しばらく逡巡した後で私にバトンタッチ。そういう私も少し冷や汗をかきながら、微妙なバランスで中段をこなして滝の上に抜け、上からロープを垂らしてチオちゃんを迎えました。

しばらく伏流の上を淡々と歩き、やがて水音が復活したところでちょっと立った黒光りする5m滝にぶつかりました。しかしここは水流の左側が階段状で、ホールドを確かめながら登れば問題ありません。

その後も倒木がうるさい沢筋を進み、さらに狭いゴルジュ状を抜けると、前方に再び手応えのありそうな滝が現れました。

これが最後の核心部となる三段15m滝(右の写真)で、狭い岩溝を水流が落ちてきているような滝の形はそれほど危険を感じさせません。しかし、ここはチオちゃんが「年長者に先を譲る」という日本的美徳を発揮してくれて、またしても私がありがたくリードさせていただきました。

簡単に一段上がってから、中段は丹念にステミングで上がって、一手遠いところを思い切り右手を伸ばしてガバをつかみ、乗り上がって解決。上段は岩溝の中に足を突っ込んで身体を岩の形状に沿うように斜めにしながら登り、最後の段差を問題なく右上に抜けて落ち口の安定した場所に立ち、後続のチオちゃんを引っ張り上げました。ここは高さもそれなりにあり、楽しい滝でした。

小滝をもう一つ越えると沢筋に傾斜がなくなり、その代わり倒木がまたしてもうるさくなってきました。二俣の手前あたりで右岸を尾根まで抜けられそうな斜面が広がったので、沢筋を離れて左上を目指して土の斜面をひたすら登りましたが、さほどの時間もかからず藪漕ぎもゼロで、尾根上に出ることができました。さらに数メートル歩けば、藤倉バス停の方向を示す指導標があり、ここで装備を解くことにしました。

■10:50-11:20 登山道 ■11:45 数馬分岐 ■12:00 浅間の湯

この尾根は浅間尾根上の藤倉分岐から出発点の藤倉へ直接下る道になっていますが、道の下部が崩壊していて危険だという情報を事前につかんでいたので、いったん浅間尾根に上がり、南秋川の数馬方面へ向かうことにしました。

指導標から浅間尾根まではほんの5分程度。そこから西の方向へ起伏がなくよく整備された道を歩くと、尾根上に「サル石」という岩塔が突き出ている場所に着きました。高札を見るとサルの手形のついた大きな石。サルの手の形はよく探せばわかるよ!と書かれていましたが、いくら目を凝らして探しても見つかりません。おかしいなと思いながらもう一度高札を見てみると、わかるよ!の下に小さく「全くわからん」と落書きがしてありました。見つけられないのは、我々だけではないのね……。

地図によれば藤倉分岐から数馬分岐までは40分となっていましたが、実際にはたったの15分で着いてしまいました。してみると、この「40分」にはサル石でサルの手形を探す時間も含まれていたのかな?などと冗談を言い合いながら、これまた緩やかに下る歩きやすい道を浅間尾根登山口に向けて下りました。

計画では、浅間尾根登山口のバス停に着いたところで、武蔵五日市駅行きのバスがすぐに到着するようなら十里木の「瀬音の湯」へ、逆にバスがすぐには来ないようなら数馬まで歩いて「数馬の湯」に入るつもりだったのですが、浅間尾根登山口へ降り着く手前に「浅間の湯」という想定外の施設がありました。これは嬉しい誤算です。

気持ちの良い風呂に浸かり、こんにゃくをアテにビールをいただいてほっと一息。極楽です。ここで蕎麦をいただくのも一案でしたが、次のバスの時刻がそこまでのゆとりを持っていなかったので、食事は武蔵五日市駅近くのおなじみ「魚鶴」までお預けとしました。

あらかじめ予想されたことではありましたが、シンナソーはあまりに短かく、しかも倒木がうるさい場面が多くて、沢登りとしては少々物足りないものがあります。しかし、遡行終了後の浅間尾根の歩きやすい道を辿るハイキングと下山後の風呂・ビールに力点を置けば、一味変わったアプローチルートとしての価値があるかも知れません。さすがにもう一度シンナソーを遡行しようとは思えませんが、その代わりお隣のヒヤマゴを、シンナソー遡行後の下降路としてではなく「浅間の湯」へのアプローチとして積極的に楽しめるかどうか調べてみようと思いました。