小川山廻り目平「春のもどり雪」

山頂  
分類 関東周辺
日程 2015/05/02-03
同行 yokkoさん / チオちゃん
概要 廻り目平でボルダリングと焚き火とポトフとマルチピッチ「春のもどり雪」。その後にチーズケーキとお風呂と蕎麦。

犬岩。手も足も出ませんでしたが、久しぶりの岩の感覚をそれなりに楽しみました。(2015/05/02撮影)

「春のもどり雪」最終ピッチに挑むチオちゃん。途中のクラックにカム#1が使えます。(2015/05/03撮影)

5連休の最初の二日は小川山で岩遊び、残り三日は北アルプスの雪稜というゴージャスなプランを立てた私。「北アルプス」のルートが異なるもののほぼ同じプランとなったyokkoさんとチオちゃんと共に、金曜日の夜発で小川山に向かうことにしました。yokkoさんは横浜市内の自宅を車で出て品川区内でチオちゃんをピックアップし、さらに渋谷区内で私を23時30分に拾ってくれる手はずとしたのですが、待ち合わせの時刻の少し前にチオちゃんから電話が入りました。

チ「あのー、エアマットって余分にお持ちじゃないですか?」私「ごめん、穴あきのしかないよ」

さらに数分後にもう一度電話。

チ「ピッケルの予備、あります?」 私「!?」

ま、アックス類なら数本あるので無問題。しかし、北アルプスに行くのにチオちゃんいい度胸してるなと思いながら待ち合わせ場所で二人と合流したら、エアマットを忘れたのはチオちゃんでしたが「ピッケルとストックを忘れた」と恥ずかしそうな顔をしていたのはyokkoさんの方でした。だ、大丈夫か?と言いつつ、実は私も危うく出がけになってサングラスと地図を忘れかけていたことに気づいていたのでした。

そんなこんなはありましたが、無事に3時過ぎに廻り目平キャンプ場に到着し、とりあえずはテントを張って就寝ということになりました。

2015/05/02

■03:00- 廻り目平

8時に目を覚ましてみると、事前の約束通りセキネくんとオカモトくんがそこに待っていました。彼らはこの日の日帰りでボルダー三昧という計画です。

運転のためにほとんど寝ていないyokkoさんは、しかし元気一杯で二人の男子を引率し、林の奥へと消えていきました。一方の私は、今回はリハビリ&のんびりモードでいくと決めているので、午前中はテントでまったりすることにしてそのままシュラフに戻りました。ところが、この日の廻り目平は(と言うより日本全国的に)季節外れの暑さ。意識を取り戻してみればほとんど熱中症寸前でした。これはイカンとテントから這い出し、しからばと薪集めを始めたのですが、倒木の太い幹を欲張って運んでいる内に今度はそれだけで腕が終わってしまいそうになりました。

登らなくても廻り目平は過酷な環境なのだなと変に感心しているところへ、チオちゃんが戻ってきてくれました。重い腰を上げて皆の後を追うと、yokkoさんと男子二名は「石の魂」にトライ中。長身のセキネくんならランジ一発で解決ではないのか?と思いつつも(嘘です)私にとっては百万年早い課題なので、チオちゃんに頼んで犬岩へ連れて行ってもらうことにしました。

その名の通り犬の顔のような形をしたこの岩には以前一度取り付いたことがありますが、そのときには触っていないトラバース課題に挑むことにしました。冬の間は足の故障のためにクライミングシューズを履くことができず、やっと先日4ヶ月ぶりにジム練を再開したばかり。まして外岩に触れるなんて、何ヶ月ぶりだろう?……などと言う感慨はすぐに消えて、手も足も出ない自分にムカつくばかり。何度も挑戦を繰り返した末に、「今日はこのへんにしておいてやる」と捨て台詞を残して転進することにしました。

向かった先は分岐岩。こちらもやはり、これまで何度かトライしているトラバース課題にトライしました。今度はいい線まで行ったのですが、最後の左足への乗り込みができずに惜しいところで没となりました。

まあ、今日はこんなものでしょう……とマットに横になれば、頭上には爽やかな風が吹き渡る空。

ああ、平和だな。

翌日に腕力を温存したい私とチオちゃんは、ここで切り上げて薪を拾いながらテントに戻りました。yokkoさんたちはヴィクターに移動していて、私たちより1時間後にテントの前に戻ってきましたが、目立った収穫はなくてもそれぞれに楽しんだ様子です。ここでセキネくん・オカモトくんとはお別れで、残る3人は宴会モードにスイッチを切り替えました。

着火するにはティッシュ1枚とライターで足ります。

今年最初の焚き火は威勢良く燃え上がってくれました。

主婦力を誇示するyokkoさんに対し私はあらかじめ「一升瓶を三本担いでいけばいいですか?」と打診していたのですが、そちらは固辞されたのでビール6本とワイン1本を供出しました。

チオちゃんは金峰山荘から借りたダッチオーブンで豪勢にポトフを作り、2本目のワインが空く頃には3人とも(私だけ?)へべれけになっていました。

2015/05/03

■-14:40 廻り目平

一晩明けて5時半に起床すると、あたりはもうすっかり明るくなっていました。

各自用意した朝食に前夜のポトフの残りを加えて腹ごしらえをした後、ヘルメットやハーネスを身につけて昨日とは別人の重装備となりました。今日はマルチピッチを登ることにしており、それも親孝行な娘二人が私を引っ張ってくれることになっているのでした。

向かった先はヴィクターの先、八幡沢の左岸。懐かしい「トムといっしょ」の左手高いところに見えている岩塔を目指す「春のもどり雪」(5.7-4P)が今日の目当てです。ここはクライミングを始めてすぐの頃に登ったことがあり、それからもう14年がたつのですが、岩の形などはしっかり記憶に残っていました。

最初の2ピッチはyokkoさんのリード。ロープを2本引いて離陸していきましたが、スラブ登りに慣れていないためにずいぶん怖い思いをしたようです。出だしの階段状を登ったところでクリップして、そこからの数メートルが摩擦係数頼みで確かに勇気を要しますが、この日も前日同様によく晴れて空気も乾いており、クライミングシューズのフリクションは抜群に効きました。

もっこり膨らんだスラブの右に上まで続くルンゼの途中で一度ピッチを切って、続く2ピッチ目もやはりスラブです。

途中の段差にあるたった一つのハンガーボルトにクリップしたら、左へダイクを辿ってトラバースすれば頭上の薄いフレークを使って安心して進むことができますが、ここはリーチがないとつらいかも知れません。yokkoさんも、クリップしてから目の前の凹角を進むか左へ出るかでずいぶん逡巡していました。

3ピッチ目からはチオちゃんのリード。やはり手がかりのないスラブの洗礼を受けて、出だしの何でもないところで右往左往して時間を使ってしまいましたが、そこを突破した後はスムーズにロープを伸ばしていきました。

4ピッチ目は、岩塔の基部から垂直に伸びる短い凹角を登るだけ。その足元にある木がグラついているので、yokkoさんは手前のしっかりした木にセルフビレイをとって確保態勢に入りました。

見栄えのする立ったオープンブックを颯爽と登るチオちゃんとyokkoさん。一歩上がればガバがあり、また中間の安定して立てる位置(左の写真)にあるクラックにカム#1を効かせられました。

これで登攀終了。最後のラペルステーションの上は広場状になっており、そこまで進んで腰を下ろして休憩としました。ほっと一息ついて「いやー、怖かった」という表情のチオちゃんでしたが、実はこれで終わりではありませんでした。ラペルステーションに戻ってロープを捌き、半分を私、半分をyokkoさんが持ってまずyokkoさんから投げてもらったのですが、そのロープの束は見事に眼下にある木の枝に引っ掛かってしまい、引き抜こうにも絡みついて動きません。もう少し右に落とせば普通にスラブを滑り落ちてくれたはずなのに……。それでも、まず私が下って空中からその木に取り付き、木登りの要領で手を伸ばせばロープの結び目をほどくことができました。やれやれ、どうなることかと思った。

ちょうどこの頃、後続の男女二人が2ピッチ目を登ってきており、4ピッチ目と3ピッチ目をつないで下る我々と交差することになったので、先に2ピッチ目終了点のラペルステーションに着いた我々はその二人が上に抜けるまでそこで待つことにしました。ところが、このうち女性の方がなかなかファンキーな人で、3ピッチ目を登っていった男性が上から「あと何メートル?」と問いかけてきたのに対し、足元に積み上がったロープのかたまりを眺めて「ぐしゃぐしゃでよくわかんないな。あと7メートル!」と適当にコール。えっ?どう見たって半分くらい残っているけど、と思っているとyokkoさんがロープのマーキングを目ざとく見つけて「その黒いのは半分の印では?」と指摘し、それを聞いてくだんの女性は「あっ、そうですね。あと20メートル!」といきなり残りの長さを3倍に修正しました。すごい度胸だ……と感心している内に上からコールがかかり、どうやら男性は無事に終了点に着いたようでした。

あとは2ピッチの懸垂下降を残すだけ。結局、登り2時間余り、下りにも2時間近くをかけることになり、これでお腹一杯という感じです。「癒し系」のつもりで取り付きましたが、二人にとっても大いに楽しめた(?)模様で何より。

テントに戻って荷物を片付け、満杯の駐車場の中でテクニカルな切り返しを多用してここを脱出すると、フリーモードは終了です。天気予報では翌日の夜に前線の通過のため北アルプスは雨。yokkoさんたちは松本で一日レストして残り二日で西穂高岳を目指すことにしましたが、白馬方面に行くつもりだった私は相方と連絡を取り合ってあっさり中止にしてしまいました。雨の中でのテント泊がいやだったということもありますが、それ以上に今年の北アルプスの雪稜ルートはどこも雪解けが進み過ぎているという情報を得ていたためで、そこに雨が降ったのではますます藪のうるささや腐った雪の処理に苦しむだろうと諦めたのでした。

「清里チーズケーキファクトリー」で美味しいチーズケーキをいただき、「たかねの湯」で快適な風呂に浸かり、「そばきり祥香」でコシのある蕎麦をいただき(本当は3人とも焼肉LOVEモードだったのですがどこも満杯で入れず)、そして小淵沢で二人と一人に別れました。yokkoさん・チオちゃん、ありがとうございました。西穂はくれぐれも気をつけて。