岩殿山

山頂 岩殿山634m
分類 関東周辺
日程 2015/04/12
同行  
概要 大月駅から岩殿丸山公園を経由して岩殿山頂へ。そこから一旦少し下って稚児落し経由、大月駅へ戻る。

下界から見上げる岩殿山。これだけ駅から近くにある山も珍しい。(2015/04/12撮影)

中腹の岩殿山丸山公園。さくら祭りの最中でした。(2015/04/12撮影)

稚児落し。ボルトキットとアブミを持って来ればよかった(嘘)。(2015/04/12撮影)

中央自動車道を甲府盆地に向かうと、大月あたりで右上に見上げる位置に立派な岩壁を聳えさせているのが、岩殿山です。その見栄えに加えて、戦国時代にこの地を支配した小山田氏の居城があった要害の山でもあり、機会を作って一度は登ってみたいものと思っていましたが、ちょうどこの週末の天気が日曜日のみハイキング日和となったため、計画していた仙ノ倉山北尾根は棚上げにして岩殿山に登ることにしました。

2015/04/12

■10:40 大月駅 ■10:55-11:00 岩殿山丸山公園 ■11:15 岩殿山

事故のために山手線が止まっていたので、井の頭線で吉祥寺に出て、三鷹から特急「かいじ」に乗りました。車内には、ハイカーと大陸系外国人の姿が目立ちます。

岩殿山は大月駅のホームからも見えていて、まず道に迷う心配はありません。駅前の道を左(東)に向かい、踏切を渡って山に向かえば、車道が山の中腹を緩やかに右上しており、その途中から山道に入ります。少し上がったところに山門があり、その前の小広い位置から早くも白い富士山の姿が見えてきました。

すぐに着いたのが、岩殿山丸山公園です。さくら祭りの最中で、まだまだ見事な桜を眺めることができます。

公園内の小高い位置から大月市街を見下ろすと、その向こうにはやはり富士山、そして振り返れば岩殿山の岩壁が見事に立ち上がっていました。道はここからジグザクに山の中腹を駆け上がっていくことになります。この日は高曇りですが、気温は汗ばむほど。この登りですっかり暑くなってしまいました。

登山道の途中から見上げると、つるりとした岩壁がかなりの角度で立ち上がっています。その高度差はおよそ150メートルですが、実は礫岩で脆く、クライミングの対象にはしにくいようです。

自然の岩を門として用いた「揚城戸」を過ぎればわずかの登りで頂上部に出られて、そこからほぼ水平の歩きを少しで展望の良い山頂に着きました。山頂には石碑と案内板、それに東屋があり、先ほどと同様に大月市街やその先の富士山の展望も抜群。

さらに近くには広場もあって、大勢のハイカーがシートを広げてお弁当をつかっていました。このあたりの平坦地は城の一部として様々な施設が置かれていたらしく、随所にそこに何があったかを説明する標識が立っていました。さらに先に進むと「烽火台」とされている高い場所があって、おそらく先ほどの「山頂」よりもこちらの方が標高が高いように思えるのですが、あいにく通信施設に占拠されていて山の風情は著しく損なわれていました。

■12:10 天神山 ■12:25 稚児落し ■13:10 大月駅

山頂から元来た道をいったん途中まで下って、分岐から西方向へ縦走を開始。目的地は、稚児落しと呼ばれる岩壁です。

よく整備されて歩きやすい登山道を下り、南北から道が上がってきている筑坂峠を越えて緩やかなアップダウンを繰り返すと、小さな鎖場が出てきました。

さほど難しくはありませんが、逆方向からの下りになれば緊張するであろう程度には難しい鎖場を越えると、ツツジがきれいに花をつけていました。この後も、何箇所かでこのピンクの花に癒されることになります。

やがて、岩壁の中腹につけられた細いバンドを渡る場所に着きました。先ほどの鎖場でも渋滞していましたが、こちらは向こうからやってくる登山者がいてさらに待機時間が長くなりました。しかし、バンドの山側には手すりやロープが設置されているので、落ち着いて渡れば危険はありません。このバンドを渡り、さらに鎖を頼りに急なガリーを登ると、再び歩きやすい縦走路になります。

そして、しばらく進んだ先の展望が開けた場所から振り返ると、岩殿山がもう遠くなっていました。さらに先を急げば、岩殿山の岩壁に勝るとも劣らない稚児落しの岩壁が姿を見せます。これは、本当に立派。

「稚児落し」という物騒な名前は、武田勝頼を裏切ったために処刑された小山田信茂の側室・千鳥姫が岩殿山城を脱出してここまで来たときに赤子が泣き出したため、追っ手に気づかれることを恐れた家臣が赤子を取り上げてこの断崖から投げ落としたという伝承に由来するのだそうです。確かに、ここから落とされては大人であってもひとたまりもありません。そんな悲しい伝承も知らばこそ、ハイカーの皆さんはここでも三々五々シートを広げてランチとおしゃべりに余念がない様子でした。

稚児落しからは概ね緩やかな下り道が下界を目指しており、車道に出たらGoogle Mapsの力も借りて大月駅を目指すだけ。

最後に跨線橋の上から再び岩殿山を眺めて、これで2時間半の山旅は終了です。このコースは見所がコンパクトにまとまっている上に、気持ちの良い高度感を終始味わうことができ、そして展望にも恵まれていて素晴らしいハイキングルートでした。ただし標高が低いので、夏は避けて桜の時期か晩秋に登るのが良さそうです。

さて、今回の山行の目的のひとつは、先日購入したアプローチシューズの足慣らし(靴紐の締め方に改善の余地がありますが気分良く歩けました)、そしてもうひとつはGoProのテストでした。いつもGoProはバッテリーのもちの悪さに泣かされるのですが、今回は思いついてiPhone用に購入してあったモバイルバッテリーをウエストポーチに入れてケーブルでつないだ状態でチェストハーネスに装着してみました。結果はご覧の通り、山行の最初から終わりまで撮影が途切れることはなく、しかも終了時点でGoPro本体もモバイルバッテリーも残存エネルギーにはまだまだゆとりあり。寒さの影響を管理できれば、この手は様々な山行で応用がききそうです。