芦安上荒井沢の氷瀑

山頂  
分類 南アルプス / アルパイン
日程 2015/02/14
同行 かっきー
概要 先月に足を運んだもののビギナーズの「ステップアップ」だけに終わった芦安上荒井沢の氷瀑へ。今回はカモシカルンゼを途中まで登って、同ルート下降。

カモシカルンゼ1ピッチ目は私のリード。氷の表面に薄く層ができている感じで、アックスを決めるために繰り返し打込みが必要でした。(2015/02/14撮影)

カモシカルンゼ2ピッチ目は、かっきーの安定したリードで落ち口まで。その先もしばらく氷瀑が続き、もう1ピッチ伸ばすことができました。(2015/02/14撮影)

先月下旬にカモシカルンゼ目当てで芦安上荒井沢の氷瀑に足を運んだものの、不完全燃焼に終わってしまったかっきーと私。敗因は出足の遅さだ!と喝破した我々は、今回は金曜日の24時に高尾駅前で待ち合わせ、現地近くの道の駅で車中泊の後、目的の滝に一番乗りする作戦に切り替えました。予定通り2時過ぎに「道の駅しらね」に到着し、近くのコンビニで夜食のおでんを仕入れて車中で温まってから寝ようとしたのですが、寝酒を始めたかっきーの勢いが止まらなくなってしまいました。半ば呆れつつ「お先に」とシュラフに潜り込んだ私でしたが、かっきーは結局3合ほども飲んだ模様。そのことが後に悲劇をもたらすことになるとは、このときのかっきーは夢にも思っていなかったでしょう。

2015/02/14

■07:45 桃の木温泉の奥 ■08:25-11:55 カモシカルンゼ ■12:20 桃の木温泉の奥

6時半に目覚ましの音で起床。ゆったりコンビニで朝食をとってから、芦安温泉の奥へと車を進めました。

しかし、駐車スペースには既に車が2台。その内の1台の主は既に出発した後のようです。さらに、我々が身支度をしている間にも1台がやってきました。皆さん、早過ぎます……。

3週間前に歩いたばかりの林道を渡渉混じりで進むと、すぐにトリコルネを対岸に見る場所に着きました。一番早く行動を開始していたパーティーが既にその取付で登攀の準備を終え、今にも登り始めようという態勢でしたが、幸い、そこから先の林道には新しい踏み跡はなく、カモシカルンゼへは我々が一番乗りということになりました。

1ピッチ目は、私のリード。このF1は50メートルロープでは抜けきれないため、途中でピッチを切ることになります。出だしは右の岩沿いを登り、途中から滝の真ん中の60度程の緩やかな凹角を辿って、30メートル程の位置からのIV級セクション(70〜75度)は右上(左岸)へ。緩やかなパートはスクリューを節約できそうではありましたが、手持ちのスクリューの残り本数と先行きとを慎重に確認しながら、可能な限りランナウトしないようにランナーをとっていきました。そして、IV級セクションの出だしには長めのスクリューを入れてからこの核心部にかかりましたが、それまで緩やかなパートでは氷の表面に層ができていてアックスを決めるために何度も打ち込まなければならなかったのに対して、こちらは氷がしっかりしている上に先人の作った窪みが残っていて、打込みではなく引っ掛けで無理なく身体を引き上げることができました。

傾斜が落ちたところに残置スリングが複数残されており、そこまででロープ長は45メートル。ここでピッチを切り、後続のかっきーを迎えました。

2ピッチ目はかっきーのリード。F1の残りを落ち口まで。ここも傾斜はそれほどきつくはないのですが、高度感があって緊張感が心地よいピッチです。落ち口の左岸側灌木にしっかりした支点(残置カラビナ付き)があり、そこまでかっきーはなんの淀みもなく登って行きました。

ここで奥を見ると、間近に8メートルIV-のF2、そして奥に立派な滝(おそらく20メートルF4)。事前の情報では奥の氷結が悪いということだったので、登り始めの時点での申合せは、このF1を登ったところで懸垂下降で取付に戻り、オーダーを交代してもう一度登ろうというものだったのですが、これを見ればやはり奥まで進みたくなってきます。順番としては、私のリード。F2は階段状の凹角を特に不安なく登り、さらに下からは見えていなかった小さいF3(III級)を越えて、F4の下でピッチを切りました。

頭上、両岸が狭まったところへ滝がせり上がってゆくF4は高さがあって見栄えもありますが、上の数メートルがツララの集合体になっていていかにも脆そう。左側は水も滴っていて、あまりお近づきになりたくない感じ。左手をドライツーリング混じりか?しかし、そこまで行けばきっとハングしているんだろうな。うーん、これはどうしたものか。

順番からするとここはかっきーの出番ですが、後続してきたかっきーは先ほどから何やらモジモジしています。実は、昨夜の飲酒の影響が出ていて、お腹が緩くなってしまっている模様。ここまで登ってくる途中でも力んだ拍子に「あっ!モレた」などと悲鳴を上げていたのですが、さんざんためらった末に、ここまで後続が登ってくる気配がないことを確認するとやおら端の方の雪を掘り始め……(以下略)。

……どうにかすっきり復調なったかっきーでしたが、相変わらずツララの集合体は険悪な雰囲気を醸し出しています。一応途中まで偵察に行ったものの、かっきーもこれはやめておこうと決断。そうなれば、後は下るだけです。F4の足元にはありがたいことにアバラコフが作られてあり、ここからF1の落ち口までが1ピッチ。そしてF1全体も1ピッチで下りきることができました。

F4を登れなかったのは少々残念ですが、ヒロケンさんの『チャレンジ!アイスクライミング』でもこの滝は氷結状態が悪く、グレードは一定しないとされているので、無理をしないのが吉、なのでしょう。ともあれ、前回の不完全燃焼を解消できて自分としては満足。楽しい半日となりました。

後は例によって、甲府の「美味小家」へ直行です。もともとヒレ好きの私だけでなく、ロース派のかっきーも厚切りヒレかつ定食にしたのは、脂がお腹に与える影響を考慮したもののようでしたが、これまた素晴らしい味わいでした。なお、F4登攀を断念した背景に、「美味小家」のランチタイム(14時まで)に間に合いたいという計算が働いていなかったと言えば、嘘になるかも知れません。