芦安上荒井沢の氷瀑

山頂  
分類 南アルプス / アルパイン
日程 2015/01/25
同行 かっきー
概要 日帰りで手頃なアイスはないかとガイドブックを探して、芦安上荒井沢の氷瀑へ。カモシカルンゼが目標だったものの、先客がいたためにビギナーズの「ステップアップ」だけに終わる。

ステップアップ1ピッチ目。見た目は傾斜が寝ているようですが、取り付いてみると意外に立っていました。(2015/01/25撮影)

ステップアップ2ピッチ目。短いように見えて、上からビレイポイントを見下ろすとそれなりに高さがありました。(2015/01/25撮影)

2015/01/25

■08:40 桃の木温泉の奥 ■10:00-13:50 ビギナーズ ■14:40 桃の木温泉の奥

例によってかっきーと朝6時に高尾駅前で合流し、故障に喘ぐかっきー号をだましだまし中央道を走りました。

芦安温泉の先、さらに桃の木温泉まで進んで林道を奥へ入り、猟友会のおじさん(?)のアドバイスで沢筋がイデノ沢と御勅使川の二手に分かれ巨大な堰堤が見られる地点まで車を進めました。目指す氷瀑は、正面(左寄り)の御勅使川の僅かに上流に左(右岸)から入る上荒井沢沿いにつけられた林道をさらに上流へ進んだ先にあります。

林道と言っても荒廃しており、もはや車の通行は不可能。とはいえ、最初に数回の渡渉があって凍った岩に足を滑らせて尻餅をつく場面もありましたが、その後は概ね安定した道の形をとどめていて、歩く分には支障がありません。ゆっくり30分ほども歩いたところで、左岸にかかっている立派な氷瀑=トリコルネに達しました。3人パーティーのリードがちょうど落ち口に達しようとしているところでしたが、中段から上、たぶん15メートルほどは体感的に垂直に感じられるであろう、この見栄えのする滝の様子には目を見張らされました。

……が、トリコルネは見るだけにして、さらに林道を先に進みます。

今回の目当ては、カモシカルンゼでした。顕著なF1を林道すぐの位置にかけるこれまた見栄えの良い氷瀑ですが、こちらも一組が取り付いているところ。少し待てばもう一本ラインを引かせてもらえそうでしたが、まぁとりあえず先の方を偵察してみるか、と歩みを進めました。しかし、すぐに出合に達するマシラには6人が入っているとのことで、こちらもアウト。

だんだん登る滝がなくなってきたことに焦りを感じながら林道を詰めて、林道終点の先に沢筋を進むと、左岸にビギナーズの氷瀑が現れました。手前が「入門の滝」、奥側が「ステップアップ」ですが、後者の方はそれなりに登りごたえがありそうです。沢を渡って「ステップアップ」の前に陣取っていると、車を停めたところからずっと後続してきていた男女二人組がやってきました。そして、我々がギア装着をのんびりしているのを見てとったらしい二人は、すばらしいスピードで準備を済ませると挨拶もなしにさっさと滝に取り付いてしまいます。これにびっくりしたかっきーが抗議しましたが、後の祭り。確かにこれが渓流釣りなら先に着いた方に優先権があるのだと思いますが、クライミングでは先に取り付いた者の勝ちです。これは、二人を非難するわけにはいかないでしょう。

とは言うものの、「さっさと登って下の滝に移動しますから」という言葉を残して二人組の男性の方が氷にアックスを打ち込むのを指をくわえて眺めている内に、「さっさと登って」というのはどうやら難しそうであることが判明しました。しかも、苦戦しながら上に抜けた彼が奥の氷瀑にスクリューで支点を作って後続の女性を引き上げようとすると、今度は女性の方がロープをハーネスに結んでおらず、引っ張られるロープを必死に止めながらハーネスに結ぼうとする始末。そこは手を抜かないで欲しかったな……。

女性の方が登りきってもしばらくは上から氷塊が降ってきていましたが、それが収まった頃合いを見計らってかっきーリードで我々もスタート。スムーズに抜けていって右岸の灌木にビレイポイントを作ったかっきーからのコールで私も後続しましたが、出だしの滝は易しげな見た目とは裏腹に意外なほど傾斜が立っていて、そこそこに歯ごたえがありました。当初の予定では、この出だしの滝をお互いにリードすることになっていたのですが、前方には短いながらも氷瀑が見えているし、どうせ我々が登ろうとするところへ先行パーティーが懸垂下降で降りてくることになるでしょうから、ここで降りてしまうのは得策ではありません。それなら我々も彼らに続いて2ピッチ目を登ってしまおうと方針を変更し、そのままつるべで前方に進みました。雪の斜面を登り、緩傾斜から短い急傾斜部を抜けてみると、そこから先に氷はなく土や岩の上に薄く雪が乗っただけの状態で、先行パーティーもその先へ進むことを断念し、向かって右寄りの灌木に際どい態勢で寄りかかって懸垂下降にかかろうとしています。

私もそちらに移動して二人が下り終えるのを待ったのですが、私がこの位置に着いてから二人目が懸垂下降にかかるまで優に30分。さすがにこれは時間の掛け過ぎではないかと思います。ようやく明け渡された灌木にセルフビレイをとった私のコールを受けて2ピッチ目を登ってきたかっきーは憮然とした表情でしたが、これだけ待たされては私も戦意喪失。もう「さっさと下ろう」と話し合って、懸垂下降に入りました。

かっきーが灌木の位置に到着してからロープをセットし、まず私がぶら下がってロープを捌きながら下降。50メートルロープ2本では微妙に下まで届かなかったので出だしの滝の落ち口上の左岸の灌木でピッチを切ったところでコールし、上で待っていたかっきーが降り始めるまで15分。これが普通のスピードでしょう。

下に着いてから未練がましく「入門の滝」の方も眺めてみましたが、ランペ状に寝ているこの滝には食指が伸びませんでした。仕方なくロープをしまい、万が一にもカモシカルンゼが空いていれば……と儚い望みを抱きつつ下ったのですが、カモシカルンゼは朝にも増して盛況で、取り付く島なし。

そんなわけで、傷心のままに下山することになったのでした。

アイスクライミングは不完全燃焼に終わりましたが、アフタークライミングは満足のいくものとなりました。

白根桃源天笑閣というお笑い系(?)のネーミングの温泉で時間調整をした後、前回定休日のために食べ損ねた甲府の「美味小家」の厚切りロースかつ定食に舌鼓を打ち、近日中のリベンジを誓い合って、どうにか明るくこの日の山旅を終えることができたのでした。