赤岳

山頂 赤岳2,899m
分類 関東周辺
日程 2015/01/10-12
同行 yokkoさん / チオちゃん
概要 三連休の初日は美濃戸口から行者小屋テント場まで。翌日、赤岳西壁南峰リッジを登る予定が、悪天候のために文三郎尾根を赤岳まで。三日目も多量の降雪にめげてそのまま下山。

赤岳山頂。本当はヴァリエーションルートを辿ってここへ立つはずでしたが……。(2015/01/11撮影)

2015/01/10

■12:30 美濃戸口 ■13:45-55 美濃戸 ■16:25 行者小屋幕営地

冬季アルパイン入門と言えば南八ヶ岳。既に阿弥陀岳北稜小同心クラックで雪バリ経験済みのyokkoさんと、これから冬も登るぞと意気軒昂(?)なチオちゃんを連れて、成人の日の三連休は赤岳のヴァリエーションを目指しました。

20kg程の重荷を担ぐのは昨秋の剱岳以来というyokkoさんはついつい遅れがち。それでも前方に八ヶ岳の懐かしい山々の姿がきれいに見えたときは疲れも吹き飛ぶかと思われたのですが……。

日が翳るにつれて急速に気温が下がり、しかも行者小屋に着く頃には白い雪雲が頭上を覆っていました。カラフルなテントが小屋の周辺を埋め尽くす中、ちょっとした高台にかろうじてテント二張り分の地所を確保し、日没と競争するようにしてテントを張りました。私は自分の1-2人用、女子二名はチオちゃんのゴージャスな大テント。

一息ついてからチオちゃんテントに集まって、yokko料理長の指揮の下にネギ鍋&豚しゃぶ。スーパー美味。しかし日頃の仕事の疲れもあってか、チオちゃんは買ったばかりのダウンジャケットにバーナーを当ててテント内にダウンを飛び散らせるわ、私は食べながら矢吹丈の如く真っ白な灰になるわ……。

2015/01/11

■07:55 行者小屋幕営地 ■09:35 赤岳 ■10:40 行者小屋幕営地

この日は赤岳西壁南峰リッジの予定でしたが、目覚めてみると天候は思わしくありません。

とりあえず赤岳のてっぺんくらいは踏んでおこうと、最小限の装備を背負ってのんびり出発しました。文三郎尾根には登山者の行列ができており、途中からは濃いガスを通してうっすらと主稜を登るクライマーの姿も見えています。寒風、雪、それに何より渋滞が厳しそうでしたが、yokkoさんもチオちゃんも初めて自分が(いずれ)登る対象として主稜を眺めて、その威圧感を肌身に感じた様子です。

主稜へのトラバース地点や南峰リッジの取付を確認しながら高度を上げ、肩からは岩と雪のミックスの登り。この時期のこのコンディションでここを登るだけでも、よいトレーニングと言えるでしょう。

そこそこいいペースで山頂に到達しましたが、もちろん展望はなし。そそくさと記念撮影をして、直ちに下山にかかりました。

我々が下降に入ってからも、続々と登山者が登ってきました。こんな天気でも登るなんて、まったく酔狂な(←他人のことは言えない)。それはともかく、帰路もまた主稜を見上げましたが、見れば見るほどシビアそうなコンディションです。あれを登れば充実するでしょうが、二度目三度目ならともかく、初めてのルートをこの状態で登ることは私としては勧めたくありません。やはり最初は、青空を見上げてその高みに向かって登っていかなくては。

帰幕したのは10時40分。行者小屋でカレーライスやラーメンの昼食をとったところでまだ半日残っていますが、シングルロープを持っていれば赤岳鉱泉まで足を伸ばしてアイスキャンディーで遊ぶこともできるものの、そうした準備はしてきていません。仕方なくひたすら昼寝で時間を潰し、16時半頃から早めの夕食とすることにしました。

二晩目の鍋は、味噌仕立てでまたしても豚しゃぶ。ウルトラ美味。翌日は、気合で赤岳西壁主稜を登るか、あるいは体力任せで阿弥陀岳北稜から赤岳西壁南峰リッジへ継続するかというプランも選択肢として検討されたのですが、穏健に南峰リッジ一本とすることで意見がまとまりました。それにしても気になるのは、この日の午後からはっきりと降り始めた雪がいつ降り止むかです。

2015/01/12

■07:05 行者小屋幕営地 ■08:40-50 美濃戸 ■09:35 美濃戸口

4時過ぎに目を覚ましてテントの外を見てみると、はっきりと雪模様。これでは赤岳西壁にも新雪がべったり着いてしまっているはずで、クライミングどころではなさそう。そうとなれば、さっさと撤収するしかありません。

テントの外には一晩でうず高く積もった雪が壁のようになっており、雪面に刺していたアックス類も掘り出さなければならない状態でした。それでもどうにかパッキングを終え、ふかふかの新雪に付けられたばかりの踏み跡を頼りに下山を開始しました。

下るにつれ、意に反して空はきれいに晴れてきました。こうしたことはよくあることですが、登れないのは天気のせいではなく着雪の状態のせいだとわかっていても、悔しい思いが募るのは人情というものです。

美濃戸から振り返れば雲の中から阿弥陀岳が頭を覗かせ始めており、さらに「もみの湯」で一風呂浴びてから中央自動車道に乗るべく車を走らせる頃には、八ヶ岳全山が青空の下に姿を綺麗に見せていました。

青空の、バカヤロー。