剱岳本峰南壁A2

山頂 剱岳2,999m
分類 北アルプス / アルパイン
日程 2014/09/22-23
同行 yokkoさん / チオちゃん / ヒロセ氏
概要 剱岳山行の三日目は、剱沢のテント場から平蔵のコルまで登って、本峰南壁A2から登頂。四日目に下山。

click

剱岳本峰南壁全景。上の画像をクリックすると、剱岳本峰南壁A2の登攀の概要が見られます。(2014/09/22撮影)

3ピッチ目。いかにもアルパインな感じの、立った凹角。(2014/09/22撮影)

→「剱岳源次郎尾根」からの続き。

2014/09/22

■05:30 剱沢キャンプ場 ■07:45-08:00 平蔵のコル

前日、帰幕後にいち早く寝込んだ私は、19時頃にむっくり起き上がってテントの中で一人夕食をとると、再びシュラフにもぐり込んで爆睡。いったい何時間寝たのかわからないくらい寝て、4時半に起床しました。朝食をとり、朝のお勤めをすませ、昨日と同じく5時半に出発。

今日は一般登山道を平蔵のコルまで登るアプローチですが、昨日と同じく素晴らしい快晴です。しかしこの美しい光景の中で、まず私がまたしてもやんごとなき理由で途中寄り道。さらに、昨日私がシュラフの中でのびている間にその前日の私と同じくyokkoさん提供のジャッキーカルパス(実はyokkoさんのザックの中で百億の昼と千億の夜をかけて熟成されていた逸品)に手を出していたヒロセ氏までも、前剱あたりで道をそれていきました。恐るべし、カルパスの呪い……。

次々に一時戦線離脱してゆく男どもを尻目に、yokkoさんとチオちゃんは気分よく前剱の門のトラバースを続けていきます。やがて到着した平蔵のコルで再集合した四人はザックを降ろし、ハーネスを装着。コルから取付までは夏の早い時期であれば雪渓が残っているものなのですが、今では雪渓上部の雪はすっかり消えてただのガレ斜面と化していることを、昨日の剱岳からの下りのときに確認済みです。

見ればA1とA2とに先行パーティーが取り付いており、彼らがつけたと思われる踏み跡を辿ってまず私とチオちゃんがガレ斜面の下降を始めましたが、まっすぐ下へ向かうそのラインよりもA2へは左手の壁沿いを目指した方がよかったらしく、しばらく間を空けて下ってきたヒロセ氏とyokkoさんがそちらの安定した踏み跡を下るのを見て、チオちゃんと私も軌道修正することにしました。

■08:15-25 A2取付 ■11:30-12:15 終了点

A2の取付は遠目にもはっきりわかる大きな外傾テラスで、その真ん中にあたる壁の浅い凹角には残置ピンもあり、ここが登路になっているようです。そこでセルフビレイをとってからシューズを履き替え、ロープを結び、いよいよ登攀開始。組合せは、本来であればアルパインの経験が多い私とヒロセ氏が分かれてそれぞれyokkoさん・チオちゃんのいずれかと組む混合ダブルス方式がベターなのですが、「万一落ちたときにヒロセさんの体重を止められない」というyokkoさんの至極もっともな主張が通り、男組と女組に分かれて男組が先行することになっていました。

1ピッチ目(25m/III)、敬老の精神で先を譲ってくれたヒロセ氏の言葉に甘えて、まずは私からスタート。ホールド豊富で傾斜もさほどない浅い凹角を登ってゆくと、残置ピンもそこそこあって安心。やがて左上に支点が作られているのが目に入り、遠目に見た先行パーティーも確かあのあたりでピッチを切っていたはずと思い出して短いながらそこでピッチを切りました。支点自体はあまり信用できそうにない荷造りロープのようなスリングを残置ピンに掛け回したものでしたが、安定したテラスになっている上にそこから傾斜が寝てピッチの性格が変わるので、ここで切るのはたぶん正解でしょう。

2ピッチ目(40m/III)、ヒロセ氏のリード。テラスの右からハイマツ混じりの岩の斜面を登り、突き当たりの岩壁まで。ヒロセ氏が登っている間に、後発組の先陣を務めるチオちゃんも上がってきました。

3ピッチ目(40m/III+)。リッジの左側面の立った凹角を登る、A2の全行程中最も面白いピッチ。こりゃ楽しい!と喜びながら登ってゆくと、凹角の先がかぶった場所に行き当たりました。そこにピトンも打たれているので一見するとハング越えか?と思わせるのですが、III級にしては厳しい……と勘を働かせていると右手の方から「こっちよ」と呼ぶ声。思わずそちらを見ると、古びたピトンが私を誘っていました。正面突破ではなく右から巻き気味に上がるラインが、このパートの弱点だったのです。この後も、角度は立っているもののホールド豊富な10メートルをこなし、ピトンが固め打ちされた小テラスに達したところで「あと10メートル」のコールを聞いたのでピッチを切りました。

その体重とは裏腹の軽やかなクライミングで登ってきたヒロセ氏をこの日陰の小テラスに迎えたところで、チオ・yokko組との間が開いてしまったので時間調整することにしました。ザックを下ろしてヤッケを羽織りながら見下ろしていると、2ピッチ目をリードしているyokkoさんはロープがすれて重くなってしまい、かなり苦労している様子。そこで、ピッチをそれ以上伸ばすことは諦めて手近のハイマツの幹に支点を作るように上から指示しました。

頃合いを見て4ピッチ目(40m/III+)。ピッチを切った場所からすぐ上の岩塔状をヒロセ氏は正面から登り、そのまま高度感のあるリッジを辿っていきましたが、そこを右から巻いていけばおそらくIII級あるかないかだったでしょう。やがてヒロセ氏からコールがかかった後も、事前にすり合わせてあった通りにyokkoさんたちが3ピッチ目を登ってくるのを待ちましたが、先ほどハイマツでピッチを切ったためにこの立った凹角をリードする巡り合わせ(4ピッチ目)になったyokkoさんは、案の定、かぶった壁に正面から挑もうとして「悪いっ!」と悲鳴を上げていました。「yokkoさん!そこは右!」とアドバイスを飛ばし、yokkoさんが無事に切り抜けるのを確認してから、私も待ちくたびれているヒロセ氏のところまで後続。

岩塔の上に乗り上がる一手が一瞬奮闘的ですが、そこからナイフリッジの左側面を辿る高度感満点のラインは気分の良いものでした。

隣のA1では頻繁に岩を落とす音や錯綜したコールがこだましていて登攀のシビアさを窺わせましたが、こちらは早くも核心部を抜けた安堵感が漂います。

5ピッチ目(40m/II)。水平に近いリッジを心持ち右寄りから絡むように進み、顕著なピナクルを左から回り込んで岩壁の手前まで。

ちなみに、後から来たyokkoさんはこのピナクルを右から回り込んできていましたから、どちらからでも問題ないようです。

6ピッチ目(45m/II)。引き続き、ほとんど歩きのようなピッチ。この後も間隔調整。

7ピッチ目(40m/III)。リッジのライン通りに直上しても良かったのですが、何となく右側から巻いてクラックの入った岩壁をバランシーに登るあたりからロープが岩に擦れて重くなってしまいました。うーん、うーんと唸りながらロープを引いてリッジ上に戻り、あと10メートルのコールを聞いたところでハイマツの根を使って支点を作りました。セカンドでやってきたヒロセ氏が支点を越えて先まで進んでみたところほんのわずかで安定した小広場があり、そこが事実上の終了点だったようです。

yokkoさん・チオちゃんも無事に到着。反省点はいくつもあったようですが、無事故で安全地帯まで達することができればとにかく百点です。それに、この組合せで登ったことによって1ピッチごとに得られた収穫も多かったことでしょう。お疲れさまでした。私にとってもこのA2は、取り付くまでは「たかだかIII級ルート」と軽く見ていましたが実際に登ってみれば予想以上に面白く、長さもそれなりにあって(『日本登山体系』等に書かれている「3ピッチ」というのは過少であるように思います)満足できるアルパインルートでした。

■12:30-40 剱岳 ■14:30-15:10 剣山荘  ■15:45 剱沢キャンプ場

ハイマツに囲まれた小広場でロープを解き、シューズを履き替えて一般登山者と同じ格好に戻ると、後は正面に見えている山頂を目指すだけ。ガラガラの斜面は一見崩れやすそうに思えましたが、実際に登ってみると案外しっかりしていて、不安なく登ることができました。

約15分の登りで、昨日に引き続き剱岳山頂に到着。A2を先行していたパーティーやA1を登っていたパーティーが集結していましたが、登頂時刻が遅いせいかこの日は月曜日であるせいか、登山者の姿は数えるほどしかいませんでした。

昨日の下山は辛いばかりでしたが、今日は先ほどまでそこを登攀していたA2を左手に眺めながらの下りなので辛さも半減。おまけに、一服剱の登り返しも「あれを越えれば生ビールが待っている」とわかっているので我慢のしようがあるというものです。

その生ビールは、チオちゃんのおごり(thanx!!)。何となれば、剱岳への登りで再三ルートファインディングのまずさを露呈していたから。一人前の山屋になるためには、もっと脚力とルートファインディング力を身につけなければね。

mouseover

二日間の登攀を無事に終え、夕方の斜光の中に自分たちが登ったラインを目で追いながら、テントの前からゆったりと剱岳を眺める気分は格別のものです。

最後の晩餐はご覧の通り、ワインやらスコッチやら日本酒やらのビンが次々に空になり、ヒロセさん特製ポップコーンの弾ける音まで鳴り響く楽しいものになりました。近隣のテントの皆さんには少し迷惑だったかも?でも明日は誰しも下山するだけだったでしょうから、多少の羽目はずしは大目に見ていただけたことでしょう。

2014/09/23

■06:25 剱沢キャンプ場 ■07:15-25 別山乗越 ■09:25 室堂バスターミナル

最終日は、室堂経由で帰るだけ。前日より若干寝坊しましたが、それでも6時半前にはキャンプ場を後にしました。

この日、朝のうちは少々曇り気味でしたが、出発する頃にはまたしても青空が広がっていました。この四日間、ずっと天気に恵まれ続けたことに感謝です。

別山乗越から振り返り見た、剱岳の最後の姿。しかし予定通りに行けば、また来年のこの時期にお目にかかることになるでしょう。

弥陀ヶ原への下り道の日が当たっているところは紅葉が進んで錦繍の色合いでしたが、日陰で霜に覆われた草は冬の訪れが遠くないことを告げています。

雷鳥平から室堂バスターミナルまでのつらい登り返しをこなした我々は、アルペンルートで扇沢に下り、大町温泉郷で風呂に入ってさっぱりしてから、信濃大町駅近くの「昭和軒」でソースがけかつ丼。天気にも仲間にも恵まれて底抜けに楽しかった四日間を、こうして締めくくったのでした。