剱岳源次郎尾根

山頂 剱岳2,999m
分類 北アルプス / アルパイン
日程 2014/09/20-21
同行 yokkoさん / チオちゃん / ヒロセ氏
概要 剱岳山行の初日は、剱沢のテント場まで。翌日、剱沢を下って源次郎尾根に取り付き、剱岳へ抜けて帰幕。

剱沢キャンプ場全景。初めてここに泊まりましたが、素晴らしいロケーションに感激。(2014/10/07撮影)

剱沢から源次郎尾根を経て剱岳へ。(2014/10/07撮影)

yokkoさんから「剱岳に登りたい」という話を初めて聞いたのがいつだったか正確には覚えていないのですが、それでは源次郎尾根を案内しましょう(源次郎尾根は2007年に既に登っていますが、そのかわり自分が未登のルートにも付き合ってもらおうという下心つき)と申し出たときには旦那さんのツジタ氏も一緒にということだったと思いますので、たぶん2012年に北鎌尾根を歩いた直後だったのでしょう。それから2年、単身赴任で遠くサウジの砂と化した旦那さんを尻目にアルパイン熱いや増すばかりのyokkoさんを連れて、ついに剱岳に向かうことになりました。旦那さんに代わって同行してくれたのは、これまた剱岳未経験のヒロセ氏とチオちゃんです。

yokkoさん・チオちゃんと共に新宿を金曜日の夜に発つ乗り心地の良い夜行バスで富山駅前に早朝に着き、シネマ食堂街なるアヤシげな一角を探索してから吉野家で朝食。

室堂行きのバスの中でヒロセ氏とも無事に合流し、一路室堂を目指しました。

バスの車窓から眺める剱岳は地獄の針山のような風貌ですが、弥陀ヶ原の広々とした景観には得も言われぬ懐かしさを覚えました。頭上に広がる快晴の空は、これから四日間の山旅の成功を約束してくれているようです。しかし、標高が高ければ物の値段も高くなるのは自然の摂理。昼食にした「とやまポークカツ定食」は1,700円もして、頼んでもいないのに財布の軽量化に貢献してくれました。

……にも関わらず、バスターミナル内の売店の試飲コーナーでの惹句に乗せられて、ここでしか売っていないというお酒「佐々成政の隠し酒」を購入。これはテントでの宴会用です。こうして万端の準備が整ったところで、いよいよ登山の始まりです。

2014/09/20

■12:00 室堂バスターミナル ■14:25-35 別山乗越 ■15:10 剱沢キャンプ場

この日は、室堂からいったん雷鳥沢キャンプ場に下り、別山乗越を越えて剱沢キャンプ場に下るだけの気楽な行程です。

……が、脚力作りが十分ではなかったらしいチオちゃんは別山乗越への登りで既にバテ気味。もしかすると、高度の影響が出ていたのかも知れません。

それでもなんとか頑張って別山乗越に着いてみると、先行していたヒロセ氏はここでもビールをきこしめしていました。なぜそんなに飲めるのか……。それはともかく、目の前に突如現れた剱岳の雄大な姿に一同は歓喜。キャンプ場での乾杯のために剱御前小屋でビールを仕入れると、キャンプ場への下り道にかかりました。

キャンプ場は色とりどりのテントで大賑わいでしたが、メインストリートから少し離れトイレの便利もよい位置に格好の場所を見つけて、男組テントと女組テントの二張りを設営しました。このキャンプ場に泊まるのは私も初めてですが、水は豊富だし眺めはいいし、最高の幕営地です。

テントの設営が終われば、あとは宴会あるのみ。明日からのクライミングの成功を祈って乾杯し、石を寄せ集めて作った即席のテーブルの上に各人が持ち上げてきたアテを広げました。チオちゃんは富山駅で買ってきた鱒寿司、私はイカの薫製、ヒロセ氏はソーセージを炒め、そしてyokkoさんはジャッキーカルパス。このカルパスが後に惨事を生むことになるとは、このときの誰も知る由もありませんでした。

2014/09/21

■05:30 剱沢キャンプ場 ■06:50 源次郎尾根取付 ■08:40-50 I峰 ■09:15-45 II峰

4時に起床してテントの外に出ると、空には満天の星。そして登山道には、ヘッドランプの長い列が山頂近くまで続いていました。なんでそんなに早いのか?山頂でご来光を仰ぎたいということなのかな?と半ば呆れながらテントに戻って朝食をとり、明るくなるのを待って5時半に出発。

剱岳の山頂部は朝日を受けて赤く染まり、その明るい部分が見る見るうちに下の方に下がってきました。

剱澤小屋を経て剱沢に下り着き、ゴーロ状をぐんぐん下って雪渓に出たところからは軽アイゼンとストックを駆使してさらに高度を下げました。我々の前には先行するパーティーがおり、さらに平蔵谷の出合に達してみると彼らも源次郎尾根を登ろうとしているということがわかりました。まぁ急ぐこともないだろうとこのときは鷹揚に構え、ゆっくりハーネス等を着けてから先行パーティーの後を追うことにしました。

草付の緩斜面の中の明瞭な踏み跡を登った突き当たりの涸れ滝には、以前はなかったフィックスロープが垂らしてあり、これを使って楽に越えることができました。その後、草付の中の涸れ沢状の登路から樹林の中の木登りが続きましたが、やがて先行パーティーが止まっている場所にぶつかりました。どうしたのかな?と見てみると、一段上がったところの岩登りがある場所で、彼らの前にいるパーティーがロープを出している模様。迂闊なことでしたが、我々の前にそれほど多くの先行パーティーがいるとは思っていなかったので、この渋滞は誤算です。このままオーダーを守っていくと登りに時間がかかるばかりでなく、最後のII峰の懸垂下降点で長時間待たされることになるのは必定なので、ここでギアを切り替え追い抜きモードに入ることにしました。

我々の「抜かさせてほしい」オーラに気づいた先行パーティーが道を譲って下さったのを機に、その前にいたロープパーティーも順次追い抜き、遅れ気味なチオちゃんを鼓舞してとにかく先を急ぎます。

さらに、ルンゼルートが合流した先のスラブで道迷いを起こしていた大部隊を尻目に左の凹角から正規ルートを進むことで、どうやらこの日源次郎尾根に取り付いたパーティーの中ではかなり前の方のポジションを占めることができたようでした。

長い登りの末に到達したI峰の頂上で一休み。前方にはII峰、そして剱岳の本峰。右手には八ツ峰。熊の岩周辺の雪の残り具合や数張りのテントも見下ろせて、来年の秋はあそこだ!と思わせるに十分な展望です。

後続パーティーが姿を見せたことを機に腰を上げ、II峰への鞍部へ下りました。すぐに登り返してさしたる時間もかからずにII峰の先端に着いてみると、懸垂下降の準備をしていたのは三人だけ。彼らが姿を消すのを待って、我々もそこに設置されている頑丈なチェーンにロープを掛けました。

ここからの懸垂下降が50メートルロープ1本で足りることは、過去に実証済み。ヒロセ氏、チオちゃん、yokkoさん、私の順に下ったところに10人程の後続部隊が到着したのを見て、先を急いだ甲斐があったと心底感じました。

あとは、剱岳までの緩い斜面をひたすら登るだけ……なのですが、どうも先ほどからお腹の具合がよろしくありません。懸垂下降を終えて少し登ったところで、私は他のメンバーに先に行くように言って一人で左手に見えていたハイマツの陰に駆け込みましたが、なんとも際どい態勢でのキジ打ちになりました。それでも間に合ってよかった。一時はどうなることかと思いました。

山頂まではガラガラの砕石の斜面ですが、2007年に登ったときに比べると息も上がらずスムーズに登ることができました。さすがにシャモニーでの高度順化の効果はもうなくなっていると思いますが、それでいながら7年前と比べても脚力が落ちていないというのは嬉しい発見です。

■10:40-11:00 剱岳 ■13:00-50 剣山荘  ■14:30 剱沢キャンプ場

待望の剱岳山頂到着。私にとっては6回目の、他の三人にとっては初めての山頂は、素晴らしい展望で我々を迎えてくれました。

眼下には先ほどまでそこにいた源次郎尾根、その向こうに後立山の山並み。右に視線を振ると、槍・穂高や薬師から黒部五郎を経て笠ヶ岳まで見通すことができました。さらに北西の方角には富山湾もはっきり見えていて、なんだか不思議な感じです。

しばしの休憩の後、下山開始。カニのヨコバイも懸念した程の渋滞にはならず、降り着いた平蔵のコルからは明日登ることになる本峰南壁A2をじっくり観察することができました。

しかし、毎度思うことですが、剱岳の下りは長い……。崩れやすい足元にそれなり神経を使う上に、どこまでも下りかと思えば不意打ちのように登り返しがあったりして、登頂の感激も下りの辛さの前に薄れがちです。

それでも、やっとの思いで登り着いた一服剱の上から剣山荘の屋根を見下ろしたときはほっとしました。あぁ、あそこには生ビールが待っている!

期待通りに剣山荘で生ビールをいただき、さらに私は中華丼、他の三人はおでんの昼食。その後、のんびりテントに戻って本来なら皆の剱岳初登頂を祝う宴会となるところですが、「カルパスの呪い」から逃れきっていない私は早々にシュラフにもぐり込んで意識を失ってしまいました。

→「剱岳本峰南壁A2」へ続く。