富士山

山頂 富士山3,776m
分類 関東周辺
日程 2014/07/12-13
同行  
概要 恒例のトレーニング山行として富士山へ。初日は富士スバルライン五合目から吉田口山頂経由お鉢巡りの後に吉田口五合目の佐藤小屋に下って泊まり、二日目は吉田口山頂往復でそのまま富士スバルライン五合目へ下山。

土曜日。山頂では好天に恵まれた。(2014/07/12撮影)

日曜日。高度が上がるにつれて雨模様に。(2014/07/13撮影)

2014/07/12

■09:45 富士スバルライン五合目 ■13:30-45 吉田口山頂 ■14:25-30 剣ヶ峯 ■15:05 吉田口山頂 ■16:35 佐藤小屋

朝6時40分新宿発のバスで富士スバルライン五合目に到着。山頂方向は雲に覆われていますが、気にせず出発することにしました。

登山道に入る手前で協力金1,000円を払うと、バッジと携帯トイレをくれました。山頂のトイレがまだ開いていないからという説明でしたが、使う・使わないは別として、ありがたいことです。

mouseover

六合目はガスの中。何度も歩いている道ではありますが、綺麗なルート案内板があれば仔細に見たくなるのは山屋のサガというものです。そして、二合目の御室浅間神社周辺が富士河口湖町の飛び地となっていることをここで学習しました。その周囲を大きく取り巻いているのは、富士吉田市ということになります。

息があがらない程度にゆっくりとした歩調で高度を上げるにつれ、空が青くなってきました。

九合目の鳥居からは、吉田口山頂が間近に見えています。

吉田口山頂に到着。山頂の山小屋はまだオープンしていませんでした。暫し休憩してから、反時計回りでお鉢巡りにかかりました。やはり標高の高さ=酸素の薄さはそれなりに効いていて、胸苦しさを感じます。

剣ヶ峯直下の雪の斜面では念のため軽アイゼンを出しましたが、この時間では雪が柔らかくてしっかり蹴り込めるので、アイゼンは不要だったようです。そして待望の山頂。あまり自分の記念写真を撮らない私ですが、ここくらいは撮っておいてもよいだろうと周囲の登山者にiPhoneを渡しました。

お鉢巡り続行。

こちら側から見下ろせる火口の中の雪の多さに驚きます。そして少し歩いたところにある浅間大社も、まだ閉まったままでした。ザックに付けている御守りを交換したかったのですが、これは次回にお預けです。

そして吉田口山頂に戻り、すぐに下山にかかりました。

長い下りの末に、今宵の宿となる佐藤小屋に着きました。夕食はカレーとサラダ。うーん、前にここに泊まったときはもう少し豪勢だったような気がするのですが……。

2014/07/13

■04:30 佐藤小屋 ■07:55-08:00 吉田口山頂 ■10:25 富士スバルライン五合目

のんびり4時に起床し、持参したパンを食べてから出発。

この日は昨日とは逆で、登り始めの頃は山頂が見えていたのですが、徐々に上から雲が降りてきました。それでも、八合目あたりではまだ、山中湖方面の展望が開けていてよい眺めだったのですが……。

八合目太子館の壁に掛けられた温度計は、気温5度。そして九合目の鳥居は、すっかりガスに覆われていました。

山頂ははっきりと雨模様。この日もお鉢巡りをするつもりでしたが、この天気ではつらいだけ。さっさと下ることにしました。

やはり頂上部だけが雨雲に覆われていたようで、八合目から下では展望が開けています。

六合目まで降りてみると、山頂の雲がどんどん高度を下げて来ているのがわかりました。しかし、どうにか下界では降られることなく富士スバルライン五合目に到着して、今回のトレーニングを終了しました。