黒姫山

山頂 黒姫山2,053m
分類 上信越
日程 2014/06/28
同行  
概要 黒姫高原スノーパークを起点に小泉登山道を登って山頂に達し、火口原に下って峰ノ大池と七ツ池を巡ってから小泉登山道を下る。

黒姫高原から見た黒姫山。茫洋としていますが、遠くから見るともっと秀麗な山容のはず。(2014/06/28撮影)

ガスの中の山頂。本当は妙高や戸隠が見られるはずなのですが、視界ゼロでした。(2014/06/28撮影)

2014/06/28

■09:30 黒姫高原スノーパーク ■10:15 小泉登山道登山口 ■11:35 姫見台 ■11:55-12:05 越見尾根

この日、モントレイル黒姫トレイルランニングレースの36kmのコースを走る予定だったのですが、4月から続いている膝の不調が未だに治まらず、直前になって泣く泣く棄権することにしました。とは言っても宿泊は申し込んであってお金も既に振込済みなので行かない訳にもいかないし……というわけで、この機会に前々から気になっていた黒姫山に登ることにしました。

続々集まってくるランナーたちを横目で見ながら、こちらはドネルケバブで腹ごしらえをして、一人で山を目指しました。

よく登られている山らしいのでどうせ道標もしっかりしているだろうとたかをくくり、真面目に地図を見ることもなく林道をどんどん進んだのですが、しばらく歩いて深く切れ込んだ沢筋を渡るあたりで「どうもおかしいな?」と地図を見ると、登山口の入口を見逃して巣鷹林道を進み過ぎていたことがわかりました。仕方なく元来た道を戻り、少し気になっていた分岐から奥をすかし見ると、奥まったところに「小泉登山道」の標識あり。こういうのは分岐点に設置してくれないと……とぶつぶつ言いながら軌道を修正しました。ここで30分のロス。

登山道は草むすスロープの中に明瞭につけられており、刈り払いもされて歩きやすいものでした。時折振り返ると背後には野尻湖や斑尾山が見えて、退屈することがありません。やがて最後のリフトの施設を過ぎて林間を少し歩いたところが少し開けていて、姫見台という名の通り、そこにある岩の上に立つと黒姫山の外輪山の一部を見ることができました。

ここからは山頂に向かって右方向へ水平に道が続き、そのところどころに岩が積み重なって歩きにくくさせていました。しかしこのトラバースはさして長くは続かず、「越見尾根」と書かれた標識のあるところで90度折れ曲がってまっすぐ上を向かうようになります。

「越見」というからには新潟県方面が眺められるはずで、確かに木の間越しにわずかに上越市方面の平野の広がりを望むことができましたが、さして展望に恵まれているわけではありません。そして、ここで下ってきた一人の登山者とすれ違いましたが、これが今回の山行で会った最後の人となりました。

■12:35 黒姫乗越 ■13:15-30 黒姫山

よく整備された山道をひたすら登ると、外輪山の北端にあたる黒姫乗越に着きました。

ここで道は左に折れ、すぐに火口原に下る道を分けていますが、そちらには後で立ち寄ることにして、まずはまっすぐ山頂を目指すことにしました。

山頂部は雲の中に入ってしまっており、時折ぱらつくものもありましたが、いかにも日本の山らしいしっとりした山道を歩くのも悪くないものです。

外輪山上の道は、勾配がぐっと落ちて緩やかに高度を上げていますが、樹木の根が張り出して歩きにくいところもあって、案外はかどりません。それでも、ところどころの草花がひとりぼっちの登山の無聊を慰めてくれました。

外輪山上のコル状の場所で表登山道を合わせ、さらに進むとぽっかり開けた山頂に着きました。ガスが風に巻かれて寒く、展望は何も得られませんが、とりあえず満足。本当ならここから妙高や戸隠の眺めが良いらしいのですが、この天気では仕方ありません。あたりの適当な岩の上に座り、フランスパンのサンドイッチとグレープフルーツの昼食をとって、すぐに腰を上げました。時刻が遅くなるほどに雨の確率が高まるのでこのまま来た道を戻るのもありですが、地形図を見ると火口原へ下るのが面白そうなので、濡れることを覚悟の上でさらに先へ進むことにしました。

斑尾山、妙高山、戸隠山、飯縄山とともに北信五岳のひとつとされる黒姫山は、北東から南東を経て南西にぐるりと半周する外輪山を持ち、最高点=山頂は外輪山の南東にあります。この外輪山と中央火口丘(御巣鷹山)の間に広がる火口原の中に峰ノ大池と七ツ池があり、登山道は外輪山上と火口原の中を通じていて、外輪山から火口原へ下ることもできるようになっています。

■13:40 分岐点 ■14:00-05 峰ノ大池 ■14:15-20 七ツ池

山頂からさらに進むと、道はわずかに急下降してからゆったり下るようになりました。相変わらず展望はなく、時折はっきりと雨が降るようになりましたが、合羽を羽織るほどには降雨は続きません。

やがて着いたコルが、火口原への分岐点。ここには山の南から登山道も登ってきていたようですが、今はこの南登山道は廃道になっているようです。

分岐点から下ること20分、蛙の声がゲロゲロと響き始めたと思ったら、予想外に立派な峰ノ大池に到着しました。

ガスで対岸を見通すことができず、その向こうに聳えているはずの御巣鷹山も見えませんが、これはこれでいい風情です。ずいぶん昔に訪れた、八甲田山の黄瀬沼を思い出しました。ひとしきり幽玄な雰囲気に浸ってから、七ツ池を目指しました。

樹間の道を抜けると突然目の前が開け、広大な笹原の中に立っていることに気づきました。恥ずかしながらほとんど予習をしていなかったので、黒姫山の火口原にこうした景観があるとは知らず、本当に驚いてしまいました。そして、笹原の中の明瞭な道を気分良く歩くと、いくつかの池がかたまっていました。これが七ツ池で、本当に七つなのかどうかは確認しませんでしたが、開放的な笹原の中の池塘群というのは先ほどの峰ノ大池とはまた違った味わいがあります。ただ、もしかするとこれは泥炭層からなる高層湿原が笹に浸食された跡なのかも知れず、そうだとすれば残念な姿ということになります。

■14:45 黒姫乗越 ■15:05 越見尾根 ■15:30 姫見台 ■16:30 黒姫高原スノーパーク

見るべき程の事をば見つ。今はただ下山せん。

七ツ池から黒姫乗越まではほとんど標高差がなく、ところどころ雪が残る樹林の中の道をゆったり歩いて、外輪山の北端に帰着しました。

あとは元来た道を下るだけ。黒姫高原スノーパークから聞えるレースのアナウンスの声を耳にしながら、登りのときにはその美しさに気づかなかった明るいブナ林の中を下りました。そして、黒姫高原スノーパークに戻るとレースはまだまだ続いていて、ランナーたちが続々ゴールインしていました。

レース終了は18時で、その後に行われた表彰式(男子総合一位の選手は3時間を切っていました(驚))とBBQに参加してから宿に泊まり、翌日帰京しました。黒姫山登山も楽しかったものの、やはりトレイルを走れなかったのは残念です。この膝、一日も早く治ってほしいのですが、果してどうなることか……。