鹿島槍ヶ岳天狗尾根

山頂 鹿島槍ヶ岳・北峰2,842m
分類 北アルプス / アルパイン
日程 2014/04/26-27
同行 現場監督氏
概要 大谷原から鹿島槍ヶ岳天狗尾根を登り天狗ノ鼻に幕営。翌日鹿島槍ヶ岳北峰を越えて北峰と南峰の鞍部から北俣本谷を下り大谷原へ下山。
click
天狗ノ鼻の向こうに鹿島槍ヶ岳北峰(顕著なピーク)、北壁(右)と荒沢奥壁(左)。上の画像をクリックすると、初日の登高の模様が見られます。(2014/04/26撮影)
click
荒沢ノ頭の手前の岩場。眼下には辿ってきた天狗尾根。上の画像をクリックすると、二日目の登高の模様が見られます。(2014/04/27撮影)

鹿島槍ヶ岳にはこれまで3回登っており、その最初は1993年8月。無雪期はこのときだけで、2000年5月の扇沢からの往復に続き、2004年5月には東尾根を登っていますが、そのとき核心部の第二岩峰から右手に並行する尾根を歩くクライマーの姿を見て、そちらのルートにいたく興味をそそられました。それが、天狗尾根です。雪稜ルートとしてのスマートさは東尾根に一歩譲るものの、ワイルドな徒渉や雪壁・スノーリッジ、さらには北壁への登路として多くの岳人を迎え入れてきた歴史などを思えば、ぜひ押さえておきたい一本です。一方、現場監督氏もこの天狗尾根には昨年のGWに単独で挑んでいましたが、時ならぬ吹雪のために天狗ノ鼻の下で名誉の撤退を遂げていました。で、今年のGWはどうする?という話をおやぢれんじゃあ隊の臨時会合で情報交換している内に、現場監督氏の天狗尾根リベンジに私も相乗りさせていただくことになったのでした。

2014/04/26

■08:05 大谷原

都内を午前4時に出発し、途中渋滞に引っかかることもなく、無事に大谷原に到着。今日と明日とは天気予報も良好で、二泊三日分の食料を用意してはいるものの、極力スピーディーに一泊二日で片付けようと申し合わせてあります。

大谷原は大賑わい。そして、我々が身繕いをしようと車を降りると、待ち構えていたミニパトのお兄さんが登山届の提出を求めてきました。我々が向かう天狗尾根(天狗ノ鼻付近の雪稜とのこと)では、今年の3月下旬にピオレドール・アジア受賞者の野田賢氏が不慮の滑落死を遂げているので、緊急連絡先や装備の確認などが入念で、「迷ったら安全サイドでロープ出して下さい」と繰り返し指導を受けました。素直に、ありがたいことだと思います。

さて、大谷原から橋を渡って左手へ向かう舗装路を進み、すぐに赤岩尾根方面への道を分けて右手へ曲がると、林道は大川沢に沿うようになります。直ちに沢に向かって下ってゆく道もありますが、しばらくは斜面中腹のやや高い位置をゆく道を上流に向かって進むと、林道は自然に高度を下げて大きな堰堤の左を通り抜け、その先で沢に削られたように道の姿を失います。ここが最初の徒渉ポイントですが、水量はさほどなく、場所を選んで飛び石伝いに対岸(左岸)へ渡れました。さらに河原を上流へ進んで、取水口が見えてきたあたりで再び飛び石伝いで右岸へ渡り返し、少々ワイルドに朽ちた道を進んで取水口の橋のたもとに着きました。しかしここは橋を渡らず、そのまま右岸を上流へ。滑りやすいランペ状の岩や脆い土の斜面をフィックスロープ頼りに突破すれば、すぐに左手から荒沢が直角に出合う場所に到達しました。

■09:05-10 荒沢出合 ■09:35 天狗尾根取付 ■10:35 天狗尾根上

荒沢出合は残雪が豊富に残っており、上流にも雪が多量に残っていそうでしたが、沢筋が完全に埋まっているわけではなく、この沢の左岸にある天狗尾根の取付に達するためには徒渉の覚悟が必要そうに思えました。

しばしの休憩の後、荒沢右岸の雪の上を先行パーティーの踏み跡を辿るようにしてトラバースしてゆくと、やがて右岸の岩が切り立ち、対岸に渡らざるを得ない場所が出てきました。見下ろすと水量も決して貧弱ではなく、これは靴を脱がないわけにはいかないな、と思いながら川床に降り立ちました。このときのために、二人ともザックの中にネオプレーンの沢登り用ソックスを忍ばせてきているのですが、しかし降り立ってよくよく観察すると、一ヶ所微妙に渡れそうなラインが見えてきます。よし、それなら土木工事だ!と脳内にクワイ河マーチを鳴らしながら手近の石を拾っては沢の中に投げ込むと、いい具合に飛び石がつながりました。

それでも水流が強いために飛び石の上を水が覆っているのを見た現場監督氏は、靴を濡らさないために裸足になって飛び石の上を渡りましたが、私はストックで身体を支えて靴を履いたまま対岸へ。

この後、引き続き残雪の上を上流へ進んでほんの僅かで、左岸に赤布の目印が見つかりました。ここは雪の上を歩いて斜面に取り付くことができたので、結局、私は徒渉のために一度も靴を脱ぐことなく沢筋のアプローチを終えることができたことになります。

しかし、ここからの樹林帯の斜面の登りもなかなかに大変でした。雪が残っていないためにキックステップが使えず、もっぱら枝を掴んでの腕力頼みの登りが延々と続きます。気温は驚くほど高く、背中の荷物は水を含めると20kgもあり、ほとんど苦行の様相。ところどころに群生しているカタクリの紫の花にかろうじて慰められながら、先行する3人組と抜きつ抜かれつ我慢の登りが一時間続きました。

尾根の上に乗り上げる頃になって雪が出るようになり、どうにか歩きやすくなってきます。木の間越しに天狗ノ鼻方面が垣間見えるものの、それでもしばらくは樹林の中でしたが、やがて徐々に樹間が疎らになって見通しがきくようになりました。緩やかな雪尾根の上をしばらく進み、前方に第一クーロワールから始まるギザギザの岩峰が聳えるようになってきて尾根が痩せ始めたあたりでザックを置いて、登攀具一式を身に付けました。

■13:00 第一クーロワール ■14:00 第二クーロワール ■14:40 天狗ノ鼻 ■15:10 幕営地点

斜度を増した細い雪のリッジを登りきると、尾根はいったん水平になって右手へ折れ、その先のギャップを下ったところから右上に幅広いスロープのような雪壁が伸びていました。左側から岩が覆い被さっているこの斜面が、第一クーロワール(岩溝)です。

早くもへたり気味の私は、ここで休憩を一本立てることを要求。その間に、樹林帯の登りで抜かしていた3人組が先行してクーロワールを登っていきましたが、雪は凍っておらず快調にキックステップを決められる状態のようで、一息ついたところで我々も後続しました。上部のシュルントの処理には少々気を遣いましたが、特に問題になるようなこともなくこの雪壁を登りきり、木の幹から垂れ下がった数本の懸垂下降用の残置スリングを横目に左へ続く細いスノーリッジへ乗り移りました。一年前の経験から、現場監督氏はここが核心部になるのではないかと踏んでいたそうですが、この日の雪の状態はそれほど悪くなく、雪庇は出ているものの反対側の斜面に概ね安定したステップを切ることができました。

雪尾根はいったん下って再び細いスノーリッジとなり、その先に顕著なピークを際立たせていて、これが天狗ノ鼻。このあたりになると天狗の鼻の向こうに荒沢ノ頭から鹿島槍ヶ岳北峰も見えていて、そのスケールの大きさに目が釘付けになってしまいます。しかし、まずは目下の課題である鞍部の痩せたスノーリッジを慎重に渡り、そこからせり上がる第二クーロワールを第一同様に問題なく登って、幅広い雪の斜面をひたすら高度を上げていくと、自然に天狗ノ鼻の上に到達しました。

天狗ノ鼻の上では、雪面にずっと足跡をつけてくれていた単独行の男性が既にテントの中で寛いでいました。さらに、我々と前後しながら登っていた3人組(銀座山の会)とも言葉を交わしてから、テントを張る場所を求めて頂稜上を鹿島槍方面へさらに進んでみました。

時折の思わぬ踏み抜きに消耗しながら頂稜を先端まで行って、少し戻ったハイマツの近くにテントを設営することにしました。

ゆき暮れて木の傍らを宿とせば 松や今宵の主ならまし

ここは、正面に鹿島槍の二大岩壁を望み、その右手には五龍岳まで続く後立山の主稜線を眺められる、山屋にはこたえられないロケーションです。無風快晴の穏やかな天気の下、テントの外で雪を溶かして水を作りつつ、私はウイスキー、現場監督氏はワイン。そのまま明るい内に焼きそばを作って早々に食べてしまい、お日様が鹿島槍の稜線の向こうに消えると共にテントの中にもぐりこんで、そのまま就寝してしまいました。

2014/04/27

■05:15 幕営地点 ■07:20-08:35 岩場 ■09:10 荒沢ノ頭

3時半起床。風もなく穏やかな夜でしたが、それなりに冷え込んで現場監督氏は寒い思いをしたそうです。

朝食をとり勤行を済ませ、御来光を仰いで振り返れば北壁や荒沢奥壁がオレンジ色。今日は、まず最低コルへの下降から始まります。先行する足跡が最低コルから北壁の方へ伸びているのを見送って、こちらはそのまま荒沢ノ頭に向けて急なリッジ上の雪壁を登ります。

壁は幅を広く狭く変えながら頭上へと続いており、ところによってはキノコ状に覆い被さるような場所もありましたが、概ね雪が締まって歩きやすいルートを提供してくれています。しかし、高度のせいか、それとも前日のアルバイトがこたえているのか、なかなかペースが上がりません。

頑張って登って、斜度が緩んだところにある台座状の岩の根元で小休止。振り返れば天狗尾根とカクネ里とがいずれも特徴的な姿を見せてくれており、昨日の3人組が登ってきているのも見えて、お互いに手を振り合いました。ここで軽く行動食をとってから、おもむろに向こうに見えている岩壁へ。遠目に見たところでは岩壁の正面左寄りに弱点を探すのかと思っていましたが、現場監督氏は右斜面をトラバースしていって、そこから左上に伸びている凹角にラインを見出した模様。そちらの灌木に残置スリングもあって、どうやらこちらで間違いはないようです。

現場監督氏が作ってくれた支点の位置まで行って、ここまでがんばって担いできた60mロープをザックから取り出し、まずは私のリード。凹角は雪と岩のミックスで、最初は一段高い右寄りのラインが灌木等でランナーもとれるのでよいかと思い登っていったのですが、ほんの数歩分の高さが手掛かり・足掛かりに乏しく、このラインは断念しました。それではとビレイしている現場監督氏は右から大きく回り込むラインを提案してくれましたが、それよりも第一感であった凹角左寄りのラインを試してみることにし、ランナーのスリングをはずして軌道修正してみました。すると、薄くて頼りないと思われていた凹角内の雪が思ったよりもしっかり固まっており、安定して身体を引き上げることができました。ランナーは岩角にスリングを巻き付けてとり、頭上のハイマツをまとった岩に乗り上ると、そこは快適なテラスになっていてピトンに新しいスリングで作ったビレイポイントまで設けられていました。ここまで約20mですが、ここでラインが大きく右に曲がるので、ピッチを切ることにしました。

2ピッチ目は、雪の上を15m歩いてから、5m程の岩壁を正面突破。かかりのよいホールドと残置ピンが用意された、これぞIII級というピッチです。ここを現場監督氏が登ろうとしているとき、ふいに岩壁の上からクライマーが顔を出しました。これは、天狗ノ鼻の頂上に先にテントを張っていたソロクライマーで、暗い内に出て北壁を登り、この尾根を下降してテントに戻ろうとしているところでした。速い!しかし、それならば我々のテントの横を通ったはずなのですが全く気がつきませんでしたから、目覚ましが鳴った3時半よりも前に天狗ノ鼻を出発していたのでしょう。

岩場を終えてロープをしまい、ザックは再び重くなりました。大谷原(1,132m)から北峰(2,842m)まで標高差1,710mの中でわずかこの2ピッチのために重い60mロープを担いできたのかと思うと(敗退→懸垂下降の可能性も考慮に入れての選択ではありましたが)げんなり。それはさておき、我々の左手に東尾根の核心部で渋滞しているクライマーたちの姿を眺めながら穏やかな雪稜を進むと、荒沢ノ頭の手前のもうひとつの岩壁に行き当たりますが、ここはあっさり右手から巻いて急な雪面を頑張って登れば、傾斜が緩やかになってきてやがて荒沢ノ頭に達することができました。

■09:45-10:05 鹿島槍ヶ岳・北峰 ■10:20 北峰・南峰鞍部

荒沢ノ頭から鹿島槍ヶ岳・北峰までは、もうひと頑張り。それはいいのですが、その向こうの南峰は恐ろしく遠くてまるで独立峰。北峰と南峰を一括りにして「鹿島槍ヶ岳」と呼ぶのは本当はおかしいんじゃないの?と思いながら、北峰への登りを続けました。

行動を開始してから4時間半で、すでにバテ気味。重荷に喘いで、時々立ち止まって呼吸を整えて、それでも何とか北峰の山頂に立ってひと安心。山頂標識もあって、ここが一般登山路の一部であることを示しています。これで一応天狗尾根の登攀は終了ということになり、現場監督氏と握手を交わしました。

北峰から見る南峰はやはりどう見ても遠く、あれを越えてさらに赤岩尾根まで行くには相当の気力が必要と思われました。そんな我々の心情を察してか、我々より先に北峰を越えていた二人組が北峰と南峰の間の鞍部から左へ、北俣本谷を下っていくのが見えました。ここまでの雪の状態から北俣本谷を下るのはリスキーではないかというのが現場監督氏の見立てでしたが、あの二人組が行けるのなら……と本来は望ましくない意思決定スタイルで我々も北俣本谷を下ることにしました。雷鳥も明示的には反対しなかったし……。

鞍部から下を覗き込んでみると二人組の内の一人の姿がまだ見えていて、おっ、これなら行けるんじゃないか?という感じ。斜度はさほどきつくなく、雪の状態と技量との組合せ次第では前向きに下れそうですが、少なくとも私にはバックステップでの下降が無難です。意を決し、後ろ向きになって下降を始めてしばらく下ったところでふと上を見ると、我々の後から北峰に到着していた3人組が鞍部の雪の縁から覗き込んでいて、「頑張れー!」と声をかけてくれました。ありがとう&さようなら。

時折右手(南峰側)から落ちてくる石やスノーシャワーに肝を冷やしながらひたすら下降を続け、斜度が大きく落ちたところでようやく緊張を解きました。時間はそれなりにかかりましたが、それでも赤岩尾根に回るのに比べればずいぶんと時間短縮になったでしょう。

■13:25 西俣出合 ■14:25 大谷原

平らになった北俣本谷はところどころに堰堤を持っていましたが、先行した二人組が実に巧みに下降路を見つけて歩き下っている踏み跡を残してくれており、そのためルートファインディングの苦労なくどんどん歩くことができました。

やがて、西俣出合に到着。ここも、本来の道が崩れているのか埋もれているのか、どうやって車道に出たらよいのか直ちにはわかりませんでしたが、雪面上の足跡頼みで下流へ進むと、うまい具合に大冷沢左岸の整備された道に出ることができました。そして振り返れば、そこには鹿島槍。

いかにも春の山という風情の道を下る途中、現場監督氏はフキノトウをいくつか摘んで自宅への土産としていました。後日聞いたところでは、これらのフキノトウは天ぷらに姿を変えてこの日の夜の現場監督家の食卓を賑わしたそうです。

西俣出合から歩くこと1時間で、ようやく大谷原に帰還。北俣本谷の下降点からずっと先行して踏み跡をつけてくれていたのは、東尾根を登ったという男女ペアで、大谷原で親しく言葉を交わすことができました。ありがとうございました。

大町温泉郷で風呂に入ってさっぱりし、見事に満開の桜並木をチラリと愛でて、信濃大町駅近くの昭和軒のカツ丼(私はソースかけ、現場監督氏は卵とじ)をいただいて打上げとしました。現場監督さん、お疲れさまでした。また秋にはどこかでご一緒しましょう。

なお、今回も現場監督氏に車を出していただきました。行きの車中のBGMはひたすらLed Zeppelin、帰りの車中はSimon & Garfunkelとユーミン。そして、帰路の渋滞につかまっている間の雑談はなぜか映画ネタになりましたが、監督や俳優の名前がなかなか出てこずやきもきということが少なからずありました。「ほら、あの人」「あぁ、あれあれ」と喉まで出かかりながら結局iPhoneのお世話になったのは、たとえば次の方々。

  • 「ジャンゴ」を賞賛した、「キル・ビル」の監督。⇒クエンティン・タランティーノ
  • 「ムーラン・ルージュ」に出てた美人で、トム・クルーズの元奥さん。⇒ニコール・キッドマン
  • 「シカゴ」でリチャード・ギアと共演した、ぽっちゃりした女の人。⇒レネー・ゼルウィガー

お互い、歳はとりたくないものです……。