南沢小滝

山頂  
分類 八ヶ岳 / 保科雅則ガイド
日程 2014/03/21-22
同行  
概要 アルパインガイド保科雅則氏の保科クライミングスクールの講習で、初日は美濃戸の赤岳山荘に設置された人工氷瀑、二日目は南沢小滝でのリード講習。

2014/03/21

赤岳山荘での講習会風景。ここの人工氷瀑は、赤岳鉱泉のアイスキャンディほどの大きさはないものの、基本練習には十分な大きさがあります。(2014/03/21撮影)

■10:00- 赤岳山荘

保科ガイドのアイス講習の仕上げとして、リード講習に参加しました。初日は、美濃戸の赤岳山荘の人工氷瀑で基礎練習です。

保科ガイドの車でアイスバーンの道を美濃戸まで入って、赤岳山荘の部屋に荷物を置いたら、道路を挟んだところにある人工氷瀑へ。まずはトップロープで登ってウォームアップし、ついでトップロープでスクリューを入れる練習。さらにトップロープなしでのリード練習。腕が張ってしまわないように休みながら登るのですが、この日は上空に寒気が入っていて時折雪がぱらつく極寒の気候だったために、待っている間も足踏みしていないとやりきれません。

赤岳山荘の屋内でストーブにあたりながらの昼食休憩の後、今度は支点構築の練習をすることになりました。リードで登って、ロープ一杯になった(つもりの)ところで最初のスクリューにまずセルフビレイをとり、ついで二本目のスクリューを斜め下の位置に入れて支点を作って後続を迎えるのですが、ここでアクシデント。下で支点構築の手順を確認しているときに、私のPASにつけてある安全環付カラビナがスクリューの穴にはまって抜けなくなってしまったのです。カラビナのサイズが大きすぎる上に、体重をかけた拍子にスクリューのハンドルの形状と絶妙に合ってしまったようですが、再度体重をかけてカラビナを歪ませてなんとかはずすことができました。セルフビレイ用のカラビナは、大きければいいというものではないということを学習……。

さらにアバラコフの作り方を学習して、ここでこの日の講習は終了しました。この日練習したことは、すべて翌日の南沢小滝で実践に移されることになります。

温かい赤岳山荘に戻り、美しい夕景色を眺め、カモシカのような犬にちょっかいを出して機嫌悪く唸られ、おいしいステーキの夕食をいただいて、後は爆睡でした。

2014/03/22

mouseover
よく発達した南沢小滝。右端、中央右寄り、左端の3本をリード&フォローで登りました。(2014/03/22撮影)
アバラコフでの懸垂下降。自分で作ったV字スレッドほど信用できないものはない……ような気がする。(2014/03/22撮影)

■08:10 赤岳山荘 ■09:25-15:10 南沢小滝 ■15:40 赤岳山荘

午前7時からの遅めの朝食の後、昨日とは打って変わって無風快晴の中を南沢沿いの道に入りました。

勝手知ったるこの道をゆっくり歩くこと1時間余りで、南沢小滝に到着。滝の近くにテントが張られていましたが、小滝には誰も取り付いておらず独占状態……と思いましたが、やがて後から他のパーティーもやってきて、そこそこの賑わいになりました。もっとも、続々と上がって来るクライマーたちは大半が南沢大滝へ向かったようで、小滝の方の混み具合は講習には困らない程度でした。

今日の受講生は、この日から合流した方も含めて5名。私は昨日の練習でも安定したクライミング振りが際立っていたヨコウチさんと組んで、交互にリードすることになりました。まずは右端の傾斜が緩く、ボコボコに穴が空いた易しいラインをリードして、そのまま奥の左岸の木に掛かった残置支点まで進んでロワーダウン。二本目は、中央右寄りのやや立ったラインを登って、落ち口の上にスクリュー二本で支点を作って後続を迎え、つるべで進んだセカンドが残置支点まで進み、最後は二人とも残置支点から懸垂下降。アイスクライミングでのリード経験はあまりないので緊張するかと思っていましたが、保科ガイドの淡々とした口調に乗せられたのか、こちらも怖さを感じることもなく淡々と作業をこなす感覚で登ることができ、気がつけばリードできていたという感じです。

練習の合間に南沢大滝を見物に行きましたが、2月下旬に登ったときと比べてはっきりと滝が発達しており、傾斜もきつくなっている印象があります。振り返れば雲ひとつない青空の下に北アルプスが姿を見せていて、これはどちらかと言えば縦走日和。

最後の練習は左端のやや立ったラインを登って、落ち口上に抜けたところで支点を作って後続を迎え、さらにアバラコフで懸垂下降するというものです。氷が硬く割れやすくてさすがに少々慎重な登りになりましたが、スクリュー4本をこまめに入れて登りきり、さらにセカンドも登って二人揃ったところで、セカンドがスクリューでV字スレッドを作ります。元来、懸垂下降用のスリングは捨て縄となるのですが、ここではロープが60mと長いので、スリングの片方にカラビナをかけてロープの末端を留め、滝の下に着いたところから折り返してスリングを通しました。画像の左側からクイックドローがスリングに掛けられていますが、これは最初の一名が下りるときのバックアップ用。二人目が下りるときは支点を回収するため、バックアップなしになります。二つの穴の間隔が近いように思えますが、広くて浅いよりは、狭くても深くした方が良いのだとか。

V字スレッドの強さは昨日の練習でも確認済みですが、それでも自分たちで作ったV字スレッドで懸垂下降するのは、やはり怖い……。文字通り清水の舞台から飛び降りるようなつもりで、しかし飛び降りるのではなくなるべくそっと荷重をかけて下りました。そして、無事に滝の下に降り立ってロープを引くとあら不思議、スリングがちゃんと回収できました。

ここでこの日の講習も終了となり、明るい雪道を美濃戸に下りました。本当は講習は翌日も南沢大滝を舞台に続くのですが、私は日曜日に所用ができてしまったためにここで皆さんとお別れ。保科ガイドに美濃戸口まで車で送っていただき、下界の人となりました。

さて、この二日間で学んだことを今シーズンのうちにもう一度おさらいしておきたいのですが、果たしてその機会が得られるかどうか……。