阿弥陀岳北稜

山頂 阿弥陀岳2,805m
分類 関東周辺 / アルパイン
日程 2014/03/15-16
同行 ツジタ夫妻(さとし・yokko)
概要 初日は阿弥陀岳北稜鉱泉のアイスキャンディでアイスクライミングの練習。二日目に阿弥陀岳北稜を登って阿弥陀岳に登頂し、中岳沢を下降してそのまま下山。

阿弥陀岳北稜の第二岩稜。あまりにも定番な構図ではありますが……。(2014/03/16撮影)

2ピッチ目をリードするyokkoさん。Good job!!(2014/03/16撮影)

「登處 八丁掘」の常連仲間で、今はサウジアラビア赴任中のツジタ氏が一時帰国。それなら雪山に行きましょうという話が発展して、ツジタ夫妻にとっては初めての積雪期アルパインルートにお連れすることになりました。行き先は、やはり比較的容易な阿弥陀岳北稜です。

2014/03/15

■09:50 美濃戸口 ■11:00-10 美濃戸 ■13:20 赤岳鉱泉

この日の行程は、美濃戸口から赤岳鉱泉まで。お昼過ぎに赤岳鉱泉について、夕食までの時間をアイスキャンディで遊ぼうという算段です。

濃い青空の下、北沢沿いのよく踏まれた道を歩くと、樹林の中で雪の上に寝そべるカモシカの姿。赤岳鉱泉のすぐ近くでもやはりカモシカを見かけました。このときは、ずいぶんサービスがいいなくらいにしか思っていなかったのですが、翌日もっと接近することになるとは、このときは思ってもみませんでした。

やがて前方にアイスキャンディの姿が現れて、この日の歩きは終了です。さっさと受付をすませ、寝床を確保したら、すぐにアイスキャンディに向かいました。

最初は日陰側の凹凸の多い氷壁で4本ずつ。ついで日の当たる側の高さのある氷壁で各2本。いい練習になりました。アイスクライミングは1年ぶりのはずのツジタ氏のダイナミックなムーヴには目を見張りましたが、最後にこの高さのある氷壁をyokkoさんがノーテンで登りきったのは見事でした。

16時頃に屋内に戻り、まずはビールで乾杯。やがて、ビールが日本酒になり、日本酒がワインになり……。

夕食のステーキは素晴らしい味でしたが、私はちょっと飲み過ぎてしまい、寝床に入る頃には頭の中がぐるぐる回っていました。

2014/03/16

■06:50 赤岳鉱泉 ■07:25-55 行者小屋

ゆっくり朝食をとって、おもむろに出発。今日も素晴らしい快晴です。

行者小屋まで歩いたところで不要な荷物をデポし、ハーネスやヘルメットも装着しました。準備が整ったところで、行く手に白銀に輝いている阿弥陀岳を目指します。ここからでも北稜を登っているクライマーの姿がはっきりと見えていて、そのシルエットはずいぶん高いところにいるように思えるのですが、実際には1時間余りも登れば彼らの現在地に到達するはずです。

三日前に新雪が積もっているはずですが、さすが人気ルートだけにばっちりトレースがついており、道に迷う心配はありません。もっとも、私もこれが5度目の北稜なので迷いようがないのですが。

たっぷり雪が着いたジャンクションピークを過ぎ、斜度のある灌木混じりの第一岩稜も雪がしっかり着いていてすいすいと登れてしまうと、前方に第二岩稜が現れました。ちょうど先行パーティーのセカンドが登り始めているところで、次に二人組が待機しており、我々はその次。幸いにも無風快晴で眺めもよく、のんびりと順番を待つことにしました。

たいした時間の空費にもならずに我々の番がやってきて、まず1ピッチ目は私がリードしました。出だしの岩は凍り付くこともなく豊富なホールドを提供してくれているし、岩稜上に上がったところからは適度に雪が着いていてアイゼンやアックスの刺さりが良く、今までで一番登りやすい感じです。後続の二人も、岩と雪の感触をじっくりと楽しみながら登ってきました。2ピッチ目は、yokkoさんのリード。危なげなく登っていったyokkoさんがナイフリッジの先のハイマツにセルフビレイをとったところで私・ツジタ氏の順番に後続しましたが、岩峰の上部は雪が岩が覆われて手掛かりが少なく、セカンドなのに案外に肝を冷やしました。yokkoさん、good job!!

このyokkoさんのリードの間に、後続の外国人二人組のトップ(ガイドっぽい雰囲気)がビレイしているツジタ氏と私の横に追いついてきました。

外「Where did you come from?」
私「From Tokyo」
外「You too?」
ツ「サウジアラビア」
外「Oh, south?」
ツ「No! サウジアラビア」
外「Oh, Saudi Arabia!」←まるで発音が違います。
ツ「……」

雪のナイフリッジはしっかりした踏み跡ができていて気分良く渡ることができ、そこから先は山頂まで安定した雪の道を登るだけ。ロープを畳んで山頂を目指しました。

■10:30-40 阿弥陀岳

我々の後ろから北稜をすごいスピードで登ってきたソロの男性と我々3人の、計4人だけの山頂。さすがに少し風が出てきていましたが、それが気にならない程の絶景です。ツジタ夫妻はお互いに記念撮影に余念がありませんでしたが、中岳沢を下るなら早いうちがいいので、滞頂10分で下降にかかることにしました。

阿弥陀岳の赤岳方面の下りは毎度肝を冷やすのですが、今回は雪の着き方がしっかりしていてそれほど怖くありません。それなのにどこまでも慎重な私の下り方を、後ろで見ていたyokkoさんには後で笑われてしまいました。

さて、中岳沢の雪の状態が危険であれば中岳を越えて赤岳近くまで歩き、文三郎尾根を下らなければならないのですが、どうやら中岳沢両岸(特に左岸)の雪はしっかりしているようで、雪面に亀裂も見当たりません。これなら行けるだろうと判断し、間隔を開けてさっさと下ることにしました。

■11:20-45 行者小屋 ■12:55-13:05 美濃戸 ■13:50 美濃戸口

行者小屋に帰り着いて、握手を交わしてほっと一息。

小屋の前から見上げれば、阿弥陀岳の山頂が高い位置にあり、その周囲を雲がスピーディーに動いています。つい先ほどまでその頂にいたとは俄には信じられないほど、ここから見る阿弥陀岳の姿は堂々としていました。

軽く行動食を口に入れ、デポしてあった品々を回収しギアをザックにしまって、後は美濃戸まで下るだけ……と思っていたのですが、予想外の出来事がありました。南沢の下山ルートに入ってすぐに、行く手を遮るカモシカに遭遇。近づけば逃げてくれるかな、と期待しつつじわじわと距離を詰めたのですが……。

カモシカがこんなに攻撃的な動物だったとは!ともあれ、最後は人間の気迫勝ち。美濃戸まで、意気揚々と下山したのでした。さて、ツジタ夫妻にとっての初めての積雪期アルパインクライミングは、楽しいものになったでしょうか。え、疲れた?確かに、アルパインクライミングなんて行動の95%は「歩き」なので、それは仕方ありません。もっと脚力を身に付けましょう。

……というわけで、帰りの車中でのDVD鑑賞は『激走モンブラン』にしたのでした。