塔ノ岳

山頂 塔ノ岳1,491m
分類 関東周辺
日程 2014/03/08-09
同行  
概要 塔ノ岳山頂の雪景色に期待して、尊仏山荘泊まりの1泊2日で塔ノ岳まで往復。

click

塔ノ岳山頂から見た日没の光景。富士山の前に居座った雲のせいで、なんだかわけのわからない景色になってしまいました。(2014/03/08撮影)

3月第一週と第二週は、いずれも谷川岳一ノ倉沢の一・二ノ沢中間稜の予定(第二週は予備日)だったのですが、今年の例年にないほど激しい降雪は、そんな目論見を木っ端微塵に打ち砕きました。第一週は能楽堂で文化的に過ごしたものの、さすがに第二週も都内に引きこもっていたのでは身体に悪いと、丹沢に足を運ぶことにしました。そうと決まれば、GoProで日没と日の出の動画を撮るのも良かろうと、土曜日の朝に尊仏山荘に宿泊予約の電話を入れて1泊2日の行程としてみたのですが……。

2014/03/08

■11:30 大倉 ■12:40 駒止茶屋 ■13:00-10 堀山ノ家 ■13:55-14:05 花立山荘 ■14:30 塔ノ岳

丹沢に行くときは、だいたい始発に近い時間帯の電車に乗って、朝帰りの善男善女に混じりつつ郊外を目指すのが常なのですが、この日は塔ノ岳山頂までの片道ですし、雪の影響を折り込んでも3時間あれば着くので、昼頃に登り始めるつもりでのんびりと家を出ました。

周囲の登山者たちは、しっかりした革の登山靴にスパッツ姿が目立ちます。私も一応ザックの中に登山靴も入れては来たものの、行けるところまではアプローチシューズで行くことにして、舗装路をすたすたと歩き始めました。

予想した通り、登山道はところどころぬかるんでおり、さらに駒止茶屋の下ではまとまった雪が道を覆っていましたが、その先も意外に雪が残ってはおらず、ゴアテックス・ブーティーのアプローチシューズなら問題なく歩ける状態でした。ただ、長靴ならさらに良かったのかもしれません。

それよりも気になるのはお天気の動向です。予報ではこの日は晴れマークだったのに、花立に着くあたりから黒っぽい雲が頭上を覆い始めました。

蛭ヶ岳が見えてきた!あちらはたっぷり雪を乗せている模様……と思っていたら、金冷しあたりからはこちらもしっかり雪山模様になってきました。

こんなに雪の多い塔ノ岳は久しぶりです。しかし、雪は十分に締まっており、登山靴を出すことなくアプローチシューズのまま登りきってしまいました。この頃には山頂はガスに覆われており、とりあえず受付を済ませてあてがわれた寝床に落ち着きました。日没の景色はこれではダメだな、と諦めモードで横になったのが失敗で、ふと気づくと日没30分前。そして窓の外は明るく、夕日が差しています。しまった!出遅れた!

あわてて外に出てみると富士山の下半分が見えており、その右肩に黄金色の太陽がかかっていましたが、GoProをセットしている間にも雲が下りてきて富士山を覆い隠してしまい、かろうじて地平線に沈む太陽を目にすることができただけ。17時から撮り始めていればもう少し気の利いた映像になったはずですが、後悔先に立たずです。

尊仏山荘の夕食はカレーライスと決まっており、おかわり自由です。このおいしいカレーライスで気を取り直して、もう一度外に出てみました。

暮れなずむ西の空は雲がずいぶん解消されて、徐々に富士山の姿が見えてきました。また、小田原や秦野盆地、さらに遠く東京方面も夜景が広がり、とてもきれいです。この日はNHK-BSのクルーが入っており、先ほどの日没やこの夜景をカメラに収めていましたが、いい絵が撮れたでしょうか?

2014/03/09

■06:25 塔ノ岳 ■06:45 花立山荘 ■07:20 堀山ノ家 ■07:35 駒止茶屋 ■08:35 山神社 ■08:40 大倉

夜明けまでときどき目を覚まして窓の外を見ると、東京の夜景は変わらず見えていて安心していたのですが、朝が近づくにつれて雲が湧いてきたらしく、午前4時頃に外を見ると夜景はなくなっていました。やれやれ、ついてない。それでも一応午前5時(=日の出の1時間前)に外に出て木の杭の上にGoProをセットしました。

5時半からの朝食は、おでんとご飯、漬物。そして明るくなった外に出ると、表尾根の向こうに大山の姿も見られましたが、その向こうの都会の灯りは雲の下で力を失っており、御来光も期待すべくもない状態でした。

こうなっては仕方ありません。さっさと荷をまとめ、相模湾を見下ろしながらGoProを回収して下山することにしました。

下りは念のため、軽アイゼンを装着。このタイプのアイゼンは初めて使いましたが、どうやら流行らしくたくさんの登山者がこれと同じ物を足につけていました。確かに軽く、それでいて効きも良く、なかなかのスグレモノです。塔ノ岳直下の下降路はそこそこの急坂なのですが、これのおかげで不安なく下ることができました。

どんどん下って、駒止茶屋の下のまとまった雪が終わったところでアイゼンをはずし、ひたすら飛ばします。それでも、見晴茶屋の前から見えた金色に輝く相模湾とそこに浮かぶ江ノ島の眺めには、しばし足を停めて見入りました。

最後は、大倉の近くにある山神社に立ち寄って無事下山の御礼。ここの祭神は大山祇神で、そう言えば昨年10月に伊勢神宮に参拝したときに内宮でこの神様を祀る祠があったのを思い出しました。しかし、こちらの神社はなんだか寂しい佇まい。これからは、なるべく立ち寄ることにしよう。

尊仏山荘に泊まったのは初めてではありませんが、その名の由来が山頂付近にあった巨岩「尊仏岩」にあったとは知りませんでした。この岩は雨乞いの神として尊崇されていたそうですが、関東大震災のときに崩れ落ちてしまったのだそうです。そして現在の尊仏山荘には、尊仏岩を彷彿とさせる(?)実に立派な体格の猫が飼われていました。