湯川渓谷

山頂  
分類 八ヶ岳 / 保科雅則ガイド
日程 2014/02/01
同行  
概要 アルパインガイド保科雅則氏の保科クライミングスクールの講習で、湯川渓谷の白髪エリアでのアイスクライミング。

湯川渓谷の様子。適度に休みを入れながらも、ひたすら登り続けました。(2014/02/01撮影)

2014/02/01

■10:50-16:20 湯川渓谷

2012年に訪れて楽しかった湯川渓谷に、今年も保科ガイドの講習で訪れることになりました。韮崎駅前に8時40分集合、現地に着いたのはなんだかんだで時間がかかり、11時前になってしまいました。保科ガイド、助手のカワイ氏、ボル友yokkoさん、以前別の講習でご一緒したムトウさんほかを合わせて総勢8名が向かったのは、一昨年と同じく白髪エリアです。先に来ていた4人がいいところにロープを張って登っていましたが、我々保科組も右岸の2個所と左岸の高さのある氷柱にトップロープを張り、後はひたすら登りまくりました。

外の氷を登るのは初めてのyokkoさんは、人工氷瀑よりも自然の氷の方が楽しかったらしく、場所を変えては次々に登っていました。おっ、なかなか筋がいいんじゃない?

私はと言えば、やはり前半は右岸で登りまくり。行動食をとった後の午後、左岸の20メートル氷柱にトップロープで挑み、ノーテンで最上部まで達しました。この手の氷柱、けっこう好きかも。そんな私を見て保科ガイドは「今日は調子いいんじゃないですか?」と声をかけてくれましたが、保科さん、そこはお世辞でいいので「いつの間にか腕を上げましたね」と言うところです!

最後は予定の時刻を大幅に超過し、持参した自分のスクリューとクイックドローを用いた疑似リードの練習までこなして終了となりました。お疲れさまでした。

ロワーダウンの途中で、ギアラックに掛けたつもりのクイックドローがしっかり掛かっておらず、そのまま滑り落ちて下の川に飲み込まれてしまいました。その場にいた方々が探して下さったものの見つからず、残念ながら水底に残置することに。

この日、他の参加者もフォールした際にアックスを手放してしまい、2本ともこの川へ落ちるというアクシデントがありましたが、さすがにこれは物が大きい(それに高価でもある)ので何とか回収できましたが、こうしてみると、この川の底にはクイックドローやらスクリューやら、もしかすると本当にアックスなども沈んでいるのかもしれません。夏になったらこっそり、さらいに来てみようか……。