横岳西壁中山尾根

山頂  
分類 八ヶ岳 / アルパイン
日程 2014/01/16
同行 セキネくん
概要 美濃戸口から行者小屋を経て中山尾根を登攀。地蔵尾根を下り、その日のうちに下山。
click
下部岩壁の全容。上の画像をクリックすると、中山尾根の登攀の概要が見られます。(2014/01/16撮影)
上部岩壁の傾斜。このクイックドローの向こう側の急壁を登っていきます。(2014/01/16撮影)
最後のハングを越えて明るい空間に身を乗り出したセキネくん。背後は阿弥陀岳、遠くに御嶽山。(2014/01/16撮影)

中山尾根。八ヶ岳西面にあって歯ごたえのある中級ルートとされるこのラインに最初に挑んだのは2004年2月のことでしたが、このときは技量不足に加えて心が岩に負けてしまい、まったく不本意な登攀に終わりました。その後、2010年12月にリベンジを目論んだものの、このときは気象条件が悪く取付敗退。そして、ようやく再度リベンジの機会が巡ってきました。パートナーは、モ○ベル渋谷店が自信をもって送り出した刺客=セキネくんです。

2014/01/16

■05:20 美濃戸口 ■06:05-10 美濃戸 ■07:55-08:15 行者小屋前

前夜、諏訪南IC近くのファミマで十分な睡眠をとり、4時起床でコンビニおでんの温かい朝食をとってから、おもむろに美濃戸口へ。八ヶ岳山荘前の駐車場に車を停めて、ここから勝手知った道をヘッドランプ頼りでどんどん歩きました。

ここを前回歩いたのは先月17日の阿弥陀岳北稜〜赤岳西壁主稜継続のときですから、それからちょうど1か月がたっていますが、やはりはっきりと雪が深くなっていました。まさに、冬まっただ中です。

やがて、前方に横岳の屏風のような岩壁が見えてきました。いつもなら大同心・小同心の岩峰に目が行くのですが、今回ばかりは日の岳から一気に落ち込んでいる中山尾根のラインに目が釘付けです。行者小屋でトイレ休憩とし、私は前回支払い損ねた分も合わせて200円をチップ箱に入れると、しっかり軽量化を果たしました。

そのまま中山乗越まで移動し、今度こそ大同心と小同心の眺めに見惚れながら、ここでハーネスとアイゼンを装着しました。ここから中山尾根の基部までは数日前のものとおぼしき踏み跡が残っていましたが、その上に新雪が積もりプチラッセル状態。つまり、我々がこの日の最初(で最後?)というわけです。委細構わずどんどん高度を上げてゆくと、左の方に赤いものが動くのが見えました。目を凝らすと、二人組のパーティーが石尊稜の1P目から2P目にかかるところでした。石尊稜は2003年2月に登っていますが、こうして横から見るとすごい急傾斜。よくその頃の下手なテクニックで、あの急壁を登れたものだと我ながら感心したり、呆れたり。

それはともかく、樹林の中の踏み跡はどんどん高さを上げていって、やがて細いリッジ上を進むようになると、前方に下部岩壁が見えてきます。ゴーグルを持参するのを忘れていた私は寒風にさらされることを恐れていましたが、どうやらこの高度では風に吹かれずにすみそう。

やれやれ、ほっとしました。

■09:45-55 下部岩壁取付

リベンジその1は、下部岩壁の1ピッチ目。そのため取付にはセキネくんに先に入ってもらい、しっかりしたハンガーボルトでビレイ態勢を組んでもらいました。

ここから右下へ少し下ったところがスタートラインですが、そこからの一歩目が苦労しました。一度は登ったことがあるはずなのに、手足をどう組み合わせて登ったらよいのかわからず、離陸に手間取る私。やっぱり今でも下手なんだ……。それでも何とかムーヴを見つけて身体を引き上げると、屈曲したロープの重みに悩まされつつ、左上するランペ状の登路を雪かきをしながらじわじわと登ります。ところどころに鈍い光を放つハンガーボルトに励まされながらランペを抜けると、露出度の高いフェースからさらにひと登りで安定したテラスに着いて、そこに設置されているがっちりしたビレイステーションにセルフビレイをとりました。

後続のセキネくんはほとんど淀みのない登りで私のところまでやってきて、そこから2ピッチ目のリードにかかります。ここからのラインは二通りあり、頭上の岩の凹角を直登する難しいラインと、大きく左に回り込んで草付をダブルアックスで登るもの。当初の計画では左へ出るつもりでしたが、真上を見上げたセキネくんは何らかの確信をつかんだのでしょう、直上ラインを選択しました。

ここからの彼のクライミングも、見事でした。アイゼンの爪を丁寧に効かせ、一歩一歩確実に身体を引き上げていき、岩の途中二箇所にランナーをとったセキネくんの姿は岩の向こうに消えて、しばらくしてからビレイ解除のコールがかかりました。後続した私にとっても手応えのあるピッチで、ここをまったくのフリーで抜けきったセキネくんのアイゼン登攀能力は、もはや折り紙つきと言っていいでしょう。

岩の上、数メートル先の木でビレイしてくれていたセキネくんのもとに着いて、これで下部岩壁は終了です。

■11:15 下部岩壁終了

下部岩壁が終われば、しばらくは易しい雪稜登りとなります。

私・セキネくん・私とトップを交替しながらのんびりスタカットで高度を上げましたが、上部岩壁手前のピッチは雪の着き方が中途半端で、ちょっとばかり緊張しました。

■12:15-30 上部岩壁取付 ■13:20 上部岩壁登攀開始

見えてまいりました、上部岩壁。相変わらず屏風のように横に広がった威圧的な姿でこちらを見下ろしていますが、こうして改めて見れば、何ヶ所かに凹角が入っていて、そこが弱点になっています。

ここでもしっかり整備されたビレイステーションに落ち着き、先ほどからキンクして取り回しに苦労していたロープをいったんはずして結び直しました。この上部岩壁1ピッチ目もリードを譲ってもらって私が先行。ビレイステーションの右の凹角に入り、その下部は傾斜も緩く問題ありませんが、最初のハンガーボルトにクリップしてそこからが急傾斜です。かつて登ったときはここを右上してから左へトラバースするラインを選んだと記憶していますが、今回はダイレクトにクラック沿いの急傾斜のフェースを直上することにしました。そちらの方がラインとしては素直だと思えたからですが、落ち着いて探せば手も足も置きどころがあり、丹念な足置きと思い切りとで身体を上げてゆくことができました。ここでもロープの重さには往生しかけましたが、なんとか左上に抜けるような形でいったん安定したテラスに達し、そこからかぶった凹角を大胆に態勢を切り返しながら登って、最後は凹角上の足場が不安定なビレイステーションにセルフビレイをとりました。グレードで言うとIV+、アイゼントレーニングの成果を試される、これぞアルパインというピッチをリードできて満足。平日に休みをとって足を運んだ甲斐がありました。

後続のセキネくんは、ここでもシュアなクライミングでついてきてくれました。せっかくビレイステーションの信頼度が高いのだから、一度くらいは落ちてくれてもいいのに……。

■13:05 上部岩壁終了 ■14:45 終了点

ここから1ピッチは比較的緩やかな雪壁の登りとなりますが、ここでセキネくんはトラブルに見舞われました。出だしの早いタイミングで2箇所、残置ピンにランナーをとった後、セキネくんはするするとロープを伸ばしていったのですが、やがてロープの動きがぴたっと止まってうんともすんとも言いません。しばらくじっと待っているうちに半分ハンギングビレイ状態の腰が痛くなってきた私が「?」と思いつつ「どうした〜!」とコールすると、上からは「ちょっと待って下さ〜い!」のコールが帰ってきました。実は、このピッチの途中の傾斜が変わるところでダブルロープの1本が岩にZ状に絡まってしまって動かなくなり、これに焦ったセキネくんはさらにATCを落としてしまうというミスまで犯してしまっていたのでした。このあたりは、要修行ですな。動かなくなった方のロープを束ねながら後続した私は、セキネくんのビレイを肩絡みから半マストに変えてもらって、彼が落としたというATCを探そうとしましたが、彼の位置からは見えているというそのATCをどうしても見つけることができず、申し訳ないながら回収を断念することになりました。

続く私のリードのピッチは、出だしを左上に巻き上がり、そこから右上して顕著なハングを強引に越えてリッジの上に乗り上るというもの。ここまで来ると終了点は目の前で、周囲の景観も急に広闊なものになってきます。

後続のセキネくんを迎え入れて、いよいよ最終ピッチ。そこからは日の岳のてっぺんを目指すラインと目の前のバンドをトラバースして肩状の場所から登山道に合流するラインとがありますが、直上にこだわらなくてもここまでで十分でしょう!と前回同様にトラバースするラインを採用しました。途中のハンガーボルトでロープの流れる方向を制御しながらセキネくんがまず肩に達し、ついで私。ほとんど登山道なみに歩きやすいバンドを渡りきれば、目の前に赤岳や富士山の姿が一望できる稜線上の小平地となり、そのすぐ下に登山道が走っていました。

これで、中山尾根の登攀は終了です。セキネくん、お疲れさまでした。私にとってのこのリベンジ山行において、対等のパートナーとして十分な力量を発揮してくれた彼に感謝です。

■15:00 地蔵ノ頭 ■15:35-16:10 行者小屋 ■17:10-20 美濃戸 ■17:55 美濃戸口

ロープを畳み、あとはよく踏まれた稜線上の雪の上を地蔵ノ頭まで歩いて、地蔵尾根を下るだけ。

さすがに稜線に出ると多少の風はありましたが、朝方に見た雪煙が舞う烈風の印象とは裏腹に、概ね穏やかな散歩道でした。

そして地蔵尾根の途中からも、行者小屋の前からも、この日我々が登った中山尾根の岩壁を眺められましたが、こうして登り終えた後では、ひとつひとつの岩の凹凸に数時間前の自分たちの記憶が宿っていることを見てとることができました。