広河原沢3ルンゼ / 右俣クリスマスルンゼ

山頂  
分類 関東周辺 / アルパイン
日程 2014/01/11-13
同行 かっきー
概要 広河原沢3ルンゼと同左俣を狙って入山。初日は二俣にテントを設営し、トレース付け。二日目に3ルンゼを登って阿弥陀岳南稜に達し、P3基部から下降して青ナギから本谷へ戻る。三日目はラッセルの深さを忌避して右俣クリスマスルンゼに転進し、その日のうちに下山。

click

これから挑むバーチカルな滝。上の画像をクリックすると、広河原沢3ルンゼの登攀の概要が見られます。(2014/01/12撮影)

広河原沢右俣クリスマスルンゼ。待ち時間の長さには辟易。(2014/01/13撮影)

成人の日の三連休は、昨年末の天皇誕生日の連休に引き続いてかっきーとアルパインアイス。当初は甲斐駒へというプランもあったのですが、1月中旬近くなるとただのラッセルに終わる可能性が大きいために、八ヶ岳西面の広河原沢に向かうことにしました。かっきーにとっては勝手知ったるエリア、私も正月にクリスマスルンゼを登っていてある程度土地勘のある場所です。

2014/01/11

■11:30 舟山十字路 ■12:45-13:40 二俣 ■14:15-20 右俣出合 ■15:00 広河原沢本谷の途中まで ■15:10 右俣出合 ■15:35 二俣

朝6時過ぎに埼京線の戸田公園駅前で待ち合わせ、快晴の中央道をひた走って舟山十字路に着いたのが11時過ぎ。車の運転が終わったとたんに焼酎ハイボール缶をプシュッと空けるかっきーに呆れつつ身繕いをして、いつの間にか曇り出している空の下、広河原沢の奥に向かいました。

この日は、左俣と本谷との二俣まで1時間程の行程。ザックの重さをあまり気にせずのんびり歩くだけです。

二俣に着くと、すでに何張りかのテントが設営されていました。我々も左俣寄りの樹林帯の入口に、私の1〜2人用テントを宿泊用、かっきーのシェルターを食堂として向かい合わせに立て、いつでも宴会開始可能な状態にしました。と言っても、さすがにこの時刻から飲み出したのではいくら食材や酒があっても足りません。おいしく鍋をいただくためにも、ここは本谷にトレースを付けに行くことにしました。

右俣出合まではあっと言う間で、そこからは誰の踏み跡もない本谷に先頭を交替しながら突っ込んでいきました。それにしても、この二人が山に入るとなぜいつもラッセルになるのか……。

踏み抜きに注意しながら進むこと40分。小さなゴルジュに達し、ここで私は谷底のトラバースを試してみましたが、岩の側壁に新雪が不安定に着いているだけなので突破は困難でした。一方かっきーは右(左岸)から巻き上るルートにトライしたところ、どうやらこちらはうまく抜けられそうです。そこまで確認したところで時刻は15時になり、この日はここまでで十分だろうとテントに戻ることにしました。

テントに戻って装備を解けば、あとは宴会あるのみ。雪を溶かし、かっきー特製のつみれ鍋を煮立てて各自持参の酒で乾杯しました。やがてこの日の分の食材が尽き、日本酒二合でいい気持ちになった私は一足先にテントに移動すると、シェルターで一人飲みながら昨年末に亡くなった大滝詠一の歌を歌い続けるかっきーの声を子守唄に、早々に眠りに落ちていきました。明日は晴れてくれますように。

2014/01/12

■06:10 二俣 ■06:45-07:05 右俣出合 ■08:40-09:00 3ルンゼ出合

うっすらと明るくなりつつある6時過ぎに出発。すぐに右俣出合に着きましたが、本谷方向のトレースは少し濃くなっており、我々より先に入っているパーティーがいるようです。アイゼンを装着してからその後を追うように本谷を詰めてゆくと、昨日の到達点である小ゴルジュの手前で男女パーティーに追いつきました。ここでアイゼンを着けている二人に挨拶をして右に巻き上がり、さてここから先はまたラッセル祭りかと思いきや、驚いたことに我々の前にさらに踏み跡が続いていました。

小さい氷瀑を越え、次の氷瀑は先行のトレースに従って左から巻き上り、その先に出て来る胎内潜りをすんなりくぐれば、前方に高くP3が聳えているのが見えてきます。沢筋が右手にいったん下り、正面の開けたルンゼの氷瀑は無視して左手の狭い沢筋にかかる小氷瀑を登ると、はっきり両岸が迫るようになった沢筋はぐんぐん高度を上げていきます。

我々も決して遅いスピードではないと思うのに、先行のトレースの主に追いつく気配がまったくありません。しかも、どうやら先行のクライマーは単独、それもよほど体重が軽い様子で、同じ踏み跡を踏んでも我々では雪に潜ってしまって半ラッセル状態が続きます。

くねくねと曲がる沢筋をどこまでも登ってゆくと、正面に顕著な氷柱が見えてきました。これが1ルンゼと2ルンゼの出合で、目指す3ルンゼはその手前の右側に小さい入口を覗かせており、先行のトレースはまっすぐそちらへ向かっていました。ここでいったんザックを置いて行動食をとりながらさらに装備を取り出しているところへ、後続の男女パーティーも追いついてきました。ここから、男女パーティーと前後するように3ルンゼの中に入っていきましたが、相変わらずさらさらの深雪に足をとられてなかなか行程がはかどりません。特に男女パーティーのうちの女性の方が身体を引き上げるのに苦労しているうちに、我々が先に30m大滝の下に達することができました。では、僭越ながら私がリードさせていただきます。

■09:20-10:20 30m大滝 ■10:30-11:30 バーチカルな滝

チリ雪崩が頻発している三段の大滝の下でロープを結び、まずは一段目に向かいます。先行のソロは左端の階段状を登っているようでしたが、私が選んだのはその少し中央寄りの凹角。柔らかい氷質のこの滝はアックスもアイゼンもばっちり決まり、おかげで傾斜が変わる出だしに1本スクリューを決めただけで不安なく上に抜けることができました。続いて、傾斜が緩やかになった棚状のパートをラッセルして二段目への2メートル程の段差にかかりましたが、こちらは氷がかなり堅く、少々緊張しながら越えることになりました。さらに少しロープを伸ばしたところで、右岸の大きな氷塊にスクリュー2本で支点を作り、かっきーを迎えます。

本来ならナメ滝になっているであろうその先を引き続きラッセルしてロープを伸ばしていったかっきーの姿が斜面の向こうに消え、ややあってビレイ解除のコールがかかりました。後を追って登ってゆくとそこは二俣になっていて、先行ソロの踏み跡はP4に通じる左俣へ向かっており、かっきーは正面奥の85度の氷瀑の足元でビレイしていました。なるほど、これを登るわけですか。

足元が雪に埋もれた氷瀑は高さ6メートルほどに見えますが、なかなかに立っています。そしてまずは、かっきーがリードでの突破にトライ。微妙に傾斜が緩い滝の中央から取り付いて右寄りのきれいな垂壁に乗り込んでいきましたが、アックスにテンションをかけながらであってもザックを背負ったままでは厳しく、いったん降りて空身になって再チャレンジしたものの、既に氷に力を吸い取られてしまった前腕ではスクリュー2本をねじ込むのが精一杯でした。

かっきー、よく頑張った!感動した!

……とは言わず、淡々とここで選手交替。追いついてきた男女パーティーが見守る中、二段ロケットの二段目となった私も空身になり、かっきーのビレイでまずは2本目のスクリューまではトップロープ状態で到達すると、ここから真のリードとなります。幸い氷質は良く、アックスもアイゼンもしっかり決まってくれて、気がつくとスクリューは足の下。そのままさらに身体を引き上げ、落ち口で角度が変わるところでは打ち込んだアックスで割れたことでできた氷のスタンスに安定した姿勢で立つことができました。本当ならここで1本スクリューを入れておくべきだったでしょうが、気持ちにゆとりがない私はそのままアックスを滝の上面に打ち込み、強引に乗り越してしまいました。これは、後から考えれば非常に危ない場面で、足を蹴り込んだ場所(氷)が私の体重を支えられずに崩壊すればそのままグラウンドフォールだったかもしれず、そうなれば行動不能になる程度の怪我を負っていた可能性もありました。強い反省が必要です。

落ち口から数メートル上がった氷の斜面にスクリュー2本で支点を作り、後続のかっきーをビレイ。かっきーは空荷で登りきり、さらにロープの端にくくりつけたザック二つを引き上げれば、直瀑突破成功です。その先にも小さな氷瀑が見えていますが、足元がつらら状で体重を支えられそうにないため、右手の斜面から巻き上がることにしました。一見寝ているように見えるこの斜面も登ってみれば際どい急斜面でしたが、かっきーのリードでどうにか安定した位置まで達することができて、ようやく一息つきました。

ここからは、3ルンゼの右手の尾根を深い雪と格闘しながらひたすら登ります。もしかすると適当なところでルンゼに戻った方がはかどったのかもしれませんが、P3の岩峰を見上げながら登る尾根筋の展望も捨てがたく、ときに腰までのラッセルにぼやきながらもぐいぐいと高度を上げて、ひたすら南稜を目指しました。

■13:00-20 南稜P3基部 ■14:30 青ナギ下降点 ■15:10 広河原沢本谷 ■15:35 二俣

1時間余りのアルバイトの末、雪とハイマツの尾根が大きく左へ弧を描いて、そのままP3の基部に到達しました。たいへんでしたが、周囲の山々の見事な展望がここまでの苦労をねぎらってくれて、気分の良いフィナーレです。

強風に巻かれながらスクリューを片付け、権現岳や富士山を正面に見ながら南稜の下降にかかりました。やがてP2からP1の間では、この日に南稜を登ってきてここに幕営するらしいパーティーとすれ違いましたが、そうしたパーティーはこの後も続々と登ってきていて、この日の南稜は大賑わいでした。しかし、予報では明日の午前中は天気が悪そうなのですが……。

南稜の途中から振り返った阿弥陀岳。右奥には、赤岳の肩に天狗尾根の大天狗も見えています。お目にかかったことはないものの、かっきーの友人で数年前の冬にあそこで生命の火を吹き消されたというたかやんさんに、静かに合掌。

青ナギの途中から、背丈の低い木の幹に巻き付けられたピンクのテープを目印に下降を開始しました。

ここは南稜から広河原沢本谷へスピーディーに下れるルートで、途中には開けた斜面や古いテープが点在していましたが、最後は沢筋の右岸の樹林の中を急下降して、右俣出合のほんのすぐ下流にぽんと飛び出しました。

ここから二俣のテントまでは、あっという間です。この日の3ルンゼはほとんどラッセルに終始したとは言うものの、歯ごたえのある氷瀑も越えて稜線に達した満足感は小さくなく、この日の鍋と酒の味は格別でした。

2014/01/13

■07:30 二俣 ■08:05 右俣出合 ■08:45-12:30 クリスマスルンゼ ■12:45-50 右俣出合

この日は広河原沢左俣に向かうというのが当初の計画でしたが、前日のラッセルの様子からすると、労多くして益少なしということになりそうです。それなら、右俣クリスマスルンゼでお茶を濁して帰ろうかと前夜のうちに話がまとまり、朝はのんびり目。

それでも前日より30分遅れで起床したのですが、ガスに包まれた空模様にどうにもモチベーションが上がらず、シュラフで二度寝するうちに7時になってしまいました。隣の大テントのパーティーも出掛ける準備をしているし、いつまでも寝ているわけにもいかないので、無理に自分たちを鼓舞して準備を整え、おもむろに出発しました。

右俣に入って小さな氷瀑を二つ越えると、やがて前方に記憶に新しいクリスマスルンゼの氷瀑が現れました。下段に取り付いているのは男性二人。もっと混んでいるかと思っていたので、これはラッキー!……というのは勘違いだったことは、後でわかります。

二人組の先行が下段中央を越えていき、やがてセカンドが登ろうとするタイミングでリードの私が下段右側に取り付きましたが、登りながら二人組のセカンドに「お二人だけですか?」と尋ねたところ、「上に二人います」との答。えっ、三人組だったのか?それでも気を取り直して緩傾斜部に達してみると、確かに左岸の木の根にセルフビレイをとっている二人のクライマーの姿が見えました。私も同じところにスリングを掛けさせていただいてかっきーを迎え入れましたが、ここからの上段の滝の待機時間が長かった!先行パーティーは気のいい人たちでしたが、まず一人がダブルロープを引いてリードで登り、スクリューで支点を作るとロワーダウンで下降。ついで二人目が残置されたスクリューを使いながらリードし、またまたロワーダウン。そして三人目はトップロープで登るといった具合で、スリングにぶら下がったまま1時間強もの間じっと待つしかなく、そうこうするうちに体温は下がり、指先も冷たくなってしまいました。それでもどうにか順番が巡ってきて、かっきーが勇躍リードで取り付きましたが、階段状の中央凹角は易しいながら冷たい指先への血の巡りを悪くさせ、急傾斜部を抜けたところで指先が痺れたかっきーは両腕をぶんぶん振り回していました。

セカンドで登った私は、少し上流に入った木に残置されているスリングにロープをセットして懸垂下降の態勢に入ろうとしましたが、我々の後に登ってきてやはり長い待機時間を過ごしていた男性二人パーティーが上段の滝を登り始めていたのでそのラインへ懸垂下降するわけにもいかず、スリングが設置された右岸の木のところまで際どいトラバースをして、ここから懸垂下降2ピッチで下界へ戻りました。

■13:10-50 二俣 ■14:35 舟山十字路

二俣に戻る頃には天気は回復していましたが、あたりのテントはどこも撤収モードです。

我々もテントやシェルターを片付け、歩きやすい道をどんどん下ります。振り返ると阿弥陀岳が青空の下に大きく、3ルンゼとその右の長大な尾根の様子もはっきりと見てとることができました。次にここへ来たときは、今回敬遠することになった左俣や、クリスマスルンゼの前を抜けてゆく右俣を稜線まで登り通したいものです。

下山してから定番の「もみの湯」で身体を温め、甲府のとんかつ屋「美味小家」でとんかつをいただきました。

ソースや塩での味付け無用のおいしい(でも量がちょっと少ない)イベリコ豚に舌鼓を打ち、その後は不気味なまでに車が少ない中央道を東京へ。それにしても、3ルンゼの先行ソロは凄かった。あの深雪を軽々と駆け抜け、後続の我々に気配をまったく見せてくれませんでした。いったい何者だったのでしょうか?