広沢寺弁天岩

山頂  
分類 ゲレンデ
日程 2013/11/30
同行 yokkoさん / チオちゃん
概要 冬山シーズンに向けて、ゲレンデでのアイゼントレーニング part2。

10日ぶりの広沢寺弁天岩。この日は右を見ても左を見てもアイゼントレーニングばかりでした。(2013/11/30撮影)

2013/11/30

■08:50-14:50 広沢寺弁天岩

yokkoさん運転の「赤い彗星」に乗って、純白の富士山を見ながら東名高速道路を厚木へ。10日前に引き続いて、広沢寺弁天岩アイゼントレーニングです。

現地に到着したときはまだそれほど混んではいませんでしたが、それでも既に3組ほどが岩に取り付いていました。我々も右の低い壁の中央にトップロープを張って、練習開始。yokkoさんはアイゼン登攀の経験が少しありますが、チオちゃんはアイゼンを買ったばかりで、これを履いて岩壁を登るのは初めてです。それでもチオちゃんも落ち着いた登りで何ら問題なし。yokkoさんには右壁でのリードもしてもらって、まずは第一ラウンドを終了しました。

続く第二ラウンドは、クラックルートを私がリードして残る二人が後続ですが、隣の女性二人組との意思疎通がうまくいかずクラックに届く手前でずいぶん長い時間待機することになってしまいました。それでも何とか弁天岩の最上部に三人揃って、懸垂下降1ピッチで取付に戻り、続いてyokkoさんにリードしてもらうことにしました。若干不安モードに入っていたyokkoさんですが、意を決してクラックルートに挑むことに。そして、ロープも結びいざ発進というところで、

よ「で、終了点についたら何をするんですか?」
私「……」

yokkoさん、今日はクラックルートのリードはやめて、後で支点構築&後続確保の練習をすることにしましょう。

第三ラウンド、一般中央ルートを私がリードしてトップロープを張り、yokkoさん、チオちゃんの順にトップロープ。そして、ここの支点はロープをリングに通してロワーダウンするだけなので、最後の一本をyokkoさんのリード練習にあてました。

お見事!それにしても隣のパーティーが、海でもないのに「JAWS!! JAWS!!」と連呼していたのは何だったのだろう?

この日の弁天岩はアイゼントレーニング花盛りで、中央の大スラブや右壁だけでなく、さらに右下の壁や反対側の再左端ルート周辺でもアイゼンを履いたクライマーが熱心に登り下りを繰り返していました。いよいよ明日からは師走、雪山本番を待つばかりです。