横尾本谷右俣

山頂  
分類 北アルプス
日程 2013/10/12-13
同行 チオちゃん / スミヨさん
概要 初日に横尾本谷を目指したものの、天候悪化のために横尾泊まり。翌日、横尾本谷右俣を登って横尾尾根に上がり、天狗平から槍沢沿いに下って再び横尾へ。

click

横尾本谷源流部の光景。上の画像をクリックすると、横尾本谷右俣の遡行の概要が見られます。(2013/10/13撮影)

click

横尾尾根に出てみれば、槍ヶ岳が目の前に。上の画像をクリックすると、この場所からのパノラマが見られます。(2013/10/13撮影)

10月の三連休は、八丁掘仲間のチオちゃん・スミヨさんと北アルプスへ。「また女子と山登りか!」と思ったそこのアナタ、その指摘は確かに正しい。7月のスイス山行の後は、アイコと沢登りyokkoさん・トモミさんと尾根歩きyokkoさん・スミヨさんと沢登りT女史と沢登りゴディーさんと山登りとことごとく女子同伴山行でありますが、まあ要するに人畜無害であることの証左とも言えましょう。もっとも実際には、これらの間に、現場監督氏とのピラミッドフェイスとかかっきーとのオジカ沢、セキネくんとの凹状岩壁なども企画していたのですが、いずれも雨に流されたり日程がタイト過ぎて計画変更したりして実現できなかったのでした。

さて、今回の計画は以前から「いつか行くリスト」に入れてあった横尾本谷右俣を初日に遡行して南岳に上がり、二日目に大キレットを渡ってチオちゃんと私は涸沢(スミヨさんは北穂で別れて穂高岳山荘へ)、三日目に前穂北尾根というものでしたが、土曜日に寒冷前線の通過に伴う降雪が予想されており、現地の状況次第で柔軟に計画を変更するつもりで金曜日の夜を松本駅でのステーションビバークとしました。

松本駅では、自由通路の東端が登山者たちの寝場所になっていて、三々五々ここに到着した我々は各自シュラフをのべて仮眠をとりましたが、すぐ近くのエスカレーターの安全利用を呼び掛ける自動アナウンスが一晩中鳴り響いていてあまり眠れませんでした。この過剰なまでの注意喚起はここに限らず日本中どこでも聞かれるものですが、何とかならないものでしょうか?

2013/10/12

■07:25 上高地 ■08:15-20 明神 ■09:05 徳沢 ■09:50-10:35 横尾

午前4時45分松本発の松本電鉄に乗って新島々、そこからバスで上高地。バスターミナル併設の上高地食堂で朝食をとってテラスに出ると、不気味な雲が山の上をかなりの速度でうねるように流れており、前途に不安を感じさせました。そして我々の背には、全員が幕営装備を持ち、私はロープとギアも加わって、チオちゃんとスミヨさんが14kg、私が17kgのずっしりした重み。

ともあれまずは横尾まで、ポイントごとに適宜休憩を入れながら歩きました。道すがらには紅葉目当ての登山者や観光客が大勢いましたが、それらのほぼことごとくを抜かして横尾に着いたときには、一時広がっていた青空は再び影を潜め、雲が前穂高岳の上に低く垂れ込めている状態でした。

■11:10 屏風岩東稜を見上げる地点 ■11:45 横尾

本谷橋を最初のエスケープ(リターン)ポイント、横尾尾根上を二つ目のエスケープポイントとすることを地図上で確認し合ってから横尾をスタートしましたが、本谷橋へ向かう途上の屏風岩東稜を見上げる地点に達したところで、雨模様になってしまいました。予報のこともあり、無理をせず今回はここから横尾へ引き返すことにします。

受付を済ませてキャンプサイトの木の下に三つのテントを寄り添うように張って、まずは軽く乾杯した後に昼寝タイムとしました。

しばらく爆睡した後、薄暗くなった頃にごそごそと起き出して各自のテントから顔を出し向かい合った状態で夕食をとって、腹ごなしに周辺を3人で軽くお散歩してからシュラフにもぐり込みましたが、夜半はかなり冷え込み、皆かなり寒い思いをしました。さらに、時折はぱらぱらと雨がテントに当たる音も響きましたが、明日と明後日は好天に恵まれるという事前の天気予報を信じるしかありません。

2013/10/13

■05:05 横尾 ■05:55-06:10 本谷橋

3時半起床、5時出発。雲は払われて空には満天の星。この谷の底からでも、カシオペア座と北斗七星が同時に見えて、共に北極星の位置を教えてくれています。どうやら今日は絶好の登山日和に恵まれることになりそうです。さて、今日の目論みとしては横尾本谷右俣を遡行して南岳に達し、あわよくばそのまま大キレットを渡ってしまうつもり。そのために皆、全装備を背負っています。ただし、昨日の雨が稜線で雪になっているようなら潔く大キレットは諦め、横尾尾根から天狗原へ下るつもり。天狗池に映る逆さ槍ヶ岳も一度は見たい景色のひとつだったので、これはこれで楽しみではあります。

まだ暗い横尾を出発して、ヘッドランプの灯りを頼りに昨日辿った涸沢への道を進むと、屏風岩の上の方に灯火が揺れているのが見えました。あれは東稜を登ったクライマーが、終了点かその手前のテラスにビバークしたものに違いありません。冷たい雨の中で一晩を過ごしてつらい思いをしたでしょうが、今は明けゆく空を見上げて気力を回復させつつあることでしょう。一方の我々は、途中いくつかのパーティーを抜かしながら本谷橋に到着しましたが、ここから見上げる北穂高岳の斜面にはやはり、昨日降ったらしい新雪がうっすら着いていました。これは大キレットは無理かな?ともあれ、まずは横尾本谷を遡行することにしてここでヘルメットをかぶりました。遡行と言っても沢登りではないので、足回りはアプローチシューズのままです。

前方に3人組が先行しているのを見てから、その後を追うように左岸の河原を歩き始めましたが、ところどころで不意にシューズがフリクションを失ってつるりと滑ってしまいます。ガイドテニーを履いているチオちゃんは「ステルスC4、ばち効きです」と涼しい顔をしていますが(まだ日陰なので本当に涼しいのですが)、私とスミヨさんは摩擦係数ゼロの感覚を一度味わってしまうともうダメ、へっぴり腰でこわごわと岩にしがみつく形になりました。しかし、さすがはガッツスミヨさん、ある程度濡れてしまうと早々に覚悟を決めて、水の中にも平気で入ってゆくようになりました。それにしてもおかしい……私が履いているのはガンダルフガイドですが、同じ種類の岩でもフリクションが効く場合と効かない場合の差が激し過ぎます。やがてわかったその理由は、氷でした。飛沫がかかって濡れた岩は、ところどころ表面に薄い氷を貼り付かせており、これが重荷を背負った我々の足をとるのでした。

■06:55-07:05 涸沢出合 ■08:00 二俣 ■09:20 カール底

なんとか涸沢出合まで到着し、ここで小休止しました。この頃になるとお日様が背後の蝶ヶ岳の上に昇って谷底にも暖かい日差しを届けるようになっており、前後にも横尾本谷を歩くパーティーや単独行者の姿がちらほら見られるようになりました。出合からは右へ、幅広くなった谷の中を左岸通しに登ります。我々はなるべく沢沿いを歩くようにしていましたが、どうやら一段上がった草付の中に歩きやすい踏み跡があった模様。しかも他のパーティーは日帰り軽装ばかりなので、次々に抜かされてしまいました。それでも、この日この谷に入った登山者は多く見積もっても20人に満たない様子ですし、真っ青な空は終日の好天を約束してくれていますので、慌てずのんびり遡行を続けました。

大キレットに突き上げる左俣を見送ったらいったん右岸に渡り、少し進んで再び左岸に戻るとロープがフィックスされた大岩。ここはロープに頼らず、フットホールドをよく見てフリーで越えたいところです。さらに上流に向けて登っていくと「とけソフ」のような岩が出てきて、ここでスミヨさんは大奮闘になりましたが、これさえ越えれば源頭部は目の前です。

階段状の沢の最上部を右から回り込むように越えると、南岳の東斜面と横尾尾根とにぐるりと囲まれて巨大な円形劇場のように開けた平坦地にぽんと飛び出しました。底抜けに深いブルーの空、白とグレーの岩、ナナカマドの紅葉を交えた樹木の緑。なんてステキな場所!振り返れば、あんなに高かった屏風岩が高度をぐっと下げており、その代わりに前穂北尾根が下部のギザギザを見せ始めています。本谷橋で唯一我々より先行していたベテラン男性3人組は大岩の上に腰掛けてのんびりお弁当中で、彼らはここで寛いでから来た道を戻るのだそうです。なるほど、そうした贅沢な楽しみ方もあるものなのか。

岩の下から水が迸り出ている横尾本谷の源頭で水を汲んでから、目の前の緑のハイマツと赤いナナカマドが目立つモレーンを左から回り込みます。先ほどの男性3人組は「右の方に踏み跡が続いているよ」と教えてくれていたものの、こちらにも明瞭な踏み跡があって無問題……のはずなのですが、なぜかチオちゃんとスミヨさんはコースを外して怒濤の藪漕ぎに。

モレーンの先はいかにもカール底という感じの岩屑帯になっていて、その一画にある残雪のスプーンカットの上には新雪が乗っていました。前方を見れば横尾尾根の鞍部(天狗原のコル)に向かう先行パーティーは正面のハイマツの「もっこり(←チオちゃん談)」を左の浅いルンゼから巻き上る感じのラインをとっていて、これは我々が予習していた事前情報とも合致しています。

click

岩屑帯のどん詰まりで最後の休憩をとってから、目の前の斜面への登りにかかりました。ごろごろ石で歩きにくい登路は、最初は傾斜もさほどではなく苦労しませんでしたが、徐々に脆いザレの急斜面へと形を変え、緊張感も高まってきました。

途中から私が先頭に立ったのですが、ルートミスをしてチオちゃんとスミヨさんに怖い思いをさせてしまいました。草付の中の白岩〜ザレの登路を最上部まで登ってから右へトラバースするラインは、あまり上がり過ぎずに右上するのがポイントだったようですが、私はつい上へ上へと追い上げられてしまい、気がつけば稜線直下のハング帯の間際を不安定な姿勢で真右へ渡る状態となってしまいました。そして一ヶ所、かぶった岩を重荷を背負ったまま気合で越える場面が出てしまい、先に抜けた私が残る二人にロープを垂らすことになりました。やれやれ、ロープの出番があって良かった(?)。

■12:20-40 横尾尾根 ■13:30-35 天狗池

「かぶった岩」の先、岩の上を少しトラバースすると今度こそ尾根上へ抜ける正規ラインに入ることができ、わずかの登りで横尾尾根に乗り上りました。

唐突に目の前に現れる槍ヶ岳、右手には常念山脈、背後には富士山と南アルプスの山々、そしてカールの向こうに屏風岩から前穂北尾根、そして北穂高岳のてっぺんには北穂高小屋も見えています。微風快晴のこれ以上ない展望を楽しみながら、荷を置いてしばし休憩しました。

時間も押しているし雪も残っているしで、大キレットを渡るのは今回は断念することにし、この日は天狗池経由で元来た横尾を目指すことにしました。ここからは一般登山道の下りですが、日陰には雪や霜が残っていてスピードが上がりません。

ニセ天狗池のような地形のさらに一段下に本物の天狗池があって、有名な逆さ槍ヶ岳をカメラに収めようと三脚を立てている登山者もいましたが、時折吹き渡る風が水面に細かい波紋を立て、これが落ち着いたと思うと別の登山者が池の向こう側を通過して……といった具合でなかなか決定的なチャンスが得られていない様子でした。我々は思い出程度の写真を数枚撮ると、池の右を回り込んで下降を続けました。

■14:05 天狗原分岐 ■15:25-45 槍沢ロッジ ■16:45 横尾

槍沢沿いの整備された道に下り着いてからも横尾まではなかなかに長かったのですが、先頭を切るスミヨさんはこの比較的平坦な登山道を猛スピードで飛ばし、最後尾の私は半泣きになりながらついて行きました。後で聞いたところでは、スミヨさんが属している山サークルの人たちは皆さん競歩並みの速さで歩くのだそうですが、少しは敬老の気持ちも持って下さい……。

半日振りに横尾に戻り、再びテントを張って乾杯。何はともあれお疲れ様でした。

→「蝶ヶ岳」へ続く。