尾白川本谷

山頂 甲斐駒ヶ岳2,967m
分類 南アルプス / 沢登り
日程 2013/09/21-22
同行 T女史
概要 日向山登山口から尾白林道を詰めて入渓。黄蓮谷を左に分けて本谷を遡行し、CS滝の上の岩小屋で一泊。翌日、鋸岳から甲斐駒ヶ岳へ連なる尾根上に抜けて、甲斐駒ヶ岳山頂を踏み、黒戸尾根を一気に下山。
click
本谷に入って最初の滝。上の画像をクリックすると、尾白川本谷の遡行の概要が見られます。(2013/09/21撮影)
CS滝。セットされているスリングをアブミの代わりにして右の岩の上へ乗り込みます。(2013/09/21撮影)
30m大滝全景。直登は厳しく、上部樋状の手前を右に入ったところにあるルンゼを使って越えます。(2013/09/22撮影)

ここ数年、夏から秋にかけて中央アルプスの沢に一緒に行っている大阪在住の山仲間T女史と、今年の沢は甲斐駒の尾白川本谷。今年に限ってはGWにもご一緒しているので二度目の山行ですが、彼女と登ると何がいいかと言えば、山メシが豪勢になることです。

2013/09/21

■07:25 日向山登山口 ■08:55 尾白川入渓点 ■10:45 噴水滝

私は東京から夜行バスで、T女史の方は大阪からマイカーでそれぞれ午前4時頃に竹宇駒ヶ岳神社近くの駐車場に到着し、しばし仮眠の後に6時頃に起床して身繕い。当初の計画では、ここから日向山登山口まで登山道を歩いて尾白川沿いの林道に入ることにしていたのですが、コンビニパンで朝食をとっているところへタクシーが登山者を積んでやってきたのを見て、T女史と私は顔を見合わせて思わずニヤリ。お客を送り出したばかりの運転手さんに話しかけて、7時に迎えに来てもらうことにしました。

そんなわけで大幅にラクをして日向山登山口に着き、そこからはひたすら林道歩きが続きます。

途中、東屋の奥に錦滝を見たり入口が崩れかけたトンネルを潜ったりしながら、概ね歩きやすい道を最後まで詰めて、林道のどん詰まりからはフィックスロープもセットされた急降下をこなして尾白川に降り立ちました。ここで沢装備を身に付けて、おもむろに入渓。

河原を歩き始めて15分程で、右岸に滑り台のようなランペを持つ女夫滝に着きました。ここをラバーソールのT女史はすたすたと登っていきましたが、フェルトソールの私はおっかなびっくり、それでも上部に設置されたフィックスロープのお世話になりつつ突破しましたが、見ればフィックスロープは途中で芯がむき出しになっており、不用意に体重をかければいつ切れてもおかしくない状態でした。くわばらくわばら……。

続くスラブ滝を左から越えて鞍掛沢出合に着いてみると焚き火の煙が上がっており、出合にある格好の幕営適地にテントが張られていて男性二人が寛いでいましたが、後でそれがかっきーの友人たちであること、さらに我々の1時間半前をかっきーいず姫コンビが遡行していることを知りました。毎度のことながら、山の世界は本当に狭い!それはさておき、鞍掛沢出合の先に登場するワイヤーが掛かった梯子滝を、T女史は右岸から巻き上がりましたが、私は水の中にいったん腰まで入って左寄りから突破しました。その先にはバンドのある滝があって、これは右から巻き。続く釜を持った多段の遠見滝も右から小さく巻いて、その先の滝を左からフィックスロープを頼りに巻き上りましたが、ここはルートファインディングに少し苦労しました。巻きながら高度を上げると沢筋には大きな深い釜を持った滝が出てくるのですが、これを落ち口と同じ高さでトラバースしようとすると行き詰まるので、さらに一段上がったところにある細い土のバンドを渡り、適当なところから樹木を頼りに高度を下げて、最後は大釜の滝の上流右岸にある支沢を使って沢筋に戻ることになります。

その先にも、噴水滝を初めとしていくつものスラブ滝やエメラルドグリーンの釜、明るいナメ床等が連なり、気分良く遡行を続けているうちに、黄蓮谷と尾白川本谷を分ける二俣に到着しました。この二俣までは10年前に遡行したことがありますが、ここから黄蓮谷を左に見送る尾白川本谷に無雪期に入るのは初めてです。

■11:45-11:55 二俣 ■13:30 2012年1月到達点 ■14:25-45 CS滝

わざわざ「無雪期に入るのは初めて」と断ったのは昨年1月に途中まで遡行したことがあるからですが、沢に入ってみればやはり氷雪期と無雪期とでは大違い。出合からすぐに現れる釜を持った滝は前回はピオレトラクションで登ったのに、今回は右壁をロープを使うこともなくすたすたと上がれます。その先、しばらくナメやナメ小滝が続き、前方に坊主岩の怪異な岩峰を見上げながら進む内に、沢の様相は河原状になってきます。

二つ目の大きめなナメ滝も右から易しく越えて、沢筋が巨岩で埋まるようになってくると、それまでのように沢の中をまっすぐ進むというわけにはいかなくなってきました。左から北坊主沢が岩壁を滑り落ちてくるのを見上げながら、ところどころの巨岩を右から巻いていくと、見覚えのある場所に到着しました。ここが、昨年1月の遡行時の目的地です。

上左は今回の写真、上右は昨年1月のときのもの。後者の右上に黄色い残置テントも写っています。合掌。

ここを右から大きく巻いて、その先も行く手を阻まれれば右から巻き。一ヶ所は巨岩の下を潜り抜けるところもあってなかなか行程がはかどりませんでしたが、右岸に掛かる巨大なハング・スラブで構成された滑滝沢のすぐ先に、この日の行程における核心部となるCS滝が現れました。

沢を塞ぐような巨大なチョックストーンの下に水が噴き出しているこの場所は、右岸の岩壁にピトンが連打されてそれぞれにスリングが残置してあり、これは一見してアブミの代わりなのだなと見当がつきました。ザックを下し空身になって、まずは私から。ザックを引き上げるためにランナーをとるわけにもいかず、微妙なバランスでスリングに立ち込みながら右上していき、最後は落ち口へ大きく足を伸ばしてなんとかクリア。ザックを引き上げ、ついでT女史をビレイして小滝上に上がってもらうと、後は巨大チョックストーンの下のトンネルを通り抜ける(III+程度)だけです。

■14:55 岩小屋

チョックストーンを抜けたところには、この巨大な岩に別の岩が寄りかかるようにして屋根を作った小さな岩小屋があり、3-4人程度なら何とか泊まれそう。今日の行程は、ここまでとしました。

期待に違わず、T女史のザックからは次々に食材が登場し、これをT女史は手際良く調理していきます。

そこそこの薪も集められて焚き火を楽しむことができましたが、二人とも前夜はあまり眠っていないので、まだ明るい18時前にはシュラフに入りました。うまい具合に焚き火で温められた空気が上流からの穏やかな風に乗って岩小屋の中を通過してくれたので、夜は温かく、すやすやと眠ることができました。

2013/09/22

■06:45 岩小屋 ■07:40-08:00 30m大滝

5時に起床。今日は甲斐駒山頂を越えて七合目までのつもりなのでゆったり朝食をとり、身繕いをすませてから遡行を再開しました。まずは棘がちくちくと痛い植物に覆われた岩小屋右手の草付を登り、そこからすぐに沢筋に戻りましたが、ここは樹林帯の中まで上がって大きく巻いた方が良かったのかもしれません。泊まり場の少し上にある岩の積み重なりの突破は案外難しく、ラバーソールのT女史が空身で登ってはザックと私をロープで引き上げるという奮闘を2ピッチ重ねることになりました。朝一番のこの奮闘に「そんなの聞いてないよ」とボヤキながら難所を突破すると、右岸のスラブに奥の滑滝沢が水を落とし、その対岸の小平地には焚き火の跡。大人数の部隊なら我々が泊まった岩小屋ではなくここまで上がって泊まった方がいいでしょう。そしてその先、すぐに二俣が現れて本流筋である左俣の奥に大きな滝が見えてきました。最後のポイントとなる30m大滝です。

大滝の下半分はスラビーながらもフリーで難なく登れて、大滝の途中から右に入ったところから今度はV字に抉れたルンゼを使って大滝の上に抜けることになります。見上げると残置ピンとスリングがセットしてあり、見た目には傾斜もさしたるものとは思えません。ところが、リードで登ったT女史はここでもCS滝と同様にスリングに足を掛けてのA1登攀。そんなに厳しいのか?と思いながら後続しましたが、確かに脆いルンゼの中は見た目とは裏腹に傾斜も急で難しく、私もスリングに足を入れての格好悪いクライミングとなってしまいました。ともあれ、これでこの沢の核心部はすべて終了です。

大滝を過ぎた二俣を右に入り、出だしを右から踏み跡に従って巻き上って、後はひたすら本流筋を詰めてゆくと徐々に水が涸れ、やがて脆い土と岩のミックスした源頭部から樹林の中に入って踏み跡を詰めれば、最後にわずかの藪漕ぎで稜線に飛び出しました。黄蓮谷右俣に比べると少々大味なところは否めませんが、それでもこの尾白川本谷、終わってみればなかなかに面白い沢でした。

■09:55 稜線

click

詰め上がったところは六合石室のあるあたりですが、石室は稜線の北側に少し下がったところにあるので見えてはいません。正面には仙丈ヶ岳の大きな姿があり、その右手奥には中央アルプス、御嶽山、さらに右にはぐっと近くに三ッ頭、その向こうに鋸岳。ここでシューズを履き替え、沢装備一式をザックにしまいましたが、濡れた沢靴は重く、おまけに持参していたロープは9mm40mだった(実際には30mで十分でした)のでザックが背中にずっしりとのしかかってくる感覚につい溜め息をついてしまいました。

秋近しを思わせる草紅葉も多少の慰めにはなりましたが、足はなかなかはかどりません。軽やかな足取りで甲斐駒山頂を目指すT女史の背中が少しずつ遠ざかるのを恨めしげに見上げながら、我慢の歩きが続きます。

click

易しい鎖場を越え、白ザレの稜線をのろのろと歩きます。そう言えばこの稜線では、かつて雷に襲われて岩陰に身を隠し雷雲の通過を待つといった経験もしていますが、その岩陰がどこであったか、今となってはさっぱり思い出せません。

■12:10-35 甲斐駒ヶ岳

やがて、かつて黄蓮谷を遡行したときに詰め上げた白ザレのコルを通過し、登山者で大賑わいの甲斐駒山頂を目の前にしたところで、左手の黒戸尾根側のハイマツの急斜面を怒濤の藪漕ぎで抜けようとしている沢ノボラーのパーティーの姿が目に入りました。最後にルートミスしたんだな、あの藪漕ぎはつらそうだな、と同情しながら、しかしこちらもへろへろ一歩手前でやっと山頂に到着。ああ、きつかった。

先に着いていたT女史は涼しい顔で私を迎え、お湯を湧かしてくれて粉末の抹茶ラテで一息。しばしほっこりしてから、先日歩いたばかりの早川尾根とその先の鳳凰三山を右に見つつ、黒戸尾根への下降に入りました。

■14:10-30 七丈小屋 ■18:15 竹宇駒ヶ岳神社

黒戸尾根上部の山道は、赤石沢奥壁の荘厳な岩の伽藍を眺めながらの下降。かつて登った奥壁中央稜の最終ピッチを眺めたり、八合目御来迎場から摩利支天まで通じる八丈バンドを見下ろしたりしながら下るうちに、先ほど山頂でも言葉を交わした藪漕ぎパーティー(女性1人+男性2人)と前後するようになりました。我々もそうでしたが、彼らもこの日七丈小屋で泊まるか一気に下山するかを悩んでいた模様。そのままテン場を過ぎて七丈小屋に着いたところで、ちょうど外に顔を出していた小屋の主人=田部さんに「素泊まりはいくらでしたでしょうか?」と尋ねたところ「3,500円」との回答です。おっ、十分リーズナブルなお値段なのではないか?と思いつついったん小屋の入口あたりにザックを置いてT女史と意見交換。その値段なら素泊まりにしよう!と話がまとまって手続のために小屋の中に入ったのですが、タッチの差で後から来た二人組の登山者に寝具なし素泊まりスペースをとられてしまいました。そうなると、残っているのは寝具付素泊まり4,500円ということになってしまいます。どうしよう?しかし、今からなら下れるんじゃないの、という他の宿泊客の無情なアドバイスに田部さんまでも「そうですよ、二人で9,000円出すくらいなら下った方がいいですよ」とおよそ商売っ気のないツッコミを入れてきました。そこまで言われたら仕方ない、下ることにするか……。

このやりとりの一部始終を外にいた藪漕ぎパーティーに伝えたところ、彼らも覚悟を決めたようです。

黒戸尾根の長〜い下りは何度も経験していますが、今回も期待通り(?)いやと言うほど長いものでした。なんとか明るい内に竹宇駒ヶ岳神社まで下り着けるかなと思っていましたが、わずかに届かず最後の20分程ヘッドランプのお世話になって、どうにか駐車場に帰還。先に下っていた藪漕ぎパーティーの皆さんも、T女史も、本当にお疲れさまでした。