早川尾根

山頂 栗沢山2,714m / アサヨ峰2,799m
分類 南アルプス
日程 2013/08/17-18
同行 yokkoさん / トモミさん / ヒロセさん
概要 北沢峠から仙水峠を経由し、早川尾根を栗沢山、アサヨ峰と縦走して早川尾根小屋泊。翌日、赤薙沢ノ頭を越えて白鳳峠から広河原へ下山。
初日の行程=北沢峠から早川尾根小屋まで。(2013/08/17撮影)
二日目の行程=早川尾根小屋から広河原まで。(2013/08/18撮影)
click
赤薙沢ノ頭から振り返った早川尾根。仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳に挟まれて、うねうねと延びています。(2013/08/18撮影)

八丁堀つながりのヒロセさんがFacebookで、8月中旬の金曜日から月曜日にかけての三泊四日で

甲斐駒から早川尾根・鳳凰三山を経て夜叉神峠まで縦走するので、全部または一部、もしくは山行中の宴会のみに合流希望者はご連絡下さい。

というアナウンスをしたのは7月27日のこと。これに私がなぜ反応したかというと、以前栂海新道の記録でも紹介したように、日本アルプスの主稜線でまだ歩いていない「ミッシングリンク」がいくつかあり、早川尾根もそのうちの一つに入っていたからです。その後、おなじみyokkoさんとトモミさんも土曜日から二泊三日で参加することになり、一方私の方は仕事の都合で土日のみとなったため、土曜日の夕方に早川尾根小屋で全員が合流しての宴会メインの計画となりました。

2013/08/17

■07:55 北沢峠 ■09:10-25 仙水峠

金曜日の23時に新宿を発つ特急かいじで甲府に下り立ったのは、土曜日の0時40分。駅前のロータリーの空きベンチを確保して始発バスまでの3時間半の仮眠をとることにしたのですが、2時間ほどたったところでやってきたのは暴走族のお兄さんたちで、ベンチのあるプラットフォームの両脇をバリバリと轟音をたてながらゆっくり通過し、その後にけたたましいサイレンの音を鳴らしながら警察が追いかけていきました。まったく、災難だった……と思いながら再び眠ろうとしたのですが、私が寝ていたベンチは早朝の空港行きバスの発着場だったらしく、まだ3時半だというのに成田や羽田へ向かう人々が三々五々集まり始めました。これはダメだ、と観念して起き上がり、近くの吉野家で朝食をとってから広河原行きのバス停に並びました。

数時間後、芦安まで車で来てそこからバスを乗り継いだyokkoさん・トモミさんと北沢峠で合流し、眠い目をこすりながら仙水峠を目指しました。カラフルなテント村と真新しい長衛小屋にびっくりしつつ緩やかな登り道を歩いて、昔ながらの風情の仙水小屋を横目に見ながらわずかに登ると岩礫の斜面が左手に広がり、やがてふと気づけば左前方に唐突に摩利支天。その現実感のないほどの巨大さに目を見張りながら仙水峠に着いて、ここで最初の一本を立てました。

■10:45-11:20 栗沢山 ■12:20-40 アサヨ峰

仙水峠から甲斐駒とは反対の南方向へ急坂を登ること1時間20分、最後に岩がちの斜面をぐいぐいと登って、この日最初のピークである栗沢山に到着しました。早川尾根の北側からはガスが上がり始めていて、甲斐駒も下部は白く隠されていましたが、それでも山頂から駒津峰、双児山にかけての山体はよく見えています。さすが「山の團十郎」、その大らかで個性的な姿は感動的ですらあります。かたや「南アルプスの女王」と呼ばれる仙丈ヶ岳も優美な姿を見せていて、山頂の手前には先週登ったばかりの小仙丈カールがはっきり見られました。そして、さらに左手に目を転じると、真北から見る少し変わった姿の北岳の尖り、その右遠くには兜のような塩見岳、そして塩見岳の左奥には特徴的な形をした聖岳も遥か彼方に見えていました。

栗沢山からアサヨ峰までは、右手に仙丈ヶ岳を見ながら1時間の行程。これは楽勝だ!と思っていたのですが、岩がちの尾根筋は意外にアップダウンがあり、真昼の太陽に炙られていることもあって消耗させられます。アサヨ峰は早川尾根の中では最高峰で、山頂の岩の上に立てばお山の大将という感じに浸れますが、視界の半分(北側)をガスで覆われたせいもあって展望はイマイチ(本当は、鳳凰三山まで見通せていれば印象も違うのでしょうけれど)。さらに早川尾根小屋までの道のりも、右手の山が北岳に変わりはしたもののしばらくの間は似たような道でしたが、ミヨシノ頭を過ぎてしばらく進むと樹林帯に入り、直射日光からは逃れることができるようになりました。

■14:45 早川尾根小屋

もう着くかな?そろそろかな?と脳裏にビール缶の姿を思い浮かべながら歩き続けて、ようやく早川尾根小屋に到着。樹林の中にひっそり建つ小屋はいかにも古色蒼然としていましたが、受付ではまず麦茶のサービスをいただきました。テント代は一人400円、ビール代は一本600円(ちなみに一泊二食付で5,000円というのは破格の安さです)。小屋の一段下のテン場は広くはないもののきれいに整地されていましたが、我々は直射日光を避けて樹林の中の少々奥まった場所にテントを張りました。とりあえずの仕事を終えたところで、やっと乾杯!しばらくは持ち寄ったつまみでビールタイムにしましたが、夜行の眠気がつのってきたので適当に切り上げてお昼寝としました。

17時過ぎ、気温が下がってきて目が覚めても、ヒロセさんはまだ着いていません。かろうじてつながっているyokkoさんの携帯でメールをチェックしてもこれといった連絡は入っておらず心配し始めたところへ、小屋の上から真っ赤なTシャツの体格のいい登山者が下ってくるのが見えて、それが疲労困憊したヒロセさんの姿でした。やれやれ、お疲れ様でした。

テン場に張られたヒロセさんのテントの近くでの宴会は、私が持参した瓶ごとワインとヒロセさんが黒戸尾根を担ぎ上げた瓶ごとOld Parrの対決になりましたが、これは意外性という点で明らかにヒロセさんの勝ち。他の登山者が早々にテントに引き上げる中、我々は風流に月を愛でながらお酒と食事と会話を楽しみました。

2013/08/18

■06:45 早川尾根小屋 ■07:15 広河原峠 ■08:05-20 赤薙沢ノ頭

他の登山者が早々に出発する中、5時に起床。小屋の周囲の樹木の上部に日が当たる頃に出発しました。癒し系の緩やかな下り道を30分で展望のない広河原峠に到着し、すぐに登り返しにかかりました。高度を上げるにつれて樹間に右手の北岳が見えるようになり、その角度が昨日までと変わってバットレスや大樺沢を見せていることに歓喜しながら登り続けると、見事な展望が開けた赤薙沢ノ頭に着きました。甲斐駒、仙丈ヶ岳、北岳といった南アルプス北部の巨人たちが真っ青な空の下に連なるさまは壮観で、他に誰もいない小さなピークで360度の眺めを堪能しました。

この展望に出会えただけでも、重い荷を担いで早川尾根を歩いた甲斐があったと言えそうです。←荷が重かったのは自業自得ではあるのですが……。

■08:30 白鳳峠 ■10:30 広河原

名残り惜しい赤薙沢ノ頭からほんの僅かの下りで、白鳳峠。ここから広河原への下り道は、かつてシレイ沢を遡行したときに縦走してきて下った道でもあります。ヒロセさん・yokkoさん・トモミさんはさらに縦走を継続して鳳凰三山を南下し南御室小屋泊ですが、冒頭に記したように私はこの日のうちに下山しなければならないのでここでお別れ。皆さん、引き続きがんばって下さい。楽しい二日間をありがとうございました!

こうして高嶺への登り道に向かう3人を見送ってから、私は一人で野呂川への急下降の道を目指しました。

mouseover

思ったよりも早く南アルプス林道に下り着いて上流側を見ると、アサヨ峰からミヨシノ頭にかけての尾根筋が見えていました。なるほど、あそこを昨日は歩いていたのか。