モントレイル戸隠マウンテントレイル

山頂 瑪瑙山1,748m
分類 上信越
日程 2013/06/08
同行 マドカ
概要 戸隠高原ホテルを起点に、周囲の山道や林間の道を周遊する20kmのトレイルランニングレース。

2013/06/08

昨年に引き続いて、山田琢也さんがプロデュースするモントレイル戸隠マウンテントレイルに参加しました。このレースの魅力は、戸隠の素晴らしい自然に恵まれた走りやすいコース設定、足切りタイムなしのフレンドリーな運営もさることながら、表彰式後の充実したBBQ。そんなわけで、これも昨年同様に宿泊つきのプランで申し込んだのですが、あてがわれた「高妻ロッジ」は昨年の「やまびこ荘」よりもさらに大会(BBQ)会場に近いロケーションでした。ラッキー!

空には暗い雲が立ち込め、雨がいつ降り出してもおかしくない様子。

定刻通り、スタート。自分も含め、トレラン装備に身を固めたランナーたちが思い思いのペースで走り出しましたが、中にはサンダルランナーもいて、びっくり。しかしこの女性、決して遅くありませんでした。気温はかなり低く、スタート時点ではTシャツの上に一枚着込んだ状態で走り出しましたが、幸いに天気はよい方向に推移して気温も上がり、途中からTシャツ一枚で気持よく走れる好条件となりました。

瑪瑙山頂へ向かう急な登り道は、このコース中で唯一、私にアドバンテージがあるセクション。がんばろう。

曇り空の下でも、ヤマツツジが目を楽しませてくれます。

ここで振り返れば、頸城の山々の絶景が見えるはず……なのですが、あいにくこの日この時間帯はガスが見えるだけ。

コース中の最高地点=瑪瑙山頂。そしてコースは下りへ。

ゲレンデを駆け下って、エイドステーションを目指します。この頃から、天気がはっきり好転してきました。

6km地点のエイドステーション。コーラとバナナとチップスターと岩塩をいただきました。

思わず歓声が出るほど快適な下り道。前を走る女性を抜かしながら「気持いいですね!」と声を掛けたら「ウフフ♪」と返してくれました。コースはその後、10km地点でいったん車道に出て、すぐに林間の道に戻ります。

click

トレラン、楽し〜!

小さな沢の流れに沿った、これまた快適な下り道。これだから、トレイルランはやめられません。

スタート地点に帰着。ここから、第2セクションに入ります。

2kmにわたる緩やかな下り道をできる限りのスピードで飛ばして、落葉松林の中の明るいイースタンキャンプ場へ。

歴史ある越後道に入り、戸隠の宗教的雰囲気もちょっと味わいながら、ゴールを目指します。

笑顔と根性で、ついにゴールイン。久しぶりに走ることの楽しさを思い出しました。

完走証。昨年よりもタイムを12分縮めることができました。来年は、3時間半を切ることを目標にしよう。
ちなみに、一緒に参加したラン友マドカは、3時間04分29秒……。

表彰式会場で缶ビールで乾杯!その後、近くの駐車場側でBBQ食べ放題。もちろんお酒も、飲み放題。

左=お肉はまだ焼けないの?と待ち構えるランナーたち。
右=焼き上がったとたんに一斉に箸を伸ばすランナーたち。恐ろしい……。

……と言いつつ、私もしっかりゲットしました。そして、そんな煩悩丸出しのランナーたちを、霊山・戸隠と高妻山は穏やかに見下ろしていました。

click

ひとしきり食べて満腹になってきた頃に、キャンプファイアが始まりました。懐かしいマイム・マイムなども踊られましたが、ところで皆さん、「マイム・マイム」の意味はご存知ですか?