赤岳

山頂 赤岳2,899m
分類 八ヶ岳
日程 2013/03/23-24
同行 ツジタ夫妻(さとし & yokko) / スミヨさん
概要 初日は赤岳鉱泉のアイスキャンディでアイスクライミングの練習。二日目に文三郎尾根から赤岳に登頂し、地蔵尾根を下降してそのまま下山。

アイスキャンディでのアイスクライミング練習。日の当たる西面の大半が使えなくなっていたため、使える面にはスダレのようにロープが下がっていました。(2013/03/23撮影)

赤岳登頂。ほぼ初アイゼン山行のスミヨさんも、よく頑張りました。(2013/03/24撮影)

この週末は本当は谷川岳一ノ倉沢へ入る予定でしたが、3月に入ってから気温が高い日が続いているせいで、とうとう22日から「谷川岳遭難防止条例に基づく危険地区への登山禁止」期間に入ってしまいました。そこで、月末に予定していた赤岳山行の繰り上げをツジタ夫妻とスミヨさんに打診したところ快諾いただき、中二日で再び八ヶ岳に入ることになりました。

2013/03/23

■10:20 美濃戸口 ■11:15 美濃戸 ■12:55 赤岳鉱泉

早朝に都内を発った「赤い彗星」ことツジタ号は、十分に早い時刻に美濃戸口に到着しました。ここから、のんびりと赤岳鉱泉を目指すのが、この日の行程です。

美濃戸口から美濃戸までの間には、涙なくしては見られないセキネ遺跡が二ヶ所。いずれも三日前にセキネ号の前輪がはまって痛い目にあった場所ですが、このわずかの日にちの間にも雪の状態が変わっており、今日ならFF車でも問題なく通過できそうに見えました。そして、第二遺跡=やまのこ村手前の後輪が路肩から落ちかけてセキネくんが顔を青くした場所では、yokkoさんが崖下を一瞥してこうご託宣。

よ「ここなら落ちても死なないね」
私「……」

通い慣れた赤岳鉱泉への道は、やはりこの冬の多雪を反映してこの時期としてはずいぶん雪が深い感じですが、道はしっかり踏まれていて何の問題もなく歩くことができました。あっという間に着いた赤岳鉱泉では、あらかじめ予約してあった個室に炬燵もついていて、ついついのんびりしたくなりますが、実は私にとっての今回の山行でのメインイベントは、翌日の赤岳ではなくこの日のアイスキャンディでのアイスクライミング。早々に身支度を整えて表に繰り出しました。

赤岳鉱泉への到着直前に見たところではアイスキャンディは空いていそうだったのですが、実は西面の氷の状態が悪く使用禁止になっていたためで、残された半分余りの氷壁にはスダレの如くにロープが下がっており、途方に暮れかけました。それでもなんとか空きスペースを見つけてツジタ氏がトップロープをセットし、さらに隣のパーティーが「空いているときは自分たちのセット済みトップロープを使ってよい」と言って下さった(ありがとうございました!)ので、切れ込んだオープンブック状の場所とオーソドックスな垂壁の二ヶ所で練習することができました。ツジタ夫妻は1月の岩根山荘に続き先週末も赤岳鉱泉に来ていてこれが三度目、スミヨさんは二度目のアイスクライミング。青空の下の氷壁登りはとにかく楽しく、また私も含めてそれぞれに、テクニックの確認と向上を果たせたのではないかと思います。

今宵のディナーは、ゴージャスなステーキ。ビールと日本酒とをいただきながら美味しく食事を終え、その後は個室に戻って炬燵でぬくぬくしながら焼酎で軽く宴会としました。21時には就寝してすぐに寝付きましたが、私、イビキをかいていなかったでしょうか(心配)?

2013/03/24

■06:15 赤岳鉱泉 ■06:35-55 行者小屋

朝食は6時からとなっていましたが、この日遅くなるほど天気が悪くなるという予報だったので、朝食を弁当に変えて前夜のうちに受け取っていました。起床後、布団を押し入れに片付けて炬燵を引っ張り出し、食堂で水筒にもらった温かいお茶(一人200円)と共に弁当を食べてから、朝食待ちの行列をかき分けるように玄関に出て、歩く準備をしました。

早朝は何となく空が白っぽい感じでしたが、西の方には青い空も見えているのでひと安心。中山乗越を越えて行者小屋に達し、ここにロープやストックなどの不要なものをデポすることにしましたが、ふと見ると、行者小屋から西の方にくっきりと北アルプス、それも大キレットが見えています。ここから槍ヶ岳や穂高がこれほど明瞭に見えた記憶はなく、空気の澄み具合や日の当たり具合などの条件が揃ったためにこうなったのだと思いますが、びっくりしました。

さて、多少荷を軽くしていよいよ赤岳へ。文三郎尾根を登って赤岳に登頂し、地蔵尾根を下って行者小屋へ戻ってくるというのがこの日のプランですが、我々の前方には女性ガイドに引率されているらしい5人ほどのパーティー、そしてそれぞれ単独行の男性複数もちらほら。よく踏まれた道を進んで尾根筋の登りに差し掛かりましたが、まだ樹林帯を抜けきっていないあたりで、先頭を行くスミヨさんのペースがめっきり落ちてしまいました。聞けばぎっくり腰の後遺症で腰の痛みを感じているそうで、一瞬私の脳裏に精神注入棒(ピッケルとも言う)を振るう悪鬼の姿が浮かびかけましたが、大丈夫です登りますとスミヨさんが自分を鼓舞してくれたので事なきを得ました。文三郎尾根が右に折れるあたりからは、左手に赤岳西壁主稜の取付が間近に見えており、何パーティーかが既に取り付いているのも見てとれます。この頃になると気象条件ははっきり良くなってきており、快適なクライミングを約束された彼らの姿を羨ましく眺めました。しかし、我々も赤岳と中岳・阿弥陀岳を結ぶ尾根筋上の分岐に達すると冬山らしい強風の洗礼を受けるようになり、ここからは風と氷と岩に気を遣いながらの登りとなりました。

この日も、GoPro HERO3を持参。今回は専用チェストマウントハーネスに装着して撮影してみましたが、これもいい感じです。

■08:35-50 赤岳

行者小屋前から1時間40分で、赤岳山頂に全員無事到着。360度遮るもののない、素晴らしい絶景です。

遠く西には北アルプス、御嶽山、中央アルプス、南アルプス。南には富士山、東には奥秩父の山々。よく見れば北アルプスの右手=北の方には妙高山や火打山などの頸城の山々、そしてその右手には浅間山。もちろんそれらの手前には、権現岳や阿弥陀岳や横岳といった八ヶ岳の山々も控えています。それらを見下ろす八ヶ岳最高峰の山頂で思う存分展望を堪能してから、おもむろに下山にかかりました。

赤岳から展望荘方面の下りもそこそこ急で気を遣いますが、雪はしっかり締まっていてアイゼンがよく利いてくれました。前方を見ると、一列に並んだ色とりどりの登山者が地蔵尾根上に渋滞に近い行列を作っているところでしたが、どうやら全て登り方向らしく、彼らが登りきった後ならスムーズに下れそうです。

地蔵の頭からは予想通り前後に人のいない、我々だけの下りになりました。最初の岩がちのところはスミヨさんを先頭に下りましたが、途中急な雪稜下降となるところからは私が先頭に立ち、先ほどの行列パーティーがつけてくれている階段状の踏み跡を辿って慎重に高度を下げていきます。長い急な下りをこなして、樹林帯に入ればもう安心。下部で尻セードも試してみましたが、雪面が堅くて速度のコントロールが難しく、樹木に激突しないようにするためには身体を回転させアックスを打ち込んでの滑落停止動作を駆使する必要がありました。

■10:15-55 行者小屋 ■12:05-15 美濃戸 ■12:55 美濃戸口

行者小屋に帰り着いて、これで完全に安全地帯です。お疲れさまでした。特にスミヨさんは初アイゼンだったにも関わらず実に落ち着いた登りと下りで、これなら一般道であれば自力でどこにでも行けそう。一週間前のアイゼントレーニングは、果たして効果があったでしょうか。ツジタ氏たちの方は、もう次は冬季アルパインに行くしかないでしょう!

……とは言うものの、八ヶ岳の雪山シーズンはもうほぼ終わりです。行者小屋でデポ品を回収し、少し下ったところから振り返って、今年も何度か遊ばせてくれた八ヶ岳を仰いで御礼と別れを告げ、後は一目散に美濃戸口を目指しました。