三頭山

山頂 三頭山1,531m
分類 関東周辺
日程 2013/02/09-10
同行  
概要 武蔵五日市駅から今熊山、峰見通り、醍醐丸を経て笹尾根を西上し、浅間峠の東屋に一泊。翌日、さらに笹尾根を進んで三頭山に達し、鞘口峠から都民の森へ下山。すなわち、日本山岳耐久レース(ハセツネ)のコースの前半。

縦走の模様。雪は思ったほど深くはありませんでした。(2013/02/09-10撮影)

三頭山頂から見た富士山。(2013/02/10撮影)

三頭山の上に広がる青空。(2013/02/10撮影)

建国記念の日の三連休、これといった予定も入らなかったので、一泊二日でのんびり奥多摩を歩くことにしました。ちょうど数日前に南岸低気圧が通過して雪がついていることが予想されたので、このコンディションでハセツネコースを歩いたらどこまで行けるか試してみよう、という興味本位の計画。もちろん、あわよくば完走も狙いたいところですが、三日目の夕方に用事が入ってしまっているので無理はせず、時間を見ながら適当なところからエスケープするつもりでした。たまには、こういうラフな山行もいいかも……。

2013/02/09

■10:00 武蔵五日市駅 ■11:00 今熊神社 ■15:30 醍醐丸 ■16:50 生藤山 ■18:10 浅間峠

いつもは御嶽でのボルダリングのために奥多摩行き車両に乗るホリデー快速の武蔵五日市行きの方に乗って、武蔵五日市駅を出たのがちょうど10時。しばらく街道筋を歩いてから左に折れれば、ハセツネで何度も歩いている道に入ります。とは言っても、ハセツネのときは出だしは脇目も振らずに走っているので、コースの周囲の景色は意外に新鮮。廣徳寺の立派な山門の佇まいや、新多摩変電所の偉容など、じっくり見物するに値します。

さらに驚いたのは、今熊山の頂上近くからの眺めでした。北に聳える雲取山などの奥多摩の山々の右手に、遠くうっすらと白い山が連なっているのが見えていて、あれは間違いなく日光の山々です。そしてさらに右手の遠くには、東京の高層ビル群がよく見えており、スカイツリーも尖った姿を見せていました。

さて、道はところどころに残雪を蓄えながらひたすら続き、戸倉三山の南辺にあたる峰見通りの中間にあるハセツネコース10kmの標識あたりからさらに雪が多くなってきました。すれ違ったトレイルランナー4人組も「この先、雪がたくさんついていますから」と注意喚起してくれましたが、こちらは足回りがネパール EVOでちょっとヘヴィデューティー過ぎるくらい。醍醐丸の手前からは左手に山頂を白くした陣馬山を眺め、生藤山に着いたところで夕日を正面に見るようになりました。この日は、丹沢ではダイヤモンド富士が眺められるタイミングだったのですが、西の空は雲がちでぼんやりした夕日が沈みかけており、これでは綺麗なダイヤモンド富士が見られたかどうか不明です。

最後の20分ほどヘッドランプの世話になって、この日の宿である浅間峠に到着しました。ここは、ハセツネでは第1関門が設置される場所で、前回ハセツネを歩いたときは第1関門到着タイムが6時間38分、それに対してこの日はここまで8時間20分かかっていますから、かなりのスローペースです。しかし、それもやむを得ないと思えるのは、上述の通りシューズの違いがあるのと、そもそも泊まり前提の荷物にしてあってザックの中に冬季用シュラフ、マット、ツェルト、火器、食料、それに水を4.5リットルも積んでいるから。これで軽装のトレランスタイルと同じペースで歩けという方が、無理というものです。

峠の東屋は、雪が吹き込むこともなく乾いた床を提供してくれていました。ここが雪に埋もれているときは、尾根上に乾いた場所を探して土の上での野宿も視野に入れていた(浅間峠の50分手前にある軍刀利神社元社境内がきれいに乾いていたので、よほどそこで泊まろうかと思いました)ので、これはラッキー。二隅にあるベンチも、東側は雪をかぶっていましたが、西側はきれいだったので、そちらに荷物を広げました。久しぶりに出動させた軽量コッヘルでお湯を沸かしながら、紙パックの日本酒で一人乾杯。カップ焼きそばとコンビーフの夕食をすませると、メールをチェックしてから(Softbankの電波が届いていました)すぐに床にマットを敷き、シュラフをのべ、その上にツェルトをかぶせて就寝しました。屋根があるとはいえ壁はないに等しい東屋ですから、夜中に何者かが飛んで来て近くに着地する音や、ベンチの下に吹き溜まった落ち葉の中をカサコソと虫が動く音がして、あまり気持ちのよい寝床ではありませんでしたが、この季節なら熊がやってくることだけはなさそうだと自分に言い聞かせている内に、いつの間にか眠りについていました。

2013/02/10

■06:40 浅間峠 ■07:50 土俵岳 ■10:25-45 西原峠 ■12:05-15 三頭山避難小屋

高性能のマットとシュラフのおかげで、眠っている間はぽかぽか。そのせいで寝坊をしてしまい、目が覚めたときはぼんやりあたりが明るくなっていました。

コッヘルの中に残っていた水は凍っていましたが、東屋備付けの寒暖計を見ると気温はマイナス5度で、案外低くありません。すぐに湯を沸かして朝食をとり、荷物をまとめて出発しました。

峠から少し上がって振り返ると、東の方に明るく太陽が上がろうとしているところ。そして進路の左側には、木の間越しに純白の富士山が見えていました。周囲の山の樹林はピンク色から徐々にオレンジ色に変わり、天頂部の空の色はどんどん青みを増してきます。しかし、この笹尾根の道はハセツネのときもその単調さと微妙なアップダウンとで体力的にも精神的にも辛いところなのですが、この雪の季節でもそれは同様で、富士山の眺めが目を慰めてくれるとはいうものの、ついへこたれそうになってしまいます。

ようやく西原峠に着いたところで、時刻は10時半過ぎ。これは、今回は三頭山までで打ち切ろうと決めると少し気が楽になりましたが、道の方はここから斜度を上げてますます厳しくなってきました。それでも何とか三頭山避難小屋に到着して、ここでトイレ休憩をとってから、最後の階段状の登山道を登りきり、凸凹した尾根筋をしばし進めば、そこが三頭山の山頂広場でした。

■12:30-13:00 三頭山 ■13:55 鞘口峠 ■14:10 都民の森

無風快晴の穏やかな山頂では、何人もの登山者が三々五々ベンチに腰掛けて休憩中。振り返ると富士山が全貌を現しており、皆が大喜びでその写真を撮っていましたが、それよりも頭上に広がる抜けるような青空に感動しました。この青空と山頂を覆う雪の白さとのコントラストを見るためなら、ここまでわざわざ一泊二日をかけて来ても損はないでしょう!都民の森からなら2時間弱の距離ではあるのですが……。

下りは、鞘口峠方面にとりました。ハセツネコースは全長71.5kmで、せめてその半分の距離を歩くためには鞘口峠まで行っておく必要があったからですが、急坂でところどころに際どいトラバースを持つこの雪道の下降は、予想通り少々緊張を伴うものでした。それでも、最後まで軽アイゼンに出番を与えることなく鞘口峠まで下り着き、そこから都民の森までは雪もほとんどなくなって歩きやすい道になりました。

都民の森の土産物屋兼レストランでピザとビールで打上げをしながら考えてみましたが、もしハセツネ全コースを今回のように雪の季節に泊付きで縦走しようとすると、初日に三頭山避難小屋まで達するのは至難の業なので、泊まりはやはり浅間峠。ついで二泊目は御前山避難小屋あたりに求めることになりそうですが、それでも三日目はさほど遅くない時刻に武蔵五日市に戻ることができそうです。ただし、シューズはネパール EVOでは大げさで、もう少し軽量なものが良さそう。いずれにしても、やってできないことではないという確信はつかめました。来年?または再来年?いつになるかはわかりませんが、いずれ積雪期のハセツネコースを単独無補給で歩き通してみようと思います。

太線は、今回歩いたルート。ハセツネコースは、その先に細線で示したほぼ同じ距離の行程が続きます。なお過去の記録を見てみたら、今回のルートのほぼ逆コースを1986年5月にワンデイで歩いていました(ただし陣馬高原下へ下山)。