多摩川シダクラ沢

山頂  
分類 関東周辺 / 沢登り
日程 2012/09/29
同行 アイコ
概要 奥多摩駅から奥多摩湖行きのバスに乗り惣岳で下車、シダクラ橋を渡った先の堰堤付近から入渓。二俣を右に入り、大ブナ尾根に登り着いて小河内ダムへ下山。

シダクラ沢の遡行。小粒ながらも楽しい滝が連続し、予想以上に遊べる沢でした。(2012/09/29撮影)

上流で殻ばかりがたくさん落ちていた、栃の実。(2012/09/29撮影)

2006年に尾瀬の小淵沢を一緒に遡行したアイコと銀座で飲んでいたときに、話の流れから「また沢登りに行こう」という話になって、『日帰りで簡単な沢』という条件から選んだのが、このシダクラ沢。奥多摩駅から奥多摩湖方面にバスで少々の場所から御前山前衛の惣岳山に詰め上げており、行程も短く難しい滝もないコンビニエントな沢です。

2012/09/29

■09:50 惣岳 ■10:00 シダクラ橋 ■10:10-30 入渓点

「惣岳」バス停で下りたのは、我々二人だけ。そのバス停のところに多摩川方向へ下るジグザグ道があり、ここを下って不動尊の鳥居を出ると、そこが旧青梅街道の「むかし道」です。かつての街道をのんびり歩いてわずかで出てきたシダクラ橋は立派な吊り橋ですが、渓谷を覗けばかなりの高度感があり、橋もぐらぐら揺れてちょっと怖いものがありました。

橋を渡って、植林の中につけられた道をそのまま登って行くと取水堰の上に導かれて、そこで沢装備を身に付けました。久しぶりに沢靴を履いたアイコは「忍者になった気分です♩」と言っていましたが、なるほどね。

最初の小滝で念のためロープを出しましたが、アイコの足捌きは大胆でしっかりしており、どうやら何の心配もいらない模様。ただ、やはり滑りやすい部分もところどころにあるので、以後高度感を伴う滝では積極的にロープを出すことにしました。

もずくのような植物がびっしり張り付いた壁にしみ出している清水の冷たさを確かめたり、保護色で岩と同化していた大カエルにびっくりしたり、かつてのワサビ田の石垣跡に昔の人の仕事ぶりを思い描きながら、ところどころに現れる小滝を楽しく越えて行く遡行が続きます。水はさして冷たくなく、太腿まで積極的につかりながら極力流芯を進みますが、滝はさすがにシャワークライムという訳にはいかず、概ね水流の左側のラインを登ることになりました。

沢の中は、暑からず寒からず。北面の狭い沢なので暗いのかなと思っていたのですが、うまい具合に前方から樹林を通して日が差し込んで思いの外に明るく、ところどころの釜は水もきれいで、意外な開放感がありました。これは確かに、初めての沢登りに向いているかもしれません。

左岸から巨大ボルダーが迫ってくる5m滝をロープを出して左から越え、その直後の易しい階段状の5m滝をアイコに先行してもらうと滝場は終わり、そこからわずかの遡行で標高830mの二俣に到着しました。

■12:40 二俣 ■13:50-14:15 大ブナ尾根登山道 ■15:30 奥多摩湖バス停

持参してきたトポは左俣の遡行を指示していましたが、ここは右に進んだ方が早く登山道に達するはず。地形図を見てそちら方面の等高線がそれほど詰まっていないことを確認してから、右俣に入りました。

右俣出だしの苔むした小滝を越えると、易しいながらも斜度のきつい遡行がしばらく続き、やがて奥の二俣で突然水が伏流に変わってしまいました。後日調べたところでは、ここでいったん左俣に入ってから右の小尾根に乗り上るラインがよく歩かれているようですが、我々はなるべく右寄りに進んで大ブナ尾根を目指すことにしました。

奥多摩の沢でよく見られる、開けた樹林の中の明るい、しかし急で足元の崩れやすい斜面をひたすら登り続けて、突然目の前に現れた石灰岩の前傾壁を右から回り込むと、傾斜はぐっと落ちてそのまま大ブナ尾根の登山道に辿り着くことができました。

最後のアルバイトには辟易していた感のあるアイコも僅かの遅れで登山道に到着し、ここで沢装備を解除。あとは、よく整備されてはいるものの下部の急坂に肝を冷やす大ブナ尾根を、奥多摩湖まで下るだけです。

大ブナ尾根の途中から見下ろした、日本の山の風景。この写真の右端に写っている小河内ダムに下り着いたときに、アイコは「凄い、凄い!」と自分をほめまくっていました(笑)。確かに!普段運動はしていないと言っていたわりには弱音も吐かず、最後までしっかり歩ききってくれました。偉いぞ、アイコ。

タイミングよくやってきたバスで奥多摩駅に戻り、そこから徒歩10分の「もえぎの湯」でさっぱりして、カンパイ。お疲れさまでした。