正沢川本谷〔敗退〕

山頂  
分類 中央アルプス / 沢登り
日程 2012/09/22-23
同行 T女史
概要 幸ノ川橋から茶臼山に向かう道を辿り、沢登コースから正沢川へ入渓。初日は玉ノ窪沢出合までにして、幕営。二日目に正沢川本谷を詰める予定だったが、雨のため遡行中止。往路を戻る。

初日の遡行。翌日の好天を期待しながらの幕営だったのですが……。(2012/09/22撮影)

二日目の下降。雨であえなく敗退にはなりましたが、それなりに楽しい沢ハイクになりました。(2012/09/23撮影)

このところ、夏ごとに中央アルプスの沢をご一緒しているT女史。昨年は彼女の仕事の都合で機会を得られませんでしたが、3年前は中御所谷、一昨年は太田切川本谷を共に遡行しており、さて今年はどうするかということになりました。日程にゆとりがあれば、木曽側なら奥三ノ沢、伊那側なら中田切川本谷に行きたかったのですが、諸般の事情で一泊二日しか使えないために行き先は限られてきます。しかし、ちょうど先日ケイ氏と遡行したばかりの正沢川細尾沢の本流筋である正沢川本谷を勧めるガイド本の記述を見つけたので、これを選ぶことにしました。細尾沢が木曽駒ヶ岳にダイレクトに詰め上がる沢なのに対して、本谷の方はその北にある支峰である将棋頭山に通じており、茶臼山経由4時間で登り始めと同じ場所へ下ってくることができます。金曜日の時点での天気予報も土日の晴れを示しており、気楽な遡行を楽しむことができるはずだったのですが……。

2012/09/22

■14:30 幸ノ川橋 ■15:00-10 入渓点 ■16:20 玉ノ窪沢出合

正沢川細尾沢のときと同じく新宿を8時10分に発つバスに乗って、途中渋滞に阻まれながらも日義木曽駒高原の道の駅に着いたのが14時近く。大阪から自分の車で先に来ていたT女史とここで合流し、またしても幸ノ川にかかる橋のたもとまで車で入りました。私のザックには幕営装備一式とロープ。T女史のザックには今夜と明朝のための食材。実はこのとき、急転直下明日の予報が雨になっていることを知って転進したひろた氏現場監督氏がこの幸ノ川の遡行を終えて早くも下山の途についていたことを、神ならぬ身の私は知る由もありませんでした。

前回と同じ場所から正沢川に入り、ゴーロの中を遡行すること一時間余り。早くも玉ノ窪沢出合に到着しました。今日は出発が遅いこともあり、またガイドブックに「玉ノ窪沢出合左岸の岩小舎は7〜8人可で快適」と書かれていて興味津々だったこともあって、ここに宿をとることにしました。

くだんの岩小舎は玉ノ窪沢の左岸をほんの少し上がったところに確かにあって、中には砂が敷き詰められて平らですが、天井が低く、湿っぽいこともあって私もT女史もダメ出し。そのすぐ近くの小尾根上にテントを張るのにおあつらえの木に囲まれた小さいスペースがあったので、タープを雨よけに張って、その下にテントを設営しました。

T女史が用意してくれた料理は、カレー味のシチュー(ソーセージ、ジャガイモ、人参入り)、サラダ、フランスパン、さらに焼きそばまであって大満足のディナー。たらふく食べてお腹を満たした後は、焚き火をはさんで各自持参したお酒を楽しみました。この焚き火、集めた薪や小枝が湿っていて火付けに苦労したのですが、ここで絶大な威力を発揮したのがT女史がまな板代わりに持参していた牛乳の紙パックでした。紙パックが焚付けに良いということは知識としては知っていましたが、これほど確実に燃えてくれるとは、目からウロコ。そして、なんとか炎が立ち上がるようになった焚き火を眺めながらのおしゃべりは、お互いの幼少の頃のテレビ番組や給食のメニューや習い事の話。T女史と私は同じ年の生まれですが、私は小学2年生から6年生まで川崎市、かたやT女史は富山と地域が異なり、よって思い出話の中にいろいろとカルチャーショック的な相違点が浮かんできて飽きません。そうこうするうちに20時を過ぎたところで、翌朝の早出に備えてしぶしぶ就寝することにしました。

2012/09/23

■06:40 玉ノ窪沢出合 ■08:30 茶臼山コース横断点 ■08:50 幸ノ川橋

狭いテントに二人入っていればそれだけで十分温かく、柔らかく平らな下地のおかげもあってぐっすり眠れましたが、それでも夜中にタープを打つ雨だれの音が時折聞こえていました。一応3時半に起床し、お粥とパックのたくあんの和風な朝食をとりましたが、そうしている間にも徐々に悪天候がはっきりしてきました。そんなの(金曜日までは)聞いてないよ……とは思うものの、あたりが明るくなるにつれてこの日の晴天は望めないことが判然としてきたため、あっさり遡行は中止。熾し直した焚き火の近くで肩を並べて雨よけのフライシートをかぶり、しばらくのんびりと穏やかな時間を過ごした後に、おもむろにテントを畳んで下山を開始しました。

雨模様の中、昨日に比べて明らかに水量が増えている正沢川のゴーロの下りは、岩と岩の間のどこを下るか、徒渉するならどこが水流に倒されないかなどパズルを解くような難しさと面白さがあり、これはこれで楽しいものでした。おかげで登りよりもむしろ時間をかけながら茶臼山コースが正沢川を横断する地点に下り着いてみれば、そこにかかっている橋はワイヤーに板を何枚がぶら下げたもので相当にスリリング。しかし、我々はもっぱら左岸を下降していたのでこの橋を渡る必要はなく、そこからほんのわずかの歩きで元の幸ノ川橋に帰り着くことができました。

まだ早い時刻なので風呂にも入れないのではないかと心配していましたが、さすがT女史、近くの丸中山荘に併設されている「やすらぎの湯」が朝から開いていることを知っていました。冷えきっていた身体をお湯に沈めて芯まで温め、その後に木曽福島駅まで送ってもらって解散。

往復10時間と12,000円をかけて、実際の遡行は登り下りとも2時間に満たないというのは割に合わないようにも見えますが、周囲数キロに誰もいない自然の中でのゴージャス(?)な一夜は不思議に楽しく、満ち足りた気分で帰路につくことができました。Tさん、お疲れさまでした!また来年もよろしくお願いします。ただし、さすがに次は晴天に恵まれたいものですね。