剱岳剱尾根主稜

山頂 剱岳2,999m
分類 北アルプス / アルパイン
日程 2012/07/28-29
同行 現場監督氏
概要 池ノ谷乗越に張ったテントをベースに、今回の山行のメインイベントである剱尾根登攀。最終日は剱岳本峰を越えて室堂へ下山。
コルCから屹立する岩壁。トポでは「IV・A1」となっているこの壁をリードの現場監督氏はフリーで突破(後続の私はA0)しましたが、技術的にはここの方が門よりも困難。(2012/07/28撮影)
click
剱尾根の象徴=門。上の画像をクリックすると、剱尾根の登攀の概要が見られます。(2012/07/28撮影)
門の上から。リードの私がアブミを出したのは最初の2手だけで、後続の現場監督氏はフリーで登ってきました。(2012/07/28撮影)

2012/07/28

■04:15 池ノ谷乗越 ■04:50 三ノ窓直下 ■05:45 R2取付 ■06:30 コルE

夜半、一瞬の突風がありテントが「ばん!」と揺れました。恐らくこれは、長次郎谷で起きた雪崩に伴う風だったのでしょう。よって朝、出発時にテントの中に岩を入れて飛ばされないように補強することにしました。

今日は長丁場です。池ノ谷ガリーをどんどん下降し、池ノ谷左俣の下部からR10(「R」は「ルンゼ」の略)を詰めて尾根上に出て、あとはひたすら尾根通しを登り返すというもの。二俣から長次郎ノ頭までの標高差が900mあるといいますから、R10取付からでも800mくらいはあるでしょう。そして、池ノ谷ガリーの下降の悪さ、R10をすんなり見つけられるかどうか、「門」と呼ばれる岩峰の登攀の難しさ(トポでは人工登攀を交えるということが書かれています)など、不安要素はてんこ盛り。現場監督氏はワンプッシュは無理と思っていたようですが、私の方は「なんとかなるんじゃない?」と根拠レスの甘い見通しを持っていました。

午前4時過ぎに出発。まだ薄暗い池ノ谷ガリーを下ると、出だしに残雪がありましたがすぐに雪は消えてガラガラの悪いルンゼ下降となりました。このルートはいわゆる北方稜線ルートの一部で、その岩の脆さは前から噂に聞いていましたが、確かにこれはひどい。昨年の滝谷よりも悪く感じたほどです。

肝を冷やしながらの30分ほどの下降で三ノ窓の下を通過し、さらに30分で雪渓の上端に到着。ここでアイゼンを装着し、雪渓の上に乗りましたが、傾斜は比較的緩やかでまっすぐ下ることが可能です。雪渓に乗って数分で、左上から支流が合わさってきましたが、この支沢を登り返して右にあるルンゼ(R2)を詰めれば、剱尾根の上半部と下半部を分つコルBに到着する寸法。もしこの日、下半部だけで時間切れになったときはR2からここへ下りてきて池ノ谷ガリーを登り返すことになるので、この辺りの地形を頭に入れました(結局そういうことにはなりませんでしたが)。

左壁を見上げながら下り続けると、下の方に雪渓の傾斜が平坦になるところが見えるあたりで、左岸の岩壁を断ち割って切れ上がるはっきりしたルンゼと出合いました。目を凝らせば稜線上のコルも見えており、仮にここがR10でなくても、ここから上がってしまえばいいのではないかしらん?それでも現場監督氏は念には念を入れて、ちょうど下から池ノ谷を詰め上がってきていた3人パーティーのところまで下っていって情報収集をしてきてくれましたが、やはりここがR10とのことでした。うまい具合にシュルントも空いておらず、しっかりしたスノーブリッジを渡ってR10取付に乗り移り、アイゼンをはずして水を補給している間に現場監督氏も上がってきて、とにかく急いで稜線まで上がるようにと強い口調での指示。はいはい、がんばりましょう。現場監督氏はアイゼンを履いたまま、R10内に残った雪の上を登っていきましたが、残雪の左側が登路としてずっと上まで続いており、あえて雪に乗らなくても大丈夫。最後は脆い斜面に足をとられながら木登りの要領で稜線に到達しました。二人も立てば一杯の狭い鞍部であるここがコルEで、剱尾根の縦走はここから始まります。

出だしの細いリッジから、すぐにハイマツや草付・灌木の急登に変わります。踏み跡は比較的明瞭で進路に迷うことはなく、技術的にも問題にはならないのですが、ところによっては覆い被さるハイマツや木の枝を腕力頼みにかきわけつかまりながらの登りとなり、少々気が滅入ってきます。そうした登りを30分程も続けたところで、前方に20mほどの岩壁が現れました。先行していた現場監督氏はそのままフリーソロで登っていきましたが、途中ところどころで逡巡している様子。こんなところにこんな壁があるなんて聞いてないよ(ヒロケンさんのトポにはこの壁についての言及なし。もしや巻き道があるのか?)と思いましたが、上に抜けた現場監督氏からロープを投げてもらって私も後続したところでは、部分的にIV級はありそうです。そして、この岩壁を越えて少し登ったピークが恐らくPIIIで、ここから前方に剱尾根のシンボルである巨大な岩峰=門が見えてきました。まるでバットマンの頭部のように二本のツノを生やした門は、ガスの中にその姿を見え隠れさせていて神秘的な雰囲気を漂わせています。

ここで小休止して行動食を口にしてから門に向かって右手へ回るように小さく下ると、左からR8が上がってきてコルD。ところが、このあたりでは先ほどの岩壁のこともあって私も現場監督氏も今ひとつ現在地を同定することができず、ここから登るリッジ〜フェースがコルCからの岩壁なのかも?そうするとアブミを使うことになるのか?などと訝しみながらロープを出すことになりました。しかし実際には、リッジの上はホールドが少々細かくはあるもののフリクションの効くフェースの登りに過ぎず、残置ピンもほとんどないままに上に抜けてしまっていました。そこからハイマツと岩の痩せたリッジを進み、小さなピーク(PII)を過ぎて圧倒的な岩壁の手前のギャップに下り立ちました。ここが、コルCになります。細く切れ落ちたコルCを右俣側に少し下ったところにはテントを張れそうな小平地があり、実際にそこにテントを張った記録もあるのですが、水はとれないのでここでの野営を夏の計画に組み込むのは難しそう。

■09:00-10 コルC

トポでは、この岩壁は出だしIV級から右へアブミトラバースして、さらに右壁をA0混じりで直上することになっていますが、目の前の岩壁は一見するとどこをどう登るのか、という感じ。ところが、よくよく見れば残置ピンや残置スリングも見えていて、どうやら登りながらでもラインの見当がつきそうです。ここで登山靴をクライミングシューズ(今回は歩き重視でマムートのベルベット)に履き替え、ロープを結び直して登攀開始。門の方をリードしたい私は言葉巧みに(?)このピッチのリードを現場監督氏に押し付けましたが、イヤな顔ひとつせずリードを引き受けてくれた現場監督氏は、5mほど登ってから「あそこにガバがあるのか」などと独り言を言いながら右を窺って、そのままアブミを出すことなくやおらトラバースを開始。部分的にシビアなところもあったようですが、そのままフリーで抜けて安定したレッジに立ち、ガッツポーズを見せてくれました。

ロープが40mほど伸びてから声がかかり、私の後続。出だしは問題なく、そこから右へのトラバースは要所にガバホールドがありますが、バランスが悪いところもあり、ためらうことなく残置スリングを使ったA0で速度を稼ぎました。今回の我々はライト&ファーストスタイルだったのでフリーないしA0ですませましたが、もし池ノ谷を下から詰めて全装備を背負った状態でここを登ろうとしたら、確かにアブミに頼らざるを得ないでしょう。右手に回った後の長い垂壁もしっかりIV+程度はあり、重荷の場合は侮れません。現場監督氏も、こちらの垂壁の方がロープが重くて往生したと言っていましたが、ルートが屈曲している関係でこれは致し方ありません。

ともあれ、この岩壁を切り抜けると門がぐっと近づいてきます。そのままコンテで進み、R6のコルから左折して門の麓に続く踏み跡を辿るようにして突き当たりの岩壁まで達しましたが、逆光で門がずっと見えにくい状態が続いたことと、よく見られる状態になったときには既に近づき過ぎていて全体像を把握できないほど門が大きく覆い被さってきていたことから、門の形状に関して私の中に誤認が生じていました。つまり、トポの図解や遠くから逆光の中のシルエットとして見えていた門の姿を下の図の左側のシンプルなものだと思っていたのですが、実際の門は右側の複合的な形状をしており、門の麓を通るトラバース道は我々が登ろうとしていた登攀ラインの前を通過して奥壁のより困難なラインにつながっていたのでした。

そのまま脆い奥壁を10mほど登ったところで右上を見上げると、上の図の右側の二つの面が交わるところに向かって逆層の斜面が広がっており、そちらに残置スリングも見えてはいるものの、いかにも困難そう(=『日本登山体系』やヒロケンさんのトポに書かれた三つ目のルート)。そういう目で見てみると、いま自分がセルフビレイをとっている残置ピンにはカラビナが残されており、残置スリングなども近くにあって、先人がここから退却したのであろうことがありありと見てとれます。後続の現場監督氏にもここまで上がってもらっていましたが、いったん下のトラバースバンドまで懸垂下降で戻ることに意見が一致し、残置ピン1本・残置カラビナ1枚に命運を託してロープをセットし、下りました。幸い先人はしっかりした仕事をしてくれていたらしく、ピトンは抜けることもなく我々をバンドまで送り届けてくれましたが、私のトポの読み込み不足によって思わぬタイムロスをしてしまいました。

トラバースバンドを戻ってみれば、右の壁の中程に顕著なトンガリ状クラックがあり、先ほどはどうしてこれに気づかなかったのかという感じ。アブミを伸ばし、改めて登攀開始。出だし一段上がって、そこで目の前にぶら下がっているいつ切れてもおかしくなさそうなスリングにアブミを掛けて、そっと体重を乗せてみました。大丈夫。続いてそのすぐ上の短いスリングにクイックドローを掛けてから次のアブミをセット。こちらもOK。ここでランナーをとってから伸び上がってみると、すぐ手が届くところに立派なガバがあって、安定したレッジに乗り上ることができました。ここでアブミを回収してから頭上と左手を眺めてみると、どうやら登攀ラインは左に続いているよう。すぐ先で直上するクラックが分かれ、そちらにも残置ピンは見えていましたが、どう見ても左上に続く階段状のランペの方が易しそうです。途中、残置ピンに残された細引きをナイフで切り落としてクイックドローをセットしたりしながら左上を続けましたが、残りは拍子抜けするほど易しくてほぼIII級。やがて門扉の上に出れば、そこには残置ピン3本が固め打ちされている岩があり、ここでピッチを切りました。このピッチも、約40m。

私の登りを見ていてアブミを出す箇所が出だしのワンポイントに過ぎないこと、その上にガバが待っていることを知った現場監督氏は、このピッチもフリーで続いてきました。ここもコルCからの岩場と同様、全装備携行ならA1になるでしょうし、軽装ならフリーでの突破を試みるのが妥当と言えるでしょう。ともあれ、これで剱尾根の技術上の核心部は無事に通過したことになります。

そこから先は、緩傾斜のスラブから脆いルンゼへとビレイらしいビレイをとることもなく登って尾根上に出てわずかで茫洋としたピークに立ちましたが、ここが後から思えば剱尾根のドーム(PI)だった模様。遠くから見ればはっきりわかるのでしょうが、縦走の途上ではドームをドームと認識することができませんでした。ともあれ、行く手に見えている剱岳本峰から八ツ峰ノ頭にかけての稜線はずいぶん遠く、かつ高く、横を見ればまだ我々のいる位置は三ノ窓と同じくらいの高さに過ぎません。

前途の残された長さを覚悟しながら下り着いたギャップが、コルBでした。上述のとおり、コルBは剱尾根の上半部と下半部を分ける地点。ここで14時を回るようだったら縦走打切りを考えようと事前に申し合わせてありましたが、時刻はまだ正午。これなら余裕を持って上半部を登ることができるでしょう。

■12:00-10 コルB

狭いコルBから左方向はR2から池ノ谷で、剱尾根上半部だけを登るパーティーや、逆に下半部だけで縦走を打ち切るパーティーが登り下りしているところ。しかし、懸垂下降用の支点はコルの右側にもつけられており、しかも比較的新しそうでした。ということは、ここからR2とは反対側=αルンゼを下って池ノ谷右俣上部の岩場を登るクライマーが、今でも少なからずいるということなのでしょう。

さて、コルBからはしばらく険悪な雰囲気の岩稜が続いているので、ここであらためてロープを結びました。最初のピッチは稜線通しから途中で左に回り込むバンドを辿れば易しかったのだと思いますが、残置スリングに導かれて現場監督氏がチョイスしたラインはIV級テイストのちょっとしょっぱいフェースクライミング。続く1ピッチはどうということもなく、続いて大きな三角おむすびのような茶色の岩は左ののっぺりしたフェースをトラバース。

その先、草付の中を左上して尾根上に戻ったところで、ロープを畳みました。ガスが流れたり切れたりの中、前方に鋭く屹立する剱尾根ノ頭はずいぶん遠くに感じましたが、技術的には問題がなく気楽な岩とハイマツの尾根をのんびり歩いて、最後のギャップであるコルAから高度を上げ続け、広い岩の斜面は適当にルートファインディングしながら登っていけば、その尾根の突端が剱尾根ノ頭でした。

■14:20 剱尾根ノ頭 ■14:35-15:25 長次郎ノ頭 ■16:20 池ノ谷乗越

剱尾根ノ頭からちょっとクライムダウンして、赤茶けた脆い壁を登り詰めれば、待望の長次郎谷ノ頭。現場監督氏と完登の握手を交わして、ここで剱尾根主稜線の縦走は終了です。R10の取付からここまで9時間かからずに登れたのは、自分としては上出来と言えるでしょう。あいにく振り返り見る剱尾根方面は雲が上がってきていて我々が登った行程を見通すことができませんでしたが、近くの剱岳本峰や八ツ峰は指呼の間。ここで大休止をとって、しばらくはそうした展望を眺めながら息をつきました。

さて、ここで改めて最終日の行程を確認。長次郎谷を下ってハシゴ谷乗越から黒部ダムへ戻る道も当然考えられますが、クレバスの状況がどうなっているかわからないし、どうせなら本峰を踏んでから帰りたいところなので、明日はこの尾根を本峰へ歩き、そのまま室堂へ出ることにしました。そうとなれば、重いギアやロープ、ピッケルはここに置いていくのが賢いやり方。今日はもう不要となったものを私が持参していたツェルトにくるんで、長次郎谷ノ頭の一角にデポしました。

長次郎谷ノ頭から池ノ谷乗越までも、比較的よく歩かれているとは言ってもいわゆるヴァリエーションルート。それなりに気を遣うところはありますし、最後の下降は岩が脆くて疲れた身体には少々辛いものがあり、風に飛ばされることなく我々を待ってくれていた青テントに帰着したときには、心底ほっとしました。とにかく、長らく狙っていた剱尾根を、それもワンデイ・ワンプッシュで歩き通すことができたので、大満足です。これでこのテントにビールの備蓄があれば言うことなしでしたが、そんなにビールを担いでいたらここまで登れていなかったかも……。

mouseover

これが、富山平野から真冬に見える剱岳。剱尾根もはっきり見えています。〔Wikipedeiaより借用〕

2012/07/29

■05:45 池ノ谷乗越 ■06:20-35 長次郎ノ頭 ■07:40-50 剱岳

最終日の出発は、ガスの中。二晩泊まった雪渓上部のシュルントは、水も近くからとれたし、風からも守られていたしで、快適なテントサイトでした。テントを畳んで回収するときには、心なしか全体に下がっているような気がしましたが、ともあれお世話になりました。

花を愛でたり雷鳥の親子に癒されたりしながら昨日歩いた道を逆に進んで、長次郎ノ頭でデポ品を回収。ここで再びザックがぐっと重くなりました。

その先の道も意外に侮れず、行き詰まって懸垂下降を余儀なくされる場面もありました。実はこのとき、前夜三ノ窓に泊まっていたというそれぞれ単独のクライマー及び縦走者と前後していたのですが、縦走のおじさんは巧みなルートファインディングで岩場をするするとクライムダウン。一方のクライマー3人は、重荷のせいもありますがロープにすがってラペルダウン。うーん……。

ともあれ、そこから30分も歩けば剱岳本峰の山頂で、ここで一気に原宿並みの混雑の中に放り込まれることになります。

■11:20-35 別山乗越 ■13:20 室堂バスターミナル

剱岳からの下降路は、おなじみカニのヨコバイです。

このあたり、渋滞に巻き込まれることを懸念していたのですが、山頂の登山者たちが晴れ待ちをしていたこともあって、比較的スムーズに下界を目指すことができました。

前剱、一服剱を通り過ぎて、剣山荘には立ち寄らずにくろゆりのコルから斜面をトラバースする道を別山乗越へ。途中には雪が多く残っていましたが、しっかりした踏み跡がついていて、ストックの力を借りれば全く不安なく歩くことができました。

別山乗越のトイレで久しぶりにお金を使い、そこから雷鳥平までは快調な下降でしたが、雷鳥平から室堂ターミナルまでの登り返しは牛の歩み。重荷と暑さとでまたしてもヘロヘロになってしまいました。もしここに、富士山五合目のような「馬」のサービスがあったとしたら、その誘惑に抗しきることは難しかったでしょう。しかし、幸か不幸か、室堂は登山者にも観光客にも平等に「自分の足で最後まで歩け」という態度を堅持していたのでした。

男二人の四日間の山旅の無聊を慰めてくれた皆さん(感謝)。