剱岳八ツ峰VI峰Aフェイス中大ルート〜Cフェイス剣稜会ルート

山頂  
分類 北アルプス / アルパイン
日程 2012/07/26-27
同行 現場監督氏
概要 初日は、黒部ダムからハシゴ谷乗越を経由して長次郎谷をI・II峰間ルンゼの岩小屋まで。次の日、テントを池ノ谷乗越まで移動させてから長次郎谷を下り、八ツ峰VI峰Aフェイス中大ルートとCフェイス剣稜会ルートを登った後、そのまま主稜線を縦走して帰幕。

click

VI峰Aフェイス中大ルート。上の画像をクリックすると、同ルートの登攀の概要が見られます。(2012/07/27撮影)

click

VI峰Cフェイス剣稜会ルート。上の画像をクリックすると、同ルートの登攀の概要が見られます。(2012/07/27撮影)

剱岳の剱尾根は、ヒロケンさんの『チャレンジ!アルパインクライミング』では「技術的には下半が困難で中級以上、上半は初級レベル」とされているものの、トポを読んでみるとポイントはむしろその長さにあると思われました。ヒロケンタイムでは、下半部が5〜8時間、上半部が2〜3時間。これにR10取付までのアプローチと長次郎ノ頭からの帰幕の時間を加え、私の脚力レベルを加味すると、12時間行動は必至。それでも、剱岳の山の名を冠したシンプルなこの尾根のネーミングは魅力的で、数年前から「いつかは登りたいもの」と狙っていました。

実は今年のGWにもこのルートの登攀を計画したのですが、そのときは天候が思わしくなく剱岳行は中止し、単独での爺ヶ岳東尾根に切り替えることになりました。この計画変更は正解で、予定通りの日程で剱尾根に入っていたら、あの何人もの遭難者を出した暴風雪に巻き込まれることになっていたことでしょう。さて、それでは季節を変えて夏、それもなるべく残雪が安定している早いタイミングに剱岳に入ろうということで、梅雨明け直後のこの週末での剱岳行となりました。私の仕事の都合で直前に日程が若干変わったため夜行バスの予約はとれず、水曜日の20時新宿発のスーパーあずさで松本経由信濃大町まで。先に来ていた相方の現場監督氏は駅を出て右手にある小さな公園のようなところにテントを張っており、私もその近くでツェルトをかぶって就寝しましたが、おかげで夜行バスよりはるかに快適な一晩を過ごすことができました。

2012/07/26

■07:55 黒四ダム ■09:00 内蔵助谷出合 ■11:15 内蔵助平 ■13:15-30 ハシゴ谷乗越

信濃大町から扇沢へ向かう始発バスに乗り、トロリーバスに乗り換えて黒四ダムまで移動。ここから内蔵助平〜ハシゴ谷乗越を経て長次郎谷に入るのがこの日の行程ですが、扇沢のチケット売場で「内蔵助平方面の登山道は通行禁止」という掲示がなされていて、一瞬ドキリ。何しろつい最近、世界的にも著名なクライマーが立入り禁止の神聖な滝を登ろうとして現行犯逮捕され、世間の指弾を受けた事件が起きたばかり。あまり無茶はできないと思いましたが、まあ、行ってみて本当に閉鎖されているようだったら室堂からアプローチするか、と深くは悩まずに黒四ダムに来てみれば、特に鎖が張ってあるなどの処置も施されてはいないので、予定通り黒四ダムから黒部川へ下降する道に入りました。

橋を渡るところにあった掲示板には、次の記述あり。なるほど、そういうことだったのか。

平成23年10月5日以降、長野県北部で地震が頻発しております。この地震の影響により、旧日電歩道各所において落石・崩壊が多く発生しており、一部に歩道が崩落している箇所もあることから、通行できる状況ではありません。(落石による負傷者も出ております。)
関西電力(株)/富山県警察 山岳警備隊

この道は、これまで源次郎尾根を登ったとき丸山東壁を登ったときに通っていますが、確かに修理中の桟道や斜面の崩壊などがあって、荒れた感じが漂っています。とは言うものの、ヴァリエーションルートを志向する向きには特に問題にならない程度。

懐かしい丸山東壁を見上げながらどんどん歩みを進めましたが、それにしてもこの日は暑い。風がほとんどない中、遮るもののない日差しにじりじりと焼かれながら、ところどころのガレ場に神経を使いつつ高度を上げ続けるのは相当につらいものでした。

この登りでの消耗は、暑さのせいもさることながら、軽量化の失敗も影響していたかもしれません(二日前の晩にワインを1本半空けて二日酔いだったのは内緒)。テントを担いでくれている現場監督氏のザックは18kg、共同装備としてはツェルトくらいしか持っていない私のザックはなぜか20kg。定着山行だからと食料のリストの中に缶詰を3つも入れたのがいけなかったのか……。

それにしても、現場監督氏は足が速い。いったい、何を食ったらあんなに速くなるのか?いや食わないから身体が軽くて速いのか?だいたい、なぜこんなに暑いんだ……などと半分熱射病の頭の中は愚にもつかないことばかりぐるぐる考えて、肝心の足が前に出ません。

現場監督氏をかなり待たせて、やっとの思いでハシゴ谷乗越を通過。急降下の後に剱沢の雪渓に出てようやく少し涼しい思いができましたが、雪渓通しはクレバスなどもあって通れず、左岸の巻き道に上がって引き続き上流を目指しました。

■14:55-15:05 真砂沢ロッジ ■17:05 I・II峰間ルンゼの岩小屋

5年ぶりの真砂沢ロッジに到着、私は既にグロッキー。軟弱に流れるなら、今日はここにテントを張り、翌朝テントを熊ノ岩まで持ち上げてから登攀につなげるということも考えられます。しかし実は、剱尾根を下半分→上半分通してワンプッシュで登れるとはこのとき思っておらず、仮に剱尾根をコルBまで達したところで時間切れになったときはいったん行程を打ち切ってR2経由で帰幕し、翌日改めてコルBから上を登り直すという日程を考えていました。とすると、やはり今日のうちに熊ノ岩までテントを上げておかないと行程が最終日に食い込む可能性が出てしまいます。

というわけで、しばしの休憩の後に行動再開。荷が重いと言いながら、ザックの中には真砂沢ロッジで調達したビール350ml缶が加わっています。まだまだ元気な現場監督氏に先行してもらって、後からえっちらおっちら剱沢を遡っていきました。15時を過ぎても日差しの厳しさに衰えは見られませんでしたが、さすがに長次郎谷の入口に立つと、冷蔵庫のドアを開けたときのような冷気がどっと押し寄せてきて、一気に汗が引いてくれます。

今回、アプローチの足回りについては「12本爪のアイゼンを着けられる登山靴」という申合せがしてあり、私はスポルティバの「ネパール EVO GTX」。長次郎雪渓の登りはV・VIのコルあたりまでは傾斜が緩いので、アイゼンを履かなくても爪先を軽く蹴り込むだけで不安なく登ることができます。とは言うものの、上の方に見えている現場監督氏の姿のさらに先、熊ノ岩と思しき岩場(←私はまだ熊ノ岩に泊まったことがありません)は遠く、そこまでの登りは果てしないもののように感じられました。

登りの途中で上から男女ペアのクライマーが降りてきたので、挨拶をして情報収集。熊ノ岩サイトには雪がこんもりでテントを張るスペースが狭く、そこは既に占有されてしまっているとのこと(そのテントの主とは、翌日へんな形でお目にかかることになります)。しかし、対岸のVI峰前のインゼルになら一張り分のテントスペースが使えるだろう、という話でした。ちなみにお二人はこの日、VI峰フェイスを登ってそのまま八ツ峰を縦走し、池ノ谷乗越から下ってきたとのこと。我々が剱尾根を目指していることを話すと、池ノ谷乗越のクレバスはしっかり横に回り込んで越えるようにというアドバイスもしてくれました。

親切なお二人と別れて、再び雪渓の登り。しかし、このペースでは熊ノ岩に着く前に日が暮れてしまうと判断した現場監督氏は、右手のI・II峰間ルンゼの出口上流側にある岩小屋の中にテントを張ることにしました。着いてみれば、テントはほとんどすっぽり屋根の下に入れることができ、ちょっと整地すれば概ね平らな下地を作ることもできました。水も、近くの雪のトンネルの中に滴っている水を根気よく集めれば良く、テントサイトとしては申し分ありません。後でわかったことですが、ここは現場監督氏が25年前に当時所属していた山岳会の合宿で使ったところ。現場監督氏自身も記憶に残っていなかったようですが、ネットで検索すると何件かヒットするので、それなりに利用者はいるようです。

夕食をとりながら、行程の見直し。剱尾根ワンプッシュを目指すために、テントを熊ノ岩ではなく池ノ谷乗越まで上げることにし、その移動日となる翌日はVI峰フェイスを登ることにしました。そういうこともあろうかと(?)、トポは剱尾根とVI峰フェイスの両方を持ってきてあります。何ごとも、事前の準備が大事ですね(←その前にちゃんと軽量化しろ、という声あり)。

2012/07/27

■05:30 I・II峰間ルンゼの岩小屋 ■16:25-35 VI峰前のインゼル ■07:55-08:20 池ノ谷乗越

午前4時に起床し、諸々の用事を済ませて5時半に出発。今日は、最初からアイゼンを履いています。

岩小屋からVI峰前のインゼルまでは1時間弱の行程で、左手には豊富な水を岩の上から落としている熊ノ岩サイトも見えましたが、確かに雪が平坦地のほとんどを埋めており、その端の際どいところにオレンジ色のテントが一張り張られていました。インゼル上にも一張り分のテントスペースがあり、ここはここで快適に過ごせそうでしたが、今日の我々は、ここに登攀具一式をデポしてさらに上を目指すことになります。

既にCフェイスに取り付き始めているクライマーの声を聞きながら、徐々に傾斜が強くなる雪渓をどんどん詰めていくと、上の方では横に走る亀裂が出始めました。これを左右に交わしながら登ると、池ノ谷乗越の少し手前で大きなクレバスが行く手を遮ります。先行している現場監督氏のラインどりを信じてクレバスの左から中に入り、右の露出した数mの高さの岩壁(III級)を登りましたが、ここ、テント設営後には下らないといけないんですよね?ロープがあれば懸垂下降するところ(真新しい支点あり)ですが、あいにくロープはインゼルにデポしてきたところ……。

クレバスの上の急な雪の斜面を登れば、そこが池ノ谷乗越でした。

このコルも雪が盛り上がるように覆っていて平らなスペースが得られませんでしたが、長次郎谷側にちょうどテント一張り分の凹みができており、そこにテントを張って宿泊用装備一式をデポすることができました。

くだんの岩場は、何とか無事にクライムダウン。あとはクレバスに落ちないよう登りのときの踏み跡を丹念に辿って、インゼルまで下降します。

■09:15-25 VI峰前のインゼル ■09:30-12:15 Aフェイス登攀

インゼルに戻って、デポしていた装備を装着。Cフェイスでは朝方に声を聞いたのとは別のパーティー(どうやら女性だけのパーティー)が登っているのが見えましたが、我々はまず一番下流側のAフェイスを登り、登攀終了後に懸垂下降してからCフェイスへ向かうことにしていますから、十分に間隔が空くことでしょう。

手持ちのトポには、Aフェイスでは魚津高ルートと中大ルートが紹介されていますが、前者は一番難しいピッチでもIII+で、この後に登る予定のCフェイス剣稜会ルートが同程度であることを考えると、もう少し歯ごたえのある後者(『日本登山体系』には「短いがかなり手強いルート」と書かれています)にトライしたくなります。トポとにらめっこしながらAフェイスの右端のカンテを回り込み、そこに魚津高ルートのラインを認めてからさらに奥に一段高いところへ上がると、どうやらここが中大ルートらしいと思える凹角が出てきました。見たところ、出だしのフェイスはホールドも豊富ですが、そこから先はのっぺりした感じで様子がよくわかりません。何はともあれ、ロープを結んで登攀開始。

1ピッチ目(40m / IV+)、現場監督氏のリード。出だしは目の前の凹角の左側のフェイスに残置ピンが続いていますが、上部で手がかりの乏しい膨らんだフェイスから意外に傾斜のきついコーナークラックの中へ入っていきます。このコーナークラックは、右手側からかぶさってくる岩にやや脆いながらも豊富なホールドを求めることができ、左手側はスラブっぽい垂壁の凹凸を上手に探して高い位置にステミングを決めていく立体的なムーヴが求められます。後で懸垂下降でも使うことになるこのピッチの支点は、かなり新しい浅打ちのボルト3本にこれも新品の青いスリングが掛けられたもの。ちょっと窮屈ですが、二人が辛うじて立てるスタンスもありました。

2ピッチ目(40m / IV)、私のリード。支点からそのままコーナークラックを辿るラインもありそうですが、そちらには残置ピンが見えず、一方、右手のフェイスに残置ピンがベタ打ち。残置ピンファインディングになってしまうのは不本意ではありますが、ここは先人の「こっちへおいで」という声に素直に耳を傾けて、右ルートをとることにしました。出だしはホールドが細かく、斜度も立っており少々緊張しましたが、しっかりランナーをとって2mほど上がるとガバがあり、そこから左へ移れば傾斜の緩くなったクラックに戻ることができました。そこから先は、ほとんど階段状。ロープの残りを聞きながら目一杯伸ばして、はっきりした支点が出てきたところでピッチを切りました。

3ピッチ目(15m / II)、現場監督氏のリード。すっかり緩やかになったハイマツのリッジを登って、Aフェイスの頭へ。

そのまま、3ピッチ目のリッジをハイマツの枝にすがりながらクライムダウンして、2ピッチ目の終了点の近くにあるがっちりしたハイマツの幹に残置されたスリングを使って、私から先に懸垂下降。登攀ラインに対して上から見て左側のフェイスを下ることになったため、上部は脆い岩とハイマツの斜面、そこを絡んだロープをほどきながら下って、斜め懸垂で1ピッチ目終了点に降り着いて現場監督氏を待っていると、上から「やべっ!ラク!」の大声がかかりました。脆い岩にロープが擦れて落石になったようですが、上述のとおり自分の位置はフォールラインに対して横にずれているので無事。一方、するすると下りてきた現場監督氏は、岩が足首をかすめたようで派手に流血していました。しかし、どうやら傷自体は浅いものだったようで、そのまま懸垂下降を継続して取付に戻ったときには、幸いなことに出血はおさまっていました。

■12:40-15:00 Cフェイス登攀

Aフェイスのシュルントの中で行動食をとり、雪から滴る水をプラティパスに補給して、次はCフェイスの登攀です。Cフェイスの下部は大きく長次郎谷側に張り出しており、そこに右から回り込めば緩やかな階段状のフェイスを登ることになりますが、手前側にあたるフェイス側面は数mの垂壁。そしてこの日、階段状のフェイスの上には中途半端に残った雪が覆い被さっていて、水がぽたぽたと滴っている状態でした。さて、どうするか……。垂壁を登ってかぶった雪をスキップするラインどりを考えていったんは取り付いてみましたが、こちらの壁も濡れていて条件が良くありません。どうせ濡れるなら、一番楽に登れる雪の下を正攻法で登ることにしよう、と覚悟を決めました。

1ピッチ目(30m / III)、私のリード。張り出した岩の一番右、雪に行く手を遮られるぎりぎりのところから取り付いて、水をかぶりながら左上。後から考えれば、この瞬間に雪が崩れたらただではすまなかったのですが……。ともあれ、その先はどこでも登れそうな階段状の緩斜面から凹角になります。

2ピッチ目(35m / II)、現場監督氏のリード。極めてイージー。このあたりで、上の方に女性二人組のパーティーの姿が視界に入ってきました。しかし、先行しているというよりは下ってこようとしている様子。

3ピッチ目(40m / III)、私のリード。岩は比較的しっかりしており、なかなか快適です。なるべく左のリッジ沿いを登るようにラインをとりましたが、どこでも登れるだけに右往左往してしまったようで、フェイスの途中の中途半端な位置でピッチを切ることになりました。そこから数m上の安定したテラスに先ほどから見えていた我々と同年代らしい女性パーティーがいて、後続の現場監督氏をビレイしながら言葉を交わしたところ、Cフェイスの頭からV・VIのコルへ下ろうとしたものの道がわからず、仕方なくこのルートを懸垂下降で下ろうとしたらロープがスタックしてしまったのだそう。上がってきた現場監督氏にそのまま女性パーティーのいるところまで上がってもらい、すぐに私もテラスまで登って、ロープ回収を請け合いました。そしてこの二人が、熊ノ岩のオレンジテントの家主でした。

4ピッチ目(40m / III+)、現場監督氏のリード。ナイフリッジをトラバースする、このルートの看板ピッチです。リッジに手をかけて足をフェイスに押し付けるようにして渡る場面もありましたが、全体的に岩は堅く、フリクションも効いて快適。高度感が楽しく、確かにこのルートが人気ルートなのも頷けます。

5ピッチ目(15m / II)、私のリード。易しいリッジを、終了点近くの岩の脆さだけを気にしながら登るだけ。女性パーティーのロープは、このピッチの途中で結び目がほんのわずかに岩角に引っかかっているだけでした。なるほど、たったこれだけのことでスタックしてしまうのかと今さらながら学習。結び目をちょっと動かしてロープが動くようにし、下に声を掛けてから、目の前の終了点を目指しました。

■15:20 Cフェイスの頭 ■17:10 八ツ峰ノ頭 ■17:20 池ノ谷乗越

Cフェイスの頭でロープを解き、しばし休憩。さて行くかと腰を上げて何気なしに下を見ると、熊ノ岩サイトのテントは二つに増えており、そこに二人の人影が見えました。上から手を振ると下の二人も手を振り返して何かを叫んでいましたが、それが先ほどの女性パーティーだったとしたら、相当な下降スピードです。

ここからは、八ツ峰の縦走。残雪期に縦走したことがあるルートではありますが、当然この季節とは条件が全く異なります。それでも道は比較的明瞭で、ところどころのクライムダウンを慎重にこなしながら概ね稜線の右側を絡むように進みます。

VII峰とVIII峰の間のコルの下から右手には、クレオパトラニードルからチンネ方向への巻き道が続いていましたが、その出だしのところにはボロボロになったテントとザックが二つ。これは一体……。考えられるとすれば、遭難救助で残置された用具一式の成れの果てというところですが、真相はもちろんわかりません。そして、このあたりの地理に慣れたクライマーなら、この巻き道からクレオパトラニードルを目指し、ルンゼを詰めて八ツ峰の頭へ出ることもできるようですが、我々はとにかく稜線通しのルートを選びました。

VIII峰から下ったギャップでは、小さい懸垂下降あり。このコルからさらに長次郎谷へ下り、ダイレクトに池ノ谷乗越へ出るラインもあるようで、実際我々もルートを目で追ってはみましたが、上述のとおり雪の残り方が不穏なので、真面目に八ツ峰の頭を目指すことにしました。

最後はアンサウンドな岩場のクライムダウンで、池ノ谷乗越に帰着。12時間近くをかけた盛りだくさんの行動でしたが、まずは幸先よい一日となりました。

→「剱岳剱尾根主稜」へ続く。