モントレイル戸隠マウンテントレイル

山頂 瑪瑙山1,748m
分類 上信越
日程 2012/06/23
同行 マドカ
概要 戸隠高原ホテルを起点に、周囲の山道や林間の道を周遊する20kmのトレイルランニングレース。

6月は、自分的にはなぜかトレイルランシーズン。一昨年は武甲山、昨年は忍野村。そして今年は、チームモントレイル・マウンテンハードウェア所属の山田琢也さんがプロデュースする戸隠マウンテントレイルに参加です。自宅からの直線距離で言うとこれまでで一番遠いのですが、スタートが13時なので、朝それほど早起きをしなくても十分間に合います。大宮でラン友マドカと待ち合わせ、そこから長野新幹線に乗って長野駅に着くと、大会事務局差し回しのバスが待っていて、のんびり現地入りできました。今回は表彰式後のBBQ大会にも参加するために宿の手配も大会事務局に依頼していたのですが、我々の宿となった「やまびこ荘」は大会会場である戸隠高原ホテルまで徒歩1分と超便利。なんて恵まれた条件なんでしょう!

2012/06/23

前日までの雨もこの日はきれいに上がって、多少雲はあるもののなかなかのトレラン日和。

正面の戸隠山は上部が雲の中でしたが、その右の高妻山のトンガリに見下ろされながら、定刻通りスタート。すぐに小川を横断する場所が出てきますが、道自体もぬかるんだところが多く、ゴアテックスブーティなシューズを持参したのは正解でした。しかしこの大会は制限時間なし、とにかく自分のペースで完走して下さいというのがコンセプトなので、渋滞も気にせずのんびり走ります。やがて瑪瑙山への急な登りになり、ここで山屋根性を発揮して何人かを抜き去りましたが、思ったよりすぐに傾斜が緩んでスキー場らしい開けた場所に出ました。

瑪瑙山頂へ向かう急な登り道。ここは私の得意領域になるので、何人も抜かさせていただきました。Takuya語録その1も励みになります。

素晴らしい景観!後ろを見ると高妻山のトンガリ、その右には火打山や妙高山など、反対側の遠くには雲に半ば覆われながらも北アルプスの山並みが一望できました。Takuya語録その2を横目に、先を急ぎます。

そのまますぐに瑪瑙山山頂。皆さん、タイムそっちのけで記念撮影中。

応援ありがとう!それにしても気分の良い下りは景観が素晴らしすぎて、なかなか先に進めません。

6km地点のエイドステーション。コーラとバナナとチップスターをいただきました。チップスターは食べやすく、塩分補給には好適です。そこからひとしきり下って、分岐から小さく一回り回ったところから、小さな流れに沿った気持ちのよい道。

……なのですが、なぜかこのあたりから右足ふくらはぎに違和感が!本当は気分よく飛ばせる区間なのですが、ここから先は安全運転を強いられることになってしまいました。

林間を抜けて抜けるような青空の下の草原を横切りしばらく行くと、スタート地点へ帰着。ここまでで14kmで、エイドでの補給を終えてから第2セクションに入ります。第2セクションの最初の道筋は第1セクションと共用で、瑪瑙山登山道への分岐を今度は左へ進むと、ブナ林の中の極めて気持ちのよい緩やかな下り道。

明るく走りやすい下り道はいくらでもスピードを上げられ、Takuya語録その3も「燃やせ!」ですが、ここまで来るとコースの穏やかさを堪能したくなってきます。

美しい落葉松林の中のイースタンキャンプ場は、とてもきれい。ここはのんびり泊まってみたくなるところでしたしかし、ここで本格的に右足がつってしまいました。イタタ……という訳でここからは歩くしかありません。

旧越後道入口。霊山・戸隠をめぐる由緒正しい道のひとつです。その中途にある念仏池は、親鸞上人が戸隠権現に参詣した際にここで念仏を唱えると奇瑞が現れたそうな。この由緒正しげな旧越後道もそろりそろりと進んで、最後に再びスタート地点に戻り、完走済みのランナーやスタッフの皆さんの声援を受けながらゴールしました。

ランナー、スタッフ、それに地元の方々など、いろいろな人から声援をいただきました。ありがとうございました。コースは素晴らしく、体力的にもゆとりはあったのですが、足の違和感のせいで思うように走れなかったのが残念です。

レース終了後、宿に戻ってひと風呂浴びてから、表彰式に合流。男女の年代別は各3位まで、総合は6位までが表彰の対象になっていました。マドカは女子年代別の6位だったそうで、そのつもりでもう少しがんばれば入賞圏内だったかもしれません。

表彰式終了と同時に、BBQの始まり。たっぷりのお肉、野菜、天麩羅、さらにはたけのこ汁やカレー、蕎麦などが食べ放題。お酒もビールやワイン、日本酒が飲み放題でしたが、私は断酒月間中だったので、ノンアルコールビールで我慢しました。

ともあれ、このレースは抜群のロケーションと誠実な大会運営で、最高に気分のよい大会でした。来年この大会があるのなら絶対に参加するし、もっと思い切り走れるようにちゃんとトレーニングを積むつもり。そしてもちろん、その月は断酒月間にはしません!