南沢大滝

山頂  
分類 八ヶ岳 / 保科雅則ガイド
日程 2012/04/18
同行  
概要 アルパインガイド保科雅則氏のルートガイドで、南沢大滝でのアイスクライミング。トップロープで3本。

南沢大滝。今シーズン最後のアイスクライミングは、思わぬ好条件に恵まれました。(2012/04/18撮影)

2012/04/18

■10:00 美濃戸 ■11:35-15:30 南沢大滝 ■16:15 美濃戸

今シーズンのアイスクライミングは3月の美濃戸口の氷瀑で終わりと思っていたのですが、4月に入ってもまだまだ南沢大滝の状態が良いということで企画された平日講習に、会社を休んで参加してきました。小淵沢に9時集合で保科ガイドと合流し、車で美濃戸口へ移動。今回は、ガイド1名にクライアント3名という構成です。

柳川南沢沿いの登山道はつるつるに凍っていやらしく、ここをへっぴり腰で1時間余り慎重に歩き続け、やがて行者小屋への道を離れて右に入ると、すぐに見えたのがブルーアイスの美しい南沢小滝。その前を通ってさらに上流の谷筋に入ると、すぐに南沢大滝が見えてきました。これは大きい!高さは30mくらい(70mロープで折り返してぎりぎりでした)、幅はさらにあり、中央部こそ流水の滴る音が聞こえていましたが、左右は問題なく登れそうです。保科ガイドの話では、この時期としては例年の1.5倍くらいのボリュームがあり、これなら5月の連休まで登れそうとのこと。

滝のすぐ下の右岸に荷物を置いて身繕いをし、まずは保科ガイドがトップロープを張るために右寄りのラインを登っていきました。その様子を下から観察していたのですが、ランナーは8本。アックスの刺さりは悪くないようですが、保科ガイドも途中で「長い!」とぼやいていました。

続いて私が同じラインをトップロープで登りながら、ランナーを回収していったのですが、やはりその角度と長さとに泣きが入りそうになり、なんとか使命を果たしてロワーダウンしてきた後、両腕の前腕がぱんぱんに腫れてしまいました。

あとは、各自左右のラインをトップロープで3ないし4本。最初は右側は硬くて脆いかなと思ったのですが、気温が上がるにつれて氷が柔らかくアックスを受け入れてくれるようになり、それにつれて登るスピードも楽しく上がっていきました。しかし、最初のスクリュー回収ミッションでのダメージが最後まで残っており、ちょっと登りが粗っぽくなってしまったかもしれません。

15時まで登ったところで、プログラム終了。装備をザックに納めて下山を開始したところ、行きには無人だった南沢小滝に二人のクライマーが取り付こうとしていました。彼らはこの後、この周辺でテントを張って、明日は南沢大滝に転進する予定なのでしょう。彼らに別れを告げた後は、アイゼンを履いたまま、凍った道をばりばりと踏みしめてどんどん下ります。

最後は単独行のカモシカと、家族登山のシカと、そして堂々たる阿弥陀岳に見送られて、美濃戸を後にしました。

これで今度こそ、今シーズンのアイスクライミングは終了。来シーズンは、ガイド講習で腕を上げるのと、自前で易しいアルパインアイスに挑んで経験値を高めるのとの両方に取り組んでみようと思っています。しかし、そのためにはスクリューやら何やら、道具をもっと揃える必要あり。何しろアイスは道具7割(保科ガイド談)ですから、そのうち「アイス貧乏」ということになってしまうかもしれません……。