第14回Lafuma青梅高水山トレイルラン

山頂  
分類 関東周辺
日程 2012/04/01
同行 マドカ
概要 青梅駅北側の永山公園から山道を高水山常福院まで往復するトレイルランニングレース(30km)。

毎年恒例になっている「Lafuma青梅高水山トレイルラン」30km走。GWの山行に向けて脚力を計るバロメーターとしては好適なのですが、なにせ花粉真っ盛りの里山を走るという、ある意味自殺行為のようなレースでもあります。

2012/04/01

昨日は時ならぬ強風と雨に見舞われた東京都内でしたが、この日会場のある青梅駅に降り立ってみれば、穏やかに晴れたよい天気。

おなじみエアロビ三人娘。左端のリーダーは、今回も頭髪を爆発させていて、しかもブルーに染めていました。エアロビを終えて移動した今年のスタート地点は、会場近くの遊歩道上に設定されていました。10時ちょうどにスタート。朝方は冷たい風が時折吹いていて長袖姿のランナーも多く見られますが、走り出してみればぽかぽかで、半袖Tシャツでちょうどいいくらいでした。

さて、この大会は毎度10kmの関門=榎峠を制限時間以内に通過できるかどうかでひやひやするのですが、スタートしてすぐに現れる急坂でまず渋滞。この後も、何ヶ所かで渋滞につかまり、榎峠のポイントを通過したのは制限時間(90分)の2分前。あぶねー!かろうじて通過した関門の少し先から振り返ると、眼下で関門の制限時間にひっかかり思わず天を仰ぐランナーを目撃しました。そこからは怒濤の登り坂をひたすら歩いて登り、林道も歩き。

高水山常福院で御守りと塩とバナナをいただいて復路に入ったところで、右膝が痛みはじめました。事前の不安は、むしろ違和感を覚えている左ふくらはぎだったのですが、下り坂での着地で衝撃が加わると右膝が悲鳴を上げてしまい、下りのスピードが出なくなってしまいました。しかたない、こうなったら制限時間(4時間50分)をフルに活かして完走を目指すことにしよう……と軟弱路線で走り(歩き)何とかゴール。

大会スタッフや走り終えたランナーたちからの声援を浴びて、最後だけは気持ちよく走り込みました。リザルトは、ゴールタイム4時間43分55秒。昨年が4時間26分33秒一昨年が4時間20分44秒でしたから、年々タイムが悪くなっていることになります。うーん、いかんなぁ。参加賞は、ギンギラのサングラス。なかなか決まっていますが、当然ながら度付きではないので、私は使えません……。

ちなみに、一緒に出場したラン友マドカは3時間54分15秒。よって、またしてもビールをおごることに。