岩根山荘アイスツリー / 美濃戸口の氷瀑

山頂  
分類 関東周辺 / 保科雅則ガイド
日程 2012/03/17-18
同行  
概要 アルパインガイド保科雅則氏の保科クライミングスクールの講習で、初日は長野県川上村の岩根山荘に設置された人工氷瀑=アイスツリー、二日目は美濃戸口の河原奥の氷瀑と氷柱でのアイスクライミング。スクリューをセットしながらの、初めてのリード体験。

2012/03/17

mouseover

アイスツリー。裏に回ると、かなり痛々しい姿になっていました。(2012/03/17撮影)

スクリュー練習中の私(左端)。(2012/03/17撮影 © 2012 Iwane-sansou)

■10:30- 岩根山荘

先月に続いて保科ガイドのアイスクライミング講習。私にとっては、今シーズン最後のアイスクライミング講習です。今回はゲストが5人。うち3人がアイスクライミング初体験で、私はもっぱら神奈川県から来たアルパインクライマーF氏と組んで、リードに向けた練習に取り組むことになりました。

まず普通にトップロープで登って身体を慣らしてから、トップロープで確保された状態でスクリューをねじ込む練習。ついで、ねじ込んだスクリューにリードロープをクリップする練習を繰り返しました。この日はあいにくの天気で、お昼休み後は雨のためにしばらく様子見になったほど。ただでさえ痛々しい姿のアイスツリーがさらに溶けてやせ細っていくのを見るのはつらいものがありましたが、幸い雨は時折ぱらぱらと降る程度に落ち着いてくれて、午後の練習もタープを張って雨宿りしながらも、それなりにできました。また、合間にはアックスへのヤスリのかけ方の実演も見せていただいたりして、これまた有意義。

最後は、スクリューを8本持って氷壁に取り付き、まず最初の登りで4本スクリューを入れた後ロワーダウン、そして下に着いたらそのまますぐ2セット目を登ってさらに4本、という練習をしました。前回のアイスツリーでは2本目を入れるのもつらかったのですが、今回は足でしっかり立ち、さらにレストも適度に入れることを覚えたせいか、パンプに耐えつつも無事に8本入れることに成功!パートナーのF氏も、見事に完登していました。

もっとも、単純に腕が上がったから?というのは早計かもしれません。今回持参したアイゼンは、新調したばかりのスティンガー。モノポイントのアイゼンの威力というのを、まざまざと実感しました。氷の状態にもよったのかもしれませんが、とにかく爪先がさくさく氷に刺さり、ストレスなく足を上げていくことができます。やはり保科ガイドがおっしゃる通り、「アイスは道具7割」なんでしょうか?

この日は、岩根山荘泊まり。暖かいお風呂に入って、おいしい夕食をとって、ぬくぬくと眠って、翌日のリード本番に備えました。

2012/03/18

河原奥の氷瀑。左右2本のラインをリードしました。(2012/03/18撮影)

氷瀑の左隣にある氷柱をトップロープで登る私。美しい垂直のブルーアイスを、快適に登れます。(2012/03/18撮影)

■09:55 美濃戸口 ■10:20-15:30 河原奥の氷瀑・氷柱 ■15:45 美濃戸口

岩根山荘を朝8時に出て、車で美濃戸口へ。昨日一緒に講習を受けた5人のうち3人が抜け、替わりに新しい3人が加わって、美濃戸口から美濃戸への道を下って柳川を渡ったところのすぐ先を徒渉し、左岸の5分ほど上流の氷瀑に向かいました。

出だしが緩やかなナメ、その上がやや傾斜の立った小規模な氷瀑を、まずは普通にトップロープで左右各1本登ってから、保科ガイドに「今度は、トップロープなしでリードしてみましょう」と言われて、いよいよリード体験。

チェストハーネスを借りて、スクリューを5本、クイックドローも同数持って、まずは左ルート(III+)から。出だしに1本ランナーをとってからナメを上がり、傾斜が変わるところで1本。さらにもう一段上がって氷が立ってくるところで1本。氷の状態は良好でアックスは吸い付くように刺さりますし、スクリューも抵抗なく受け入れてくれます。そして足に履いているのは新品のBDスティンガー。これでつまづくようなら、一生リードはできないでしょう!落ち着いてアックスを振るい、ランナーをとって、足を上げて……を繰り返して、無事に終了点に到達。スクリューを回収しながらロワーダウンしたところで、保科ガイドからは「安定してます。もう(リードは)大丈夫です」という嬉しい言葉をいただきました。

click

休憩時間の間に、固定分散の作り方(エイトノットが基本だが、長いスリングがないときに手早くインクノットで作成)を教わって、午後はまず右ルート(IV級)のリード。こちらの方が傾斜が立っていて(70〜80度)、実際に左手にぶら下がりながらスクリューをねじ込む感覚になりますが、前日の岩根山荘での練習を思い出しながら左アックスを頭上に打ち込み、左右の足は極力平行に置いてしっかり立って、スクリューを入れていきました。そして、こちらも無事にクリア。

リード練習が終わって緊張感から解放された後は、氷瀑の左隣にある氷柱をトップロープで登りました。きれいなブルーアイスの垂壁ですが、要所にアックスをしっかりかけられる凹凸があって意外に易しく、フリークライミングの感覚で言うと5.9くらいの感じ。大胆に足を開いたり、意味不明のアウトサイドフラッギングをかましたりしながら、気分良く2本登りました。

最後に、V字スレッドの作り方講習。懸垂下降支点を氷に開けた穴に通したスリングに求める方法(アバラコフ)ですが、実際に作ってロープをかけてみると、4人が体重をかけて引っ張ってもびくともしませんでした。

こんな具合に盛りだくさんの講習でしたが、何と言ってもリードができたのが最大の収穫です。実は、最初に保科ガイドにメールを差し上げたときにお伝えしていた私なりの目標は「この冬のうちにリードをできるようになること」だったのですが、まさか3回の講習でそこまで引っ張り上げていただけるとは思っていませんでした。これで、来シーズンからの冬の行動半径はぐっと広がることになることでしょう。保科ガイドには、感謝あるのみです。またこれからも折々に、御教示をお願いします。