奥高尾縦走

山頂 陣馬山857m / 高尾山599m
分類 関東周辺
日程 2011/12/25
同行 マドカ
概要 陣馬山から高尾山までの低山縦走。メインは、下山後の冬蕎麦。
陣馬山。この山ならではの広闊な展望は、この日も健在。(2011/12/25撮影)
高尾山。はい、お疲れさまでした!(2011/12/25撮影)

2011/12/25

■10:30 陣馬高原下 ■11:20-45 陣馬山

この日は軟弱に自宅近くのスポーツジムでのほほんとしようと思っていたのですが、予報を見ると天気が良さそうなので、それならとラン友マドカにメールを入れて、毎度おなじみ陣馬山から高尾山まで一緒に走ることにしました。

陣馬高原下からの登りは、冬枯れの明るい道。見通しがよくなって登りもはかどる……というわけではありませんが、なるべく息を切らさず普通の呼吸を心がけて歩き続けました。

山頂の富士見茶屋はこの日は閉まっていたので、一段下ったところにある清水茶屋でけんちん汁をいただいて、軽く腹ごしらえ。周囲の展望を存分に楽しんでから、おもむろに縦走路に向かいました。

陣馬山頂から関東平野を眺めたとき、その展望の中に針のような東京スカイツリーの姿も見えていました。考えてみるとスカイツリーって、高尾山の標高よりも高いんですね。スカイツリー=634m、高尾山=599m。

■12:40 小仏峠 ■13:20-30 高尾山

好天が続いていたので走りやすいかと思っていたのですが、案に相違して縦走路上には滑りやすい箇所が多く、また土の中で凍った水が地面を押し上げて路面がボコボコになっているところもあり、スピードが上げられません。マドカと「今日はタイムは捨ててファンランにしよう」と言い交わしましたが、明王峠からの下りではあまりに気持ちの良い下降につい、平地でもめったにやらない全力疾走。久しぶりに風を切る感覚を味わいました。

小仏峠でやっと追いついてきて「凄かったですよ!」と言ってくれたマドカに、こう返しました。

「あそこだけ、鏑木さんが乗り移ってきたんだよ。」

小仏峠から高尾山までの区間は、それまで以上に悪コンディション。霜柱が道の両側から迫って路面を濡らし、ところによっては泥田のような状態。階段も菰を敷いて滑り止めとしているような状態で、泥が着いたシューズは重く、また滑りやすくなり、慎重に足を運ばないとひどい目にあってしまいそうです。

そんな具合で、高尾山頂でのタイムは95分。ほぼ一ヶ月前のタイムが85分でしたからずいぶん遅いのですが、二日前のトレーニングのせいで足が上がらなくなっていたマドカをところどころで待ったり、悪路をほとんど歩きになって進んだりしたことからすれば、許容範囲でしょう。また、陣馬山から小仏峠までは登り坂でも歩かずに走り通せたのが一応の収穫で、今後は徐々にこれを伸ばして最初から最後まで走りきる脚力を身につけたいものです。

■13:55 ケーブルカー高尾山駅

紅葉の時期にはケーブルカー高尾山駅の前の広場に人がごった返していましたが、今日は閑散としたもの。歩いての下山にこだわりはないので、これ幸いとケーブルカーに乗ってしまいました。

さて、本題です。

この日のメインは、高尾山の冬蕎麦を堪能すること。ケーブルカーで下りると、広場の先にあってたわわに実をつけた柿の木がド派手な「高橋家」に直行しました。

いただいたのは、八王子の地酒「高尾山」にアテは焼き味噌と豪勢な天麩羅盛り合わせ。蕎麦はせいろに月見芋をつけました。ただ、注文の仕方を失敗!当然、アテに箸を伸ばしながらちびりちびりとお酒をいただいて、〆に蕎麦という目論見だったのですが、これらを一度に注文したために全部いっぺんに出てきてしまいました。蕎麦が伸びてしまっては嬉しくないし、かといって天麩羅が冷めてしまうのもそれこそ興ざめ。結局、全部に均等に箸をつけてあっという間に食べ終えることになってしまいました。くそー、次回こそ。