北穂高岳滝谷クラック尾根

山頂 北穂高岳3,106m
分類 北アルプス / アルパイン
日程 2011/09/25
同行 現場監督氏
概要 B沢を下降してクラック尾根に取り付き、北穂高山頂直下まで登攀後、帰幕。ただちにテントを畳み、上高地へ下山。

click

B沢入口。上の画像をクリックすると、滝谷クラック尾根の登攀の概要が見られます。(2011/09/25撮影)

旧メガネのコル。随所に崩壊の様相が見られます。(2011/09/25撮影)

クラックを登る先行パーティー。いろいろお世話になりました。(2011/09/25撮影)

→「北穂高岳滝谷第四尾根」からの続き。

昨日渋滞の原因となってしまったことを反省して、この日の登攀では、

  • 残置ピンが固め打ちされているところがあれば、多少短めでもピッチを切る。
  • ピッチグレードが低く、かつ安定した確保態勢をとれる場所なら肩絡み確保も可とする。

の2点をあらかじめ申し合わせ。実は昨日の登攀に時間がかかった原因のひとつは私のロープにもあって、洗浄を繰り返しているうちに滑りが悪くなってしまったのか、ルベルソやATCガイドでの支点ビレイにするとロープの引き揚げにえらく腕力を使ってしまっていました。肩絡み確保を使用するという決定にはその点への対策という意味もこめられているのですが、支点で折り返してボディビレイとするとロープの流れがさほど悪くならない(理由は不明)ことは昨日確認してあったので、ちゃんと支点構築ができるならボディビレイとすることも視野に入れました。

2011/09/25

■04:00 北穂高岳南稜幕営地 ■04:10-05:15 北穂高小屋 ■05:30 B沢入口 ■06:05-20 フィックスロープ

現場監督氏はもう一日休暇をとってありますが、私はこの日のうちに帰京しなければならないために、思い切り早起きして4時にテントを出ました……が、いかんせん早すぎてあたりは真っ暗。小屋でトイレを使わせていただいてもまだ夜明けまで余裕があり過ぎで、しばらく乾燥室待機(小屋の方、すみません)。しかし、この時間帯からトイレに主として女性の行列ができているのには驚きました。やがて乾燥室の窓から見える地平線がオレンジ色に明るくなってきたのを見計らって、小屋のテラスを抜け、槍ヶ岳方面への下降を開始。大キレットに通じる急な登山道を下っていって、鎖場を降りきったところの左手、縦走路から少しだけ離れた鞍部がB沢のコル。ご丁寧に「B沢入口」とペンキで書かれた岩も置かれていましたが、入口はかなり狭くて、現場監督氏が声を掛けてくれなかったら通り過ぎるところでした。

ここからのB沢の下降は相変わらず脆く、特に前半(上部)はC沢の下降よりもさらに悪いと感じました。途中ではあやうくひっかかったチョックストーンの上を懸垂下降で下る場面もあり、懸垂支点自体はしっかりしていて信頼できるものの、空中懸垂になる際の衝撃でチョックストーンが動き出したりしたら、と気が気ではありませんでした。この懸垂下降のポイントで、我々の先に下っている単独氏がいるのを発見。実は、昨日我々のテントの前に思い切りギア類の店を広げていた若い男性でした。

神経を使いながら下降すること30分、北穂高小屋前の案内板にも記されていたフィックスロープが見えて来ました。この下でシューズを履き替えて、先行する単独氏の後を追うように登り始めます。ルートはフィックスロープと金属製の足場に沿って直上、その後右へトラバースしてから、凹角を2m登ります。先行した現場監督氏はここで足場にした岩が動いてひやっとしたそうで、後続の私に対しては、単独氏が親切にも貸してくれたロープを利用して上から確保。

凹角の上にはハンガーボルトでがっちり作られた懸垂支点があり、そこから大胆に斜め懸垂すると赤茶けたトラバース道に降りることができます。もともとはこのトラバース道をB沢から辿れたようですが、いつの頃からか途中が崩壊してしまったために、こうして迂回ルートができているというわけ。ともあれ、一般登山道並みのトラバース道はすぐ先の尾根を回り込んだところでも崩壊しているため、その手前から左上へ踏み跡に従って巻き上ると、目の前にクラック尾根の取付がありました。

ここからは、我々、単独氏、それに昨日の第四尾根でも三番手につけていた男女パーティーの三組が前後しながら登ることになります。

■06:55-07:05 1ピッチ目取付

1ピッチ目(30m / III)。私のリード。白ペンキで「クラック」と書かれた取付から離陸して、ホールドの豊富な凹角を登るピッチ。特に問題なし……と言いたいところですが、まさかと思うような岩がゆらりと動いたりして意外にリードは冷や汗をかきました。3m登ったところの残置ピンにクリップすると、あとは自分の安全は自前のカムで守るという態度が求められます。傾斜が緩んだところのフェイスに残置ピンが3本連打された安定した場所があったのでそこでピッチを切りましたが、事前の申し合わせ通りとは言えちょっと短かかったかも。ここで現場監督氏を次のピッチに送り出している間に、早くもビレイする私、単独氏、後続パーティーの女性の3人が交錯することになりましたが、後続女史はピトンには目もくれず、カムでささっと支点を構築して後続を迎えていて、その手際の良さにすっかり感心してしまいました。私のクライミングはともすれば「ルートファインディング」ではなく「残置ファインディング」になってしまいがちですが、カムやナッツを駆使して状況に応じた安全確保手段を講じる能力は、とりわけここ滝谷では必須の登攀技術だと痛感しました。

2ピッチ目(40m / III+)。現場監督氏のリード。出だしの2mほどの垂壁は案外難しく、ここだけならIV級以上ありそう。その上にはクラックが走ったまだら模様の垂壁が続いていて、その先リッジの向こう側の草付斜面をトラバースしたところで現場監督氏は支点を作っていました。このピッチ、トップからのコールは岩に反響してあらぬ方角から下のビレイポイントに届くので、注意が必要です。後続した私は現場監督氏のところまで行かず、まだら模様の垂壁を越えたところで一旦待機して、現場監督氏がリードの確保態勢に入るのを待ってから、そのままリッジを登りました。

3ピッチ目(20m / III)。私のリード。リッジと言ってもゆるやかな傾斜で、そのどんづまりは短く脆いオープンブックから岩塔状になっています。私の辿ったラインから行くと、オープンブックを越えて岩塔を左から回り込むように登ることになるのですが、現場監督氏がビレイした地点から撮った写真を後で見ると、そちらからフェイスを直上して岩塔を右から回り込むラインもありそうな気がします。このへんは、クライマーの感性と自己責任で。

4ピッチ目(20m / II)。現場監督氏のリード。前のピッチをロープの流れを考慮して短く切っていたので、ここも短距離。岩塔から小さくクライムダウンして、脆いリッジを向かいの立派な垂壁の下まで。このあたりが「旧メガネのコル」と呼ばれるところで、名前からするとかつてはメガネ状に穴の空いたような岩場になっていたのかな?しかし今は(というより今でも)崩壊が進行中のただのリッジです。

5ピッチ目(35m / A0)。私のリード。ここでハマってしまいました。ルートはビレイポイントからフェイスを一段上がって安定したレッジに出て、そこから正面には顕著なクラック。左に回り込むラインもありそうな気もする、という悩ましい状況。しかし、素直に考えれば目の前のクラックなので取り付いてみたのですが、最上部まではIII級程度の動きで問題なく行けるものの、出口のチムニーを抜けるためのよいフットホールドがありません。クラック右のフェイスに貼り付いたフレークにカム#0.4をかませ、さらにチムニー内に残置されていたカラビナ&スリングでもランナーをとって保険は十分と思えるものの、ああでもないこうでもないとやってみても身体が引き上げられず、いったんレッジまで屈辱のロワーダウン。しかもこのとき、回収しようとしたカムがフレークの奥に逃げてしまって、私は涙目です。ともあれ、後続の男女パーティーをずいぶん待たせてしまったので先を譲ったのですが、リードの女性はフェイスの左側を一度は覗き込んでみたものの、そちらは違うと感じたらしく微妙なトラバースでクラックに戻ってきて直上。やはり出口で大奮闘になりましたが、足をクラックの角に押し付けるようにしてずり上がり、「はあはあ……しんどい……」と喘ぎながらも見事に抜けていきました。後続の男性はナッツキーを取り出してフレーク内のカムの回収を試みて下さいましたが、日陰の寒さの中でそんな作業を続けていただくのは申し訳ないので「いいです、どうぞ進んで下さい」。そんなわけで男女パーティーがクラックの上へ消えたところで、選手交代、現場監督氏がリード。しかし彼も、出口のチムニー内に身体を入り込ませてしまって身動きがとれなくなり、しばらく必死にもがいた末にテンション。これを見て私が内心ひそかに安堵の吐息を漏らしたのは、言うまでもありません。結局ここは、残置カラビナをつかんで身体を引き上げ、左上のガバカチに手を伸ばしてクラック内の右足スメアで上がることで解決しましたが、もうちょっとスマートな登り方はなかったんでしょうか……。

6ピッチ目(20m / IV)。ジャンケンクラック、現場監督氏のリード。目の前のワイドなクラックは支点も乏しく難しそうですが、先行パーティーは左に回り込んだところにあるクラックの走ったフェイスを登っており、我々も後続。ここは楽しいピッチで、ちょっと剥がれそうではあるもののはっきりしたホールドをつかんで傾斜の立った壁を登り、かなり上の方で狭いバンドを微妙なバランスで右にトラバースし、オープンブックの割れた綴じ目にホールドを求めて上へ抜けます。

7ピッチ目(35m / III)。ジャンケンクラックを抜けた位置から一段上がったところにテラスがあり、そこから脆い凹角を登るピッチ。私がそこに着いたときには男女パーティーの男性が凹角直下でビレイしていましたが、リードの姿は凹角の上に消えていて、ロープの動きがぴたっと止まってしまっていました。先行ビレイ氏の独り言、「何で動かないんだよ!」。しつこいようですが、このルートは出だしからここまで(実は最後まで)ずっと日陰で、そのために身体を動かしていないと寒くて仕方ありません。先行ビレイ氏と私はぶるぶる震えながら、リードの女性がロープを伸ばすのを待つことになりましたが、ややあって先行ビレイ氏は再び独り言、「何が起こってるんですかっ!」。丁寧語で怒っているところが何となく笑えますが、寒さの方は笑い事ではありません。ようやくコールがかかって先行ビレイ氏が抜けていった後、寒さでまったく感覚のなくなった爪先をほぐすように岩にシューズを押し付けて、私もロープを伸ばしました。凹角を抜けてみると、先行パーティーは正面のフェイスを直上するラインをとっていましたが、どうやらそこはちょっとシビアだったらしく、先行氏は親切にそこを左に回り込むラインを教えてくれました。

8ピッチ目(15m / II)。尾根を左に回り込んだ位置から、さらに大きく弧を描くようにして易しい草付ガレ場に現場監督氏がロープを伸ばしました。ところがその先のピッチが脆いらしく、ビレイしている間に先行女史や現場監督氏から何度か「ラクッ!」のコール。ところでこのあたりは、ちょうどB沢入口と同じ高さになっていて、縦走路を行く登山者がこちらを見ている姿が見受けられました。

9ピッチ目(45m / III+)。私のリード。目の前のリッジの右にすっきりしたフェイスがあって、そちらがトポで言うIV級ピッチ(バンド〜フェイス)だと思われますが、ここは先行パーティーに従ってリッジ左のスラブ状凹角へ。凸凹でホールドも多く楽勝と思って取り付きましたが、だんだん傾斜が立ってきてちょっとIII級ではきかない感じ。それでもきちんとルートを探しながら登れば無理なく上に抜けられて、最後は脆い緩斜面をロープ長一杯に伸ばして岩角でビレイ。

10ピッチ目(15m / II)。9ピッチ目を後続で上がってきた現場監督氏に、そのまま左手のガレ場を渡ってフェイスを一段上がってもらいました。この頃にはガスで視界が閉ざされてしまい、雹まで降って陰鬱な雰囲気。しかし見上げると、フェイスの上の方には北穂高小屋の風向風力計が見えています。あと少し。

11ピッチ目(20m / III)。私のリード。またしてもアンサウンドな凹角の登り。この尾根、私にとっては「クラック尾根」ではなく「脆い凹角尾根」という感じ。もしかするとここは、ガレ場の上のテラスから左上ではなく正面を風向風力計目指して直上だったのかもしれませんが、寒くもあり、時間が気になることもありで、あまり考えることなく先行パーティーの後を追いかけるかたちとなりました。

12ピッチ目(20m / III)。現場監督氏のリード。正面のクラック2本が縦に走ったフェイスを、カムでランナーをとりながら登ります。クラックを左から右へと渡り歩いて上へ抜けると、崩れやすい岩に覆われたバンド。そこから直上するラインもあるようですが、ここは素直にバンドを左上すると、北穂高小屋のすぐ下の登山道に出ました。お疲れさまでした。

■11:45-55 終了点(北穂高小屋直下) ■12:10-40 北穂高岳南稜幕営地

北穂高小屋を経由してテン場に戻ってみれば、残されているテントは、我々のテントと単独氏のテントの二張りだけ。そう言えば単独氏を最後に見たのはジャンケンクラックの上、脆い凹角の下でしたが、無事に抜けて下さい。

ただちに撤収開始。持って上がったものは全てザックに詰めて、下山にかかりました。12時には撤収したかったのですが、既に40分オーバーの状態です。18時上高地発の最終バスに間に合うか?

■13:50-55 涸沢 ■15:15-20 横尾 ■16:00-10 徳沢 ■16:45-55 明神 ■17:30 上高地

以下、涸沢で小休止をした他はひたすら早足で下山。背中の荷物の重さに身体がぎしぎし言いそうな下降を続けて、横尾に15時15分到着。過去の経験からすると、この荷物の重さでもここから上高地まで2時間半あれば余裕です。どうやら最終バスに間に合いそうというメドが立ってきました。

もう一日ゆとりがある現場監督氏とは、横尾でお別れ。お疲れさまでした。また来年もよろしく。そして私は、上高地に向けて最後の3区間を脇目もふらずに歩き続けました。