日原川大雲取谷

山頂 雲取山2,017m
分類 関東周辺 / 沢登り
日程 2011/09/17-18
同行  
概要 東日原から車道を2時間歩いて、富田新道入口から入渓。時折雨がぱらつく天気の中、小滝や小さな釜を越えつつ遡行を続けて六間谷出合で幕営。翌日、大ダワ林道に上がり大ダワ経由で快晴の雲取山に登頂し、鴨沢へ下山。

click

大雲取谷(左)と長沢谷(右)の分岐。上の画像をクリックすると、日原川大雲取谷の遡行の概要が見られます。(2011/09/17撮影)

8m滝。左壁が階段状で簡単。(2011/09/17撮影)

六間谷出合の幕営地。奥に見えているのは、後からやってきた二人組のタープ。(2011/09/18撮影)

本当は、敬老の日の三連休は中央アルプスの沢へ行く予定だったのですが、木曽地方の天気が最後まで読めず、ぎりぎりのところで延期を決定。とは言うもののどこにも行かないというのももったいないので、比較的安定した天気が期待できそうな奥多摩に転進することにしました。行き先は「いずれ暇ができたら足を踏み入れてみるか」と前々からマークしていた大雲取谷。記録を読んでみると、ソロで行く場合ロープを出す場面はなさそうなので、ハーネスやギアは省略し、ヘルメットと沢靴のみの軽装としました。

2011/09/17

■09:10 東日原 ■11:15-40 富田新道吊り橋 ■12:30 長沢谷・大雲取谷分岐

早起きはしたものの今ひとつモチベーションが上がらないものを感じながら、「せっかくの連休なんだから」と無理矢理に家を出た自分。東日原までバスに乗って、そこから林道歩きの途中で雨が降ったりやんだりの天気にますます気分はブルーとなりましたが、足は勝手に前に進みます。

東日原から2時間ほどで、富田新道を左に分ける地点に到着しました。そこの看板には、大ダワ林道が崩落により通行止めであること、そこで6月12日に転落死亡事故が起きていることが記されていました。私の場合は雲取山の南側へ下るからいいのですが、車でのアプローチの場合は大雲取谷を遡行した後の下山には大ダワ林道の利用が必須のはず。ということは、今年の大雲取谷はあまり人を迎えていないということになるのでしょう。

「熊出没注意」の看板にびびりつつ、林道を離れて富田新道を下ると、唐松谷出合にかかる吊り橋に出ました。この吊り橋の上流側の急斜面を下ったところが、入渓点です。

ゴルジュ内をどうどうと音をたてる水勢を慎重に右左とかわしながら進むと、沢筋が右に折れるところに最初の微妙な小滝。極力水流の弱そうなところを選んで渡り、右からへつり上がるように小滝を越えてさらに前進すると、前方に小魚留ノ滝が現れました。立派、しかしどう見ても登れない。ここは少し手前のガレを上がって高巻くのがセオリーです。ガレの途中から左へ入るラインもあって、私もそこに引きこまれたのですが、それだと少し先で行き詰まってしまうので、数m上へ軌道修正して事なきを得ました。なお、今回の山行で一番緊張したのは、このトラバースでした。

小魚留ノ滝のすぐ上で大雲取谷と長沢谷の分岐となり、左の大雲取谷に入ります。しばらく進むと崩壊地があって荒れた様相となりますが、ここは難なく通過できました。さらに5分ほど進むと第二の崩壊地。ここは大きな岩塊が積み上っていて、若干のルートファインディングが必要。それでも難しいところはありません。

その先で、大雲取谷の中で最初の滝らしい滝が現れました。巨大なチョックストーンのようなものに塞がれた滝は、遠目にはどこを登るのか?という感じですが、近づいてみると左壁が適度な難度の課題を提供してくれていました。さらにその先には二条滝。これは左に回り込むと、階段状の易しい登路が見えてきます。

ミニミニゴルジュ状の箇所は、右壁に長いスリングが残置してありましたが、スリングに手を触れなくてもホールドは手足とも豊富で、簡単に抜けることが可能です。そして見事に整地された幕営適地を2ヶ所通過すると、左岸が広範囲に崩落して倒木が沢を塞いでいる箇所に到着しました。先に見た大ダワ林道の崩落地とは、ここのことなのでしょうか?

二つ目の二条滝も、左から。そこへアプローチするには手前の釜に下半身を沈めなければならず、ちょっと勇気がいりましたが、水温は案外低くなく風も温かいので、濡れることはそれほど苦になりません。これが晩秋になってくると、この沢の遡行はつらいものになるでしょう。

■14:35 小雲取谷出合 ■15:45 六間谷出合

大雲取谷に入ってから約2時間で、小雲取谷出合。ここまでの間、時折雨がぱらつくあいにくの天気でしたが、もともとここは樹林帯の中の暗い沢なのでそう気になるわけでもありません。

小雲取谷を左に分けて右へ進むと、本によっては「S字峡」と呼んでいる小さいゴルジュに入ります。右からへつった(ところ足を滑らせてドボンした)り、出口の滝でファイト一発の落ち口またぎをかましたりしながら、ひたすら前進。

S字峡を出ると小さなナメ床に癒されて、その先にまたまた登攀的な小滝。しかしこれも、左から近づけばガバホールドを使って大胆に足を上へ出すことができました。この沢の滝は、長めのアプローチを持つタイプは右からへつり、いきなり滝に取り付く場合は左から近づけば、うまくいくようです。

最後で最大の8m滝。しかしこれも、上記の法則にしたがって左から近づけば、滝の高さの半分くらいのところまでスロープ状になっていて、その上も手がかり足がかりに困らない易しい滝でした。これを越えてしまえば、もう滝らしい滝はありません。とは言うものの、さすがにそろそろテントを張る場所を見つけないと、暗くなってしまいそうです。

8m滝から20分くらいで六間谷出合となり、左岸の木に打ち付けてある「15cm以下の魚は放流にご協力下さい」という看板の上の小台地が幕営によさそう。ここでこの日の遡行を終了することにし、小台地に乗り上ってテントを張りました。周囲を探索してみると、そこから下流側へちょっと戻ったもう一段高い場所にも、また逆に上流側の右岸、つまり六間谷と大雲取谷にはさまれた地点にも広くて平らな場所があって快適そうでしたが、まあ一人旅なのでこの狭い台地でも良しとしましょう。テントの中で、ハーネスの替わりに詰めてきたハイボール缶で一人乾杯。ゆっくりマカロニミートソースの夕食をとってから横になったところ、私の2時間遅れで二人組がこの地点に到着しました。彼らの姿は小魚留ノ滝を巻き終えたときに滝の下にいるのを見かけていたのですが、それにしてはずいぶん時間がかかっていますから、もしかしたら途中で竿を出していたのでしょうか?ともあれ、この狭い台地に上がってきた二人に対岸の広場の存在を教えると、この小台地に再び静寂が戻ってきました。

2011/09/18

■06:55 六間谷出合 ■07:05 大ダワ林道 ■07:55-08:05 大ダワ

夜、外の明るさに気がついて目が覚めましたが、時刻は真夜中。月明かりがこの樹林の中にも届いていたようです。翌日の好天を期待しながら二度寝。次に目が覚めたのは4時過ぎでしたが、既に10時間も寝ているのでもうシュラフの中にもぐりこんでいる気にもなれず、テントの外に出ました。

実は昨夜も焚火にトライしてはいたのですが、一昨日から昨日にかけて降り続いた雨で薪はすっかり湿ってしまっており、燃えついてくれませんでした。そこで焚火の形に組むだけ組んで一晩風に当てておいたのですが、期待通り温かく乾いた風が上流から下流に向かって吹き続けてくれたおかげで薪の状態はずっとよくなっており、少々の苦労と工夫で無事に火がついてくれました。焚火が安定したところで、マルタイラーメンの朝食。対岸のタープの下で寝ている昨夜の二人組は一向に起き上がる気配がなく、テントを畳み、パッキングをすませ、火の始末をしてから後ろの斜面を登り始めたところでようやく身じろぎする様子が窺えました。

さて、このあたりでは大雲取谷に近いところを大ダワ林道が通っているはずなので、テントを張った場所の裏手の緩い斜面をそのまま登ろうかと思っていたのですが、ふと見るとうっすらとした踏み跡が右上しています。たぶんこれは……と思いながら踏み跡を辿ると、わずか数分で大ダワ林道に合流しました。

大ダワ林道はところどころに荒れたところもあるものの、概ねよく整備された歩きやすい道でした。ただ、下から支沢が切れ込むたびに道も上流側へ蛇行するので距離は長く、少々うんざりしてしまいます。それでも、明るい木漏れ日を慈しむようにゆっくり高度を上げてゆくと、やがて人の声が聞こえてきて、三峰から雲取山への稜線上の鞍部である大ダワに到着しました。

大ダワから雲取山までは一投足。途中、廃墟と化した雲取ヒュッテの姿に涙を誘われ、ついで雲取山荘の繁栄ぶりに目を見張りながら、のんびりと登山道を進みます。

■08:40-55 雲取山 ■09:45-50 ブナ坂 ■11:50 鴨沢

待望の雲取山頂に到着。すばらしい快晴と展望に、昨日の雨中の沢登りのモトがとれたような気分です。

思い起こせば、初めて雲取山の頂に立ったのは今から25年前。それまでの「ハイキング」から「登山」へと舵を切った年の山行でしたが、そのときに眺めた富士山や大菩薩、南アルプス、そしてもちろん奥秩父主脈の山々が、そのときと変わらぬ姿でこの日も出迎えてくれています。ただ、ひとつだけ景観の中に変わったものがあるとすれば、それは針のように鋭い東京スカイツリーのシルエットでした。

今年の奥多摩は、地震や台風の影響で林道がかなりダメージを受けている様子です。八丁橋を渡ったところには、次の看板が出ていました。

  • 地震による影響で、落石の危険があるため、小川谷林道〜日原鍾乳洞は、車両も歩行者も当分の間通行できません。長沢背稜酉谷から小川谷林道への下山ができないので、ご注意下さい。【天祖山登山口】
  • 崩落・落石の危険があるため通行止め期間を延長します。期間 平成23年7月29日〜平成23年9月30日 通行止めとします。【日原林道入口】

さらに上述のとおり、富田新道の入口にも次の掲示あり。

  • 雲取谷(大ダワ林道)登山道崩落のため通行止。雲取山へは唐松谷・富田新道をご利用下さい。
  • 現在通行止めの大ダワ林道崩落現場で、6月12日転落死亡事故が発生しました。迂回路はないので、他の登山道を通行して下さい。

あれ?今、日原林道の通行止めを告げる看板の画像を見ていて初めて気づきましたが、通行止め看板の上には「歩行者の皆様へ」と書いてありました。しまった、私はそこを強行突破したことになるのか……。