富士山

山頂 富士山3,776m
分類 関東周辺
日程 2011/07/09-10
同行  
概要 恒例のトレーニング山行として富士山へ。吉田口五合目の佐藤小屋をベースとして、初日は吉田口山頂まで往復、二日目は吉田口山頂経由お鉢巡りの後、富士スバルライン五合目へ下山。

土曜日。二日酔いでヘロヘロになりながら、なんとか山頂が見えるところまでやってきました。(2011/07/09撮影)

日曜日。七合目から見た、文句なしにきれいな御来光。(2011/07/10撮影)

2011/07/09

■11:15 富士スバルライン五合目 ■15:10-25 吉田口山頂 ■16:55 佐藤小屋

前夜飲み過ぎて、目が覚めたら毎度のごとく照明つけっぱ。それでも木曜日の夜のうちにパッキングは済ませてあったので、ザックを背負って家を飛び出し、新宿のバスターミナルへ。

バスの中で爆睡3時間、富士スバルライン五合目に着いたところで意識を取り戻し、腹ごしらえをしてから登り始めました。私にとって毎年この時期の富士登山は、夏山シーズンに向けて体力測定と高度順化を兼ねた恒例行事で、なるべく山開き前の6月末に登ることにしているのですが、諸般の事情から今年は7月にずれ込んでしまいました。したがって山開きから数日目ともなると山道にはいろんな人がいるわけで、大陸系の声もすれば半島系の声も、太平洋の対岸の声も聞こえます。そんな中、我が国の伝統を守る講中の方々もどっかと腰を据えて、そうした異人たちに睨みを効かせているようでしたが、チラと見ると講中の人たちの手荷物の中にはしっかりデジカメが……。

それにしても、つらい……。前夜は職場の女子二名とのお食事会だったのですが、調子にのってワインを飲み過ぎてしまいました。おかげでこの日ははっきり不調。まったくペースが上がらず、ストックにすがりながら何とか高度を上げていると、八合目くらいの岩礫の道で、私の目の前を手をつないで歩いていた小学校高学年くらいと思われる女の子二人組のうちのひとりが前にばったり倒れて動かなくなってしまいました。うわ、どうしたんだ?と思って近づいていくと、ちょうど上から降りてくる人の気配にその子はむくりと顔を上げ、何事もなかったかのような表情。降りてきたスポーティーなお姉さん二人はそれを見て「ふふふ、死んだフリ?」「頑張るわね、えらいぞ」と余裕の声援を送っていました。できれば私の方にも、声援を送ってほしいんですけど。

結局4時間近くかかって、どうにか吉田口山頂に辿り着くことができました。ここで、今回の山行の最重要ミッションである御守りの更新。クライミングは、一に体力、二に度胸、三四がなくて五に技術。度胸の裏付けはもちろん神頼みですから、私のザック類には全て御守りがぶら下がっているのです。

何度歩いてもつらくなるがらがらの道を、数えきれないくらい折り返しながら下って、佐藤小屋着。

夕食はご覧の通りの豪華版。おまけに、この日泊まっていたランナーの団体の方々が差し入れたスイカのお裾分けにもあずかりました。この団体の方々はとても親切な人たちで、食事前にはプラムを分けてくれたり、おしゃべりに混ぜていただいたり。どうもありがとうございました。

2011/07/10

■03:25 佐藤小屋 ■06:55-07:00 吉田口山頂

3時に起床し、持参したパンを食べてからおもむろに出発。樹林帯の道を抜けて六合目近くに出ると、背後に雲海が広がって、その端が薄赤く色づいていました。そのまま高度を上げて、七合目の山小屋群のあたりできれいな御来光。

日が上がって雲海の上面が白く輝くようになる頃には、早くも下り道に大勢の登山者が列をなして下山してゆく様子を見ることができました。こちらはさすがにお酒も抜けて体調には問題がありませんが、思うほどには足が上がらず、3時間半もかけて吉田口山頂へ。なんでや……。

ともあれ、すぐに逆時計回りでお鉢巡りにかかり、剣ヶ峯の測候所跡に上がって大休止としました。

■07:30-45 剣ヶ峯 ■08:20-35 吉田口山頂 ■10:25 富士スバルライン五合目

測候所跡の展望台からは、正面に南アルプス全山がはっきりと見え、さらにその奥から右遠方にかけて、槍穂〜白馬までの北アルプスの連なりも見てとれます。

最高点標識のところに戻ってみると、皆さんが長蛇の列を作って順番に記念撮影中。ご覧のようにスパイダーマンもファインダーに収まっていましたが、このスパイダーマン、なぜか普通のザックを背負い、普通の登山靴を履いていました。これって、ちょっと詰めが甘い気がするのですが……。

ぐるりとお鉢を巡って元の吉田口山頂に戻り、ラーメンを食してから下山。こうして恒例の富士登山トレーニングは終了し、お鉢の一角に上がった状態を「登頂」と呼ぶとすれば、これで11・12回目の登頂になるのですが、体調万全のはずの二日目のペースが上がらなかった上に、山頂でラーメンを食している間も息苦しさと指先の痺れを感じていたのは、高度に弱くなっているのではないかとちょっと心配です。先月受けた健康診断でヘモグロビンが足りないからと再検査を命じられているのですが、それが影響しているのかしらん?しばらくは、鉄分補給を心がけなくては。