古賀志山の岩場

山頂  
分類 関東周辺
日程 2011/03/06
同行 エフさん / きむっち / ケイ氏
概要 毎度おなじみエフさんにご指導いただいて、古賀志山の不動滝周辺で登る。「シェリー」(5.10b)をRPなど。
古賀志山の岩場。岩はフレンドリーですが、周囲の木々が悪意に満ちた花粉をまき散らしています。(2011/03/06撮影)
mouseover
「水もれ甲介」(5.9)を登るきむっち。その左手の明るいかぶり気味の壁が「シェリー」(5.10b)のライン。(2011/03/06撮影)

2011/03/06

■09:35-17:20 古賀志山不動滝周辺

この週末はきむっち・ケイ氏と谷川岳東尾根を登る予定だったのですが、直前数日が新雪積もりまくりで雪崩が恐ろしく、登攀は断念。そこで日曜日をおなじみの古賀志山で過ごすことにしました。きれいに晴れた空の下、アプローチの短い山道を登って不動滝に着いてみると、既に地元のクライマーの皆さんが周囲の岩場についていて大賑わい。そしてあたり一面、樹木に黄色い花粉が満載という恐ろしい光景です。

ともあれささっと身支度をして、混んでいる不動滝近くの岩場を避けてアイゼントレーニングで使ったIII級の岩場でウォームアップ。アップとは言っても、ここの岩はつるつるしているし外傾しているし、おまけに朝一番で冷たく、それなりに気合の入るアップになりました。

ついでぽかぽかの「クウ」(5.9)で二本目のアップをしているところへ、エフさん登場。そこでエフさんにビレイとナビをお願いして「シェリー」(5.10b)をマスタースタイルでリードしたのですが、下部のなんでもないトラバースで手間取り腕力を空費した上に、核心部のホールドのとり方を忘れていてあえなくテンション。いったん降りて、きむっちが「水もれ甲介」(5.9)を登るのを眺めてから再トライして、今度はRPできました。ポイントは、核心部で右足を一段高く上げてから左足をハイステップにしてしっかり乗り込み(この動作が傷めた膝に厳しい!)、さらにカンテ状のかなり上まで左手を伸ばしてつかむことだったようです。

昼食休憩の後、「ウルトラマン」(5.10a)もリードしてみましたが、こちらは下から見ただけではムーヴの組み立てができず、恥ずかしながら二本目のクイックドローをわしづかみしてしまいました。日陰になって冷たい岩に握力を吸い取られ、テン山ながらとりあえずトップアウトして下ってから、きむっちとケイ氏がエフさんにアドバイスを受けながらTRでトライしているのを見ているうちに手順を頭に入れることができ、私もTRでその手順を確認してみると流れるような動きですんなり突破。次回はぜひRPしたいものですが、既にこの時点で怒濤の花粉を浴びまくっており、全員くしゃみが止まらない状態です。したがって花粉の季節が終わってからのトライにならざるを得ないのですが、その頃まで手順を覚えていられるかどうか、不安……。

それにしてもこの日は、いろいろなアクシデントがありました。不動滝の左の崖上に、クライマー用のフィックスロープに導かれて山の上からおじさんハイカーが急斜面を危なっかしく降りてきて、その場にいる全員の悲鳴(と罵声)を浴びせられたり、「ムーンサルト」(5.11b)の核心ハング下の岩がぼろぼろ崩れてきて大落石になりビレイヤーに当たったり(軽傷で済んでラッキー)。よく整備されていて、地元の方々もフレンドリーで、おかげでジム並みに居心地のよいこの岩場も、やはり一皮むけば危険と背中合わせの外岩なのだということをあらためて思い知りました。

最後に不動滝のすぐ右にある長いルート(名称不明)に、これもTRで登ってみました。もともとアブミ用の課題だったらしく、RCCボルトやリングボルトが点在する古色蒼然とした易しいルートでしたが、本チャンチックな(いい意味での)汚さと、フェース、スラブ、薄かぶりのオープンブックと多彩なセクションが連続してルートファインディング能力を試される、楽しいルートでした。

以上で、この日の古賀志山は終了。エフさん、ありがとうございました。次の冬は、アイスクライミングの方でもよろしくお願いします。