丹沢主脈縦走

山頂 蛭ヶ岳1,673m / 丹沢山1,567m / 塔ノ岳1,491m
分類 関東周辺
日程 2011/02/13
同行  
概要 雪が降った直後の好天を使って、丹沢主脈を北側の焼山登山口からスタートして大倉まで。

丹沢主脈を北から南へ。展望に恵まれた楽しいスノーハイクでした。(2011/02/13撮影)

建国記念の日の三連休は、八ヶ岳で易しいルートのパチンコを試みる予定でしたが、あいにくの荒天のために泣く泣く断念。それでも三日目だけは晴れたため、丹沢を歩くことにしました。どうせ歩くなら主脈縦走にするかと交通の便を調べてみたのですが、北側のバスの本数が非常に少なく、検討の結果、通常歩かれる南から北への縦走の逆コースをとることにしました。

2011/02/13

■07:20 焼山登山口 ■09:35-45 焼山 ■11:50-12:05 姫次

自宅を4時に出て、山手線から京王線に乗って橋本へ。そこから三ヶ木行きバスで終点まで行って、別のバスに乗り継いでやっと焼山登山口です。バス停の道路をはさんで反対側には神社があって、手を合わせてから出発。このバス停に降りたのは私と単独行の男性の二人だけで、単独行氏は道に慣れているのかさっさと歩いていってしまい、私は彼の後を追うかたちになりましたが、結局最後まで追いつけませんでした。

しばらく車道を進み、途中で左に曲がって舗装路をどんどん進むと、橋を渡ってしばらく行ったところで山道への入口に達しました。ここから緩やかに高度を上げてゆくと西野々からの登山道に合流して、引き続き登り一方の道となります。1時間も歩かないうちにすっかり雪に覆われた尾根道になり、ひたすら歩き続けて焼山に到着。ここまでエアリアマップに記載されたコースタイム以上の時間がかかっているので、これは長丁場になりそうだと覚悟を決めました。

引き続き緩やかに高度を上げる縦走路を、先行者の足跡を辿るように歩き続けて久しぶりに姫次に到着。ここからは目の前にどんと富士山が純白の姿を真っ青な空の下に見せていて、その裾野の広がりの雄大さに思わず声が上がります。できれば蛭ヶ岳まで進んで昼食休憩にしたかったのですが、既に正午近く。ここでベンチに腰掛けて富士山を眺めながら食事にしました。

■13:35-14:00 蛭ヶ岳 ■15:25-30 丹沢山

姫次からいったん下って大きく登り返すと、丹沢の最高峰である蛭ヶ岳。この手前ですれ違った登山者が予告してくれていたように、山頂からの展望は素晴らしいものでした。富士山はもちろん、その右手に南アルプスの山々。また、振り返ればずっと辿ってきた丹沢主脈の山並み、その右手には大きく広がる関東平野。行く手には丹沢山や塔ノ岳、そしてその向こうに相模湾と真鶴半島が見えていて、大島の三原山がてっぺんを白く雪に覆われている姿もはっきり見えました。

click

ここで二度目の大休止をとってから、あとは目の前に見えている山をつないで下るだけだと軽い気持ちで歩きだしたのですが、豈図らんや思ったようにスピードが出ず、ずいぶん時間をかけて到着したピークはまだ不動ノ峰。丹沢山に着いたときには「これは、残業かも……」とあせりが出始めました。

■16:25-35 塔ノ岳 ■19:00 大倉

日が傾き、他に誰も歩いていない寂しい雪道をひたすら塔ノ岳を目指します。途中の竜ヶ馬場は広闊な気分のよい広場という記憶だったのに、鹿による食害を防ぐための植生保護柵がこれでもかというくらいに張り巡らされていて興ざめ。仕方ないんだろうけど、なんだかなあとぶつくさ言いつつ塔ノ岳に着いたときには、小屋の中からは宿泊客らしいおばさんたちの下品なまでにけたたましい笑い声が響き渡っていましたが、山頂には誰もおらず、ここからの相模湾方面の大展望を独り占めにしました。そして、既にお日様は富士山の方角にすっかり高度を下げています。

click

あとは大倉尾根を下るだけ。ただ、ここまではアイゼンなしで問題なく歩けたのですが、大倉尾根の途中で氷化した下り斜面に足を滑らせそうになる場面に何度も遭遇し、仕方なくアイゼンを履いて下ることになりました。途中からはヘッドランプの灯り頼りの下降となりましたが、大倉からのバスは20時台まで走っているのでノープロブレム。思ったより時間がかかりはしたものの、青空と白雪と大展望に恵まれた縦走路の楽しさを反芻しながら、下界を目指しました。