御岳渓谷

山頂  
分類 関東周辺
日程 2010/08/15
同行 オグ / ハルク
概要 御岳渓谷でのボルダリング。玄関岩、マミ岩、遊歩道岩で遊ぶ。

玄関岩。たとえ10級課題でも、外岩の感触はやはり楽しい。(2010/08/15撮影)

マミ岩。素足で登る仙人のようなおじさんとジル・ロマン似のお兄さんにいろいろ指導いただきました。(2010/08/15撮影)

2010/08/15

■09:45-13:00 御岳渓谷

もともとこの日は、同じ奥多摩でも百尋の滝へ行ってひんやりのんびりする「マイナスイオンツアー」の予定だったのですが、参加者がいつの間にか男3人になってしまい、それならトレイルランかボルダリングじゃないの?という話の成り行きから御嶽へ行くことになりました。しかし、ご存知の通り御岳渓谷でのボルダリングの本来のシーズンは、冬。この猛暑の中での御岳渓谷とは「元の企画と対極だよね」と私が言えば、企画者のオグも「今日は思い切り沢登り日和ですね」と返します。

したがって、ふだんはマットが絨毯のように敷かれて次々にボルダラーが取り付く忍者返しの岩も、こんな具合にがらがら。そんな中、外岩が初めてのハルクもいるので玄関岩の10級課題を3本、さらに8級課題を1本。なんということもない課題ではありますが、しかし人工壁にはない岩との対話がやはり楽しいものです。

ついでマミ岩に行ってみました。6級課題をオグもハルクも見事にトップアウトしましたが、この岩の前でくつろいでいたお二人が親切で、自分たちのマットも使ってくれと声を掛けてくれた上に、中央の4級課題や右の3級課題の登り方も指導してくれました(それにしても、この中央4級は明らかに右3級よりも難しいと思うんですが)。で、このお二人のうちの一人、上半身はだかで仙人のような風貌の方は、なんと素足で登っていて(足にもチョークの粉をつけるのでびっくり!)、それですいすいと右SDからマミ岩の中央上部へと抜けていってしまいました。恐ろしい……。

けっこう指にきたところで、最後に遊歩道岩でトラバース。下地は濡れているし、草ぼうぼうだし、クモの巣が張りまくっているしで、冬とはかなり風情が違っていましたが、それなりに楽しめました。ここも含めて、確かに全体にホールドがぬめり気味で条件がいいとは言えないのですが、川面を渡る風が涼を送ってくれてそれほど暑さにまいるということはありませんでしたし、もちろん人が少なくて空いているし、ブヨなどの虫に刺されることもありませんでしたので、夏の御岳渓谷も悪くはないな、という印象。ただし、やはり積極的にお勧めしようとは思いません。やっぱり御岳渓谷は寒い季節が似合います。そう言えば、かつて古文の授業で習った『枕草子』に「春はあけぼの、冬は岩」とあったのを思い出したりもしました。

終了後は当然、小澤酒造へ。「さわびー」なるビールをいただいてから、「涼し酒」「大辛口」各720mlをぐいぐいと飲んでまったり寛ぎました。これがあるから、御岳渓谷でのボルダリングは楽しいんですよね。