富士山

山頂 富士山3,776m
分類 関東周辺
日程 2010/07/10-11
同行  
概要 トレーニング山行として富士山へ。吉田口五合目の佐藤小屋をベースとして、初日は吉田口山頂まで、二日目は吉田口山頂経由お鉢巡りの後、富士スバルライン五合目へ下山。
土曜日。吉田口山頂に着いてみると、ちょうど谷亮子さんが報道陣に囲まれていました。(2010/07/10撮影)
日曜日。剣ヶ峯の下に雪田が残っていました。(2010/07/11撮影)

2010/07/10

■12:45 富士スバルライン五合目 ■13:00-05 佐藤小屋 ■16:40-55 吉田口山頂 ■18:50 佐藤小屋

新宿からのバスが、途中渋滞にはまったにもかかわらず予定の正午過ぎに富士スバルライン五合目に到着して、そこで軽くスパゲティを食べてから、あらかじめ予約を入れてあった佐藤小屋へ。夕食の時刻を聞くと何時でもいいという返事なので、19時にしてもらってすぐに登り始めました。

今回の富士山は、今月下旬のスイス山行に向けたトレーニングで、佐藤小屋から山頂までを土日で二往復することにしています。ただ、バスの予約が遅かったために朝一番の便がとれなかったので、この日は山頂までは行けないかな?と思っていたら、上述の通り夕食の時刻を遅く設定できたので、ならば上まで行ってしまおう!と意気揚々と足を運びました……が、今年は6月にまとまった雪が降ったと聞いていたので、ザックにはアイゼン、ピッケル、それに雪山用の重い靴が入っており、おまけに登山者も多くて思ったほどスピードが上がりません。

条件が揃えば佐藤小屋から吉田口山頂まで3時間というのが私の本来のペースですが、この日は3時間35分かかってしまいました。それに、今まで富士山では高度障害を感じることはなかったのですが、今回は何やら空気の薄さがこたえ、少々へたばり気味です。そんな感じで着いた吉田口山頂では、報道陣が誰かを囲んで撮影中。誰だろう?と思ったら、歩き出した姿を見ると柔道家の谷亮子さんでした。たしか参議院議員選挙に立候補していて、明日が投票日のはずなのに、なぜここに?

下り道でも谷亮子さんをお見かけしましたが、こちらは夕食が待っている身。先を急いでなんとかまだ明るい内に佐藤小屋に帰着しました。夕食は猪肉入りの肉野菜炒めと茹でたトウモロコシ、ご飯とみそ汁、お漬け物。しっかり食べて、20時前に就寝しました。

2010/07/11

■03:10 佐藤小屋 ■06:45-07:00 吉田口山頂

2時40分に起床し、持参したパンを部屋で食べてからおもむろに出発。樹林帯の道を抜けて六合目近くに出ると、登山道沿いに小屋と登山者の明かりが山頂へと連なっているのがよく見えます。てくてくと登り続けているうちに徐々に背後が明るくなってきて、七合目の東洋館で御来光を仰ぐことができました。

この日の天気は高曇り。一瞬オレンジ色の光をまき散らした太陽はすぐに雲の中に隠れてしまいましたが、にもかかわらず夜明けと共に急に強い風が吹き始めました。時折身体を持っていかれそうになったり、吹き飛ばされた砂礫が当たって痛い思いをしたりしながら徐々に標高を上げて、吉田口山頂に着いたのは昨日と同じく佐藤小屋出発から3時間35分後。そしてこれまた昨日と同じく空気の薄さを実感しながら、売店であたたかいコーヒーを買い求め、ヤッケを着て防寒対策を施し、一息ついてからお鉢を反時計回りに回りました。剣ヶ峯の直下には雪田が残っていて、せっかくなので担ぎ上げたピッケルを手に持って取り付きましたが、ステップがしっかりつけられていてノープロブレム。

■07:35 剣ヶ峯 ■08:15 吉田口山頂 ■10:15 富士スバルライン五合目

剣ヶ峯で標識の写真を撮って、そそくさと先を急ぎ、富士山頂奥宮へ。お賽銭を上げ、二礼二拍手一礼。御守りを買って、あとは吉田口山頂から下山するだけです。

外国人、ランナー、家族連れなどさまざまなスタイルの登山者たちに混じって、砂礫のジグザグ道をひたすら下降。二日続けてこの道を下るのは正直うんざりですが、それでもこらえきれなくなった雲が雨を降らせ始める前に富士スバルライン五合目に下りつけたのはラッキーでした。